3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「here we go」の意味と使い方を完全解説!初心者でもわかる実践ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

記事の目的と概要

こんにちは!RYO英会話ジムです。今日は、英語の表現「here we go」の意味と使い方についてお話しします。このフレーズは日常会話でもビジネスシーンでもよく使われる、とても便利な表現です。このブログ記事では、「here we go」の基本的な意味から具体的な使い方まで、わかりやすく解説していきます。英語学習者の皆さんが自信を持って使えるようになることを目指しています。

「here we go」の重要性

「here we go」というフレーズは、英語を話す際に非常に役立ちます。なぜなら、シチュエーションを問わず使える万能な表現だからです。例えば、友達とのカジュアルな会話や仕事でのプレゼンテーション、何かを始めるときや注意を引きたいときなど、さまざまな場面で使えます。このフレーズをマスターすることで、英語でのコミュニケーションがさらにスムーズになりますよ。

では、次のセクションで「here we go」の基本的な意味を詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「here we go」とは?

基本的な意味の説明

「Here we go」は日本語で言うと、「さあ、行こう」「始めるよ」「これで準備完了だ」という意味になります。このフレーズは、何かを始める前や行動を起こす直前に使われることが多いです。例えば、スポーツの試合が始まる前や、プレゼンテーションを始めるとき、何か新しいことに挑戦するときなどに使います。

日常会話での使い方

「Here we go」は、日常会話のさまざまな場面で使うことができます。いくつかの具体的な例を見てみましょう。

  1. 友達と出かけるとき
  2. 何かを始めるとき
  3. ゲームを始めるとき

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでも、「Here we go」はよく使われます。会議やプレゼンテーションの始まりなど、フォーマルな場面でも使うことができます。

  1. 会議の開始
  2. プレゼンテーションの開始
  3. 新しいプロジェクトの開始

これらの例を通じて、「Here we go」がどのように使われるか、具体的なイメージをつかむことができたと思います。このフレーズを日常生活やビジネスの場で使うことで、自然な英語表現を身につけることができます。

 

 

似た表現との比較

「Let’s go」との違い

「Let's go」
  • 基本的な意味: 「行こう」「始めよう」という意味で、特定の場所に行くときや何かを始めるときに使われます。
  • 使用シチュエーション:
    • 友達と出かけるとき
    • スポーツの試合が始まるとき
    • 何かを開始する合図として
例文
  1. 友達と映画に行くとき
    • 英語: “Let’s go to the movies.”
    • 和訳: 「映画に行こう。」
  2. スポーツの試合の前に
    • 英語: “Let’s go, team!”
    • 和訳: 「行こう、チーム!」
「Here we go」との違い
  • 「Let’s go」は物理的にどこかへ行く場合や行動を始める際に使われることが多いです。一方、「Here we go」は何かを始める準備が整ったときや、これから始まることを知らせる際に使われます。
  • 「Let’s go」は行動の開始を促す表現であるのに対して、「Here we go」は今まさに始まることを示します。

「Here it is」との違い

「Here it is」
  • 基本的な意味: 「ここにある」「これがそれです」という意味で、探していたものを見つけたときや何かを手渡すときに使われます。
  • 使用シチュエーション:
    • 探し物が見つかったとき
    • 誰かに物を渡すとき
例文
  1. 探していた本を見つけたとき
    • 英語: “Here it is. I found the book you were looking for.”
    • 和訳: 「ここにあるよ。あなたが探していた本を見つけたよ。」
  2. 誰かにペンを渡すとき
    • 英語: “Here it is. You can use my pen.”
    • 和訳: 「これです。私のペンを使っていいよ。」
「Here we go」との違い
  • 「Here it is」は物や情報が見つかったとき、またはそれを相手に示すときに使います。「Here we go」は行動やイベントが今から始まることを示す表現です。
  • 「Here it is」は物や情報の存在を強調するのに対して、「Here we go」は行動の開始を強調します。

このように、似た表現であっても使い方や意味が異なるため、シチュエーションに応じて適切に使い分けることが重要です。

 

 

まとめ

「here we go」の使い方を再確認

今回のブログ記事では、「here we go」というフレーズの意味と使い方について学びました。この表現は、何かを始める前や行動を起こす直前に使われる非常に便利なフレーズです。日常会話やビジネスシーンのさまざまな場面で使えることがわかりましたね。

ポイントをおさらいしましょう:
  • 基本的な意味: 「さあ、行こう」「始めるよ」「これで準備完了だ」
  • 発音のポイント: 「ヒアー ウィー ゴー」とリズムよく発音する
  • 日常会話の例: ゲームを始めるとき、映画を観る前に、ジョギングを始めるときなど
  • ビジネスシーンの例: 会議の開始、プレゼンテーションの始まり、新しいプロジェクトの開始など

これらのポイントを頭に入れて、実際の会話で「here we go」を積極的に使ってみてください。

読者への感謝

最後に、このブログ記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。この記事が皆さんの英語学習に少しでも役立てば嬉しいです。もし何か質問があれば、いつでもコメント欄でお知らせください。また、他にも知りたい英語の表現やフレーズがあれば、ぜひ教えてくださいね。

これからも、一緒に楽しく英語を学んでいきましょう!それでは、次回の記事でお会いしましょう。ありがとうございました!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム