3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「beneath」vs「underneath」:使い方とニュアンスの徹底解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

イントロダクション

こんにちは!RYO英会話ジムです。英語学習ブログへようこそ。

今日は、英語の前置詞「beneath」と「underneath」の違いと使い分けについて学びます。これらの単語はどちらも「〜の下に」という意味がありますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

記事の概要と目的

この記事では、「beneath」と「underneath」の意味と使い方、そしてそれぞれの違いについて詳しく説明します。具体的な例文を通して、日常会話やビジネスシーンでどのように使うかを学びます。

「”beneath”と”underneath”の違いを知っていますか?」この質問に答えられますか?もし自信がない場合でも、この記事を読めばその違いがしっかりと理解できるようになります。それでは、一緒に学びましょう!

 

 

無料トライアル実施中

”beneath”の意味と使い方

基本的な意味

「beneath」は「〜の下に」や「〜の下の方に」という意味を持ちます。主に位置や階層を表現する際に使われます。また、抽象的な意味で「地位が下」や「価値が低い」というニュアンスも含まれます。

例文

  • The treasure is buried beneath the old oak tree.
    宝物は古いオークの木の下に埋まっています。
  • She felt that the job was beneath her abilities.
    彼女はその仕事が自分の能力に見合わないと感じた。
  • Beneath the surface, the water was much colder.
    表面の下では、水はもっと冷たかった。

よく使われる場面や表現

  • 物理的な位置: 「beneath」は、物理的な位置関係を表現する際によく使われます。例えば、「木の下に」や「表面の下に」といった場面です。
  • 抽象的な意味: 仕事や地位などが「〜に見合わない」「〜の価値がない」という意味でも使われます。
  • 比喩的表現: 感情や状況の表現にも使われます。「表面の下にある真実」など。

例文を通じて、具体的な使い方を理解し、日常会話やビジネスシーンで活用できるようにしましょう。

 

 

”underneath”の意味と使い方

基本的な意味

「underneath」も「〜の下に」という意味を持ちますが、特に物理的な位置を強調する場合に使われます。何かの下に隠れているものや覆われているものを指すことが多いです。

例文

  • The cat is hiding underneath the bed.
  • 猫はベッドの下に隠れています。
  • He wore a warm sweater underneath his jacket.
  • 彼はジャケットの下に暖かいセーターを着ていました。
  • There is a storage room underneath the stairs.
  • 階段の下に収納部屋があります。

 

よく使われる場面や表現

  • 物理的な位置: 「underneath」は、何かの下に隠れているものや覆われているものを表現する際に使われます。例えば、「ベッドの下に隠れている猫」や「ジャケットの下に着ているセーター」などです。
  • 隠された状態: 物理的な位置だけでなく、何かが見えないように隠れている状態を表すこともあります。
  • 日常の表現: 日常的なシチュエーションで使うことが多く、特に家庭内や身の回りの状況で使われます。

「underneath」を使うことで、具体的に何かがどこにあるかをより明確に伝えることができます。例文を参考にして、実際の会話で活用してみましょう。

 

 

”beneath”と”underneath”の違い

意味の違い

  • Beneath: 「beneath」は「〜の下に」という意味で、物理的な位置だけでなく、抽象的な意味合いでも使われます。例えば、地位や価値が下であることを示す際にも使われます。
  • Underneath: 「underneath」は「〜の下に」という意味で、特に何かの下に隠れている、覆われている状態を強調します。物理的な位置関係を示す際に主に使われます。

使用場面の違い

  • Beneath:
    • 物理的な位置: The river flows beneath the bridge.
      (川は橋の下を流れています。)
    • 抽象的な意味: He believes that such work is beneath him.
      (彼はそのような仕事は自分の地位にふさわしくないと思っています。)
  • Underneath:
    • 物理的な位置: The keys are underneath the book.
      (鍵は本の下にあります。)
    • 隠れている状態: There is a secret compartment underneath the drawer.
      (引き出しの下に秘密の収納があります。)

ニュアンスの違い

  • Beneath: よりフォーマルで抽象的な状況にも使われます。何かの「下の方にある」や「地位が低い」といった意味合いを持ちます。
    • 例: Beneath his calm exterior, he was very nervous.
      (彼の冷静な外見の下で、彼は非常に緊張していました。)
  • Underneath: よりカジュアルで具体的な物理的な位置関係を示す際に使われます。何かに隠れている、覆われていることを強調します。
    • 例: The cat is hiding underneath the blanket.
      (猫は毛布の下に隠れています。)

このように、”beneath”と”underneath”はどちらも「〜の下に」という意味を持ちますが、使われる場面やニュアンスに違いがあります。具体的な状況や表現したい意味によって使い分けることが大切です。

 

 

使い分けのコツ

覚えやすいポイント

  1. 具体的な物理的な位置には「underneath」
    • 「underneath」は、具体的に何かが何かの下に隠れている、覆われている状況を示すときに使います。
    • 例: 「underneath the bed」(ベッドの下に)
  2. 抽象的な概念やフォーマルな表現には「beneath」
    • 「beneath」は、抽象的な意味やフォーマルな状況で使うことが多いです。また、地位や価値が下であることを表現する際にも使います。
    • 例: 「beneath his dignity」(彼の尊厳にふさわしくない)

実際の会話での使い方の例

  1. Underneathを使う例
  • A: Where are my keys?
  • B: They are underneath the newspaper on the table.

(A: 私の鍵はどこ?B: テーブルの新聞の下にあります。)

  • A: What’s that noise?
  • B: I think the cat is hiding underneath the couch.

(A: その音は何?B: 猫がソファの下に隠れていると思う。)

  1. Beneathを使う例
  • A: Did you see the waterfall?
  • B: Yes, it was beautiful. The cave beneath it was amazing too.

(A: 滝を見た?B: はい、美しかったです。滝の下にある洞窟も素晴らしかったです。)

  • A: Why didn’t he take the job?
  • B: He felt it was beneath his qualifications.

(A: なぜ彼はその仕事を受けなかったの?B: 彼はそれが彼の資格に見合わないと感じたのです。)

このように、「underneath」は主に具体的な物理的な位置を示し、「beneath」は抽象的な意味やフォーマルな表現に使うことで、適切な使い分けができます。これらのポイントを覚えておけば、日常会話でも自然に使えるようになります。

 

 

練習問題

簡単なクイズや練習問題

次の文で、正しい前置詞(beneathまたはunderneath)を選んでください。

  1. The book is ________ the pillow.
  2. She thinks the task is ________ her abilities.
  3. There is a hidden compartment ________ the drawer.
  4. He felt very small ________ the vast sky.
  5. The dog is sleeping ________ the table.

回答と解説

  1. The book is underneath the pillow.
    • 解説: 本が枕の下に物理的に隠れていることを表しているため、具体的な位置を示す「underneath」が適切です。
  2. She thinks the task is beneath her abilities.
    • 解説: このタスクは彼女の能力に見合わないという抽象的な意味を表しているため、「beneath」が適切です。
  3. There is a hidden compartment underneath the drawer.
    • 解説: 引き出しの下に隠された収納があるという具体的な位置を示しているため、「underneath」が適切です。
  4. He felt very small beneath the vast sky.
    • 解説: 広大な空の下で自分が小さいと感じたという抽象的な意味を表しているため、「beneath」が適切です。
  5. The dog is sleeping underneath the table.
    • 解説: 犬がテーブルの下で寝ているという具体的な位置を示しているため、「underneath」が適切です。

これらの練習問題を通して、”beneath”と”underneath”の使い分けを理解し、実際の会話で使えるようにしましょう。

 

 

まとめ

記事の要点の振り返り

この記事では、英語の前置詞「beneath」と「underneath」の違いと使い分けについて学びました。以下が要点の振り返りです:

  • Beneath:
    • 基本的な意味は「〜の下に」。
    • 物理的な位置だけでなく、抽象的な意味やフォーマルな表現にも使われる。
    • 例: He felt it was beneath his dignity.(彼はそれが彼の尊厳にふさわしくないと感じた。)
  • Underneath:
    • 基本的な意味は「〜の下に」。
    • 特に何かが隠れている、覆われている状態を強調する際に使われる。
    • 例: The cat is hiding underneath the bed.(猫はベッドの下に隠れています。)
  • 使い分けのコツ:
    • 具体的な物理的な位置には「underneath」。
    • 抽象的な概念やフォーマルな表現には「beneath」。

読者への感謝

この記事を読んでくださってありがとうございます。「beneath」と「underneath」の違いについて少しでも理解が深まったでしょうか?これからも英語学習を楽しみながら、少しずつ上達していきましょう。質問やコメントがあれば、ぜひお知らせください。皆さんのフィードバックをお待ちしています!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム