「道路」”road”と”street”、”avenue”そして”boulevard”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「道路」”road”と”street”、”avenue”そして”Boulevard”の違いとその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

町や都市にある公共の通りなら”street”

マイク
Let’s cross the street.
道路を渡ろう。
リョウ
There is a crowd of people on the street.
道が人で混み合ってるな。
ナオミ
It’s dangerous to play in the street.
道のど真ん中で遊ぶのは危険だよ。

 

例文のように町や都市にある公共の整備された道路に対して”street”が使われ、田舎の通りに対しては使われないのが普通です。

そしてたいてい道路の両側にはお店や家、またはビルなどがあるという前提になります。

 

“avenue”と同じような意味?

同じような意味で”avenue”を使うことができますが、“street”より幅が広いイメージでまた並木道に対しても使われます。

なので意味は「大通り」や「並木道」でよいでしょう。

スタローン
I’m going shopping on 5th avenue tomorrow.
明日5番通りで買い物をする予定だ。

 

じゃあ、”boulevard”は?

ナオミ
Is this the right bus for Pacific Boulevard?
これはパシフィック大通り行きのバスですか?

 

“boulevard”は町や都市にある並木や芝生に囲まれた広い通りのことをいいます。

“avenue”にも「並木道」という意味があるので同じような使い方ができますね。

 

 

田舎の道路に使うなら”road”

リョウ
Hey stop! There is a deer on the road.
止まって!道路に鹿がおんで。
ナオミ
The road continues many miles.
この道路は何マイルも続くわ。
アイヴァン
This road connects two cities.
この通りは二つの都市を繋いでるの。

 

例文のように”road”は田舎の大きな道路や二つの場所、例えば都市や町をつなぐ道に対して、”street”に比べてより広い意味で使われる傾向があります。

もちろん、”street”と同じような意味でも使うことができます。

ロバート
Yesterday I saw you crossing the road.
昨日君が道を横切っているのをみたよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「道路」”road”と”street”、”avenue”そして”Boulevard”の違いとその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。