3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「湿度」と「蒸し暑い」を英語でどう言う?日常会話で使えるフレーズ集

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

湿度や蒸し暑さの重要性

こんにちは、みなさん。RYO英会話ジムです。湿度や蒸し暑さは、日常生活や旅行の際に気になるポイントの一つです。特に夏になると湿度が高くなり、蒸し暑さを感じることが多くなります。これらの天気に関する表現を理解し、使いこなすことで、現地の人々と天気について話す際や、天気予報を理解する際に役立ちます。

湿度は健康にも影響を与えるため、例えば乾燥肌やアレルギーなどに関する会話でも重要なトピックとなります。また、蒸し暑さは旅行先での快適さや過ごし方にも影響を与えるため、その日の計画を立てる際に知っておくと便利です。

英語でこれらの表現を使うシチュエーション

友達や同僚と天気について話すとき

例: “It’s really humid today, isn’t it?”
日本語訳: 「今日は本当に湿度が高いですね。」

季節や天候に関する経験を共有する場面

例: “I remember the summer in Tokyo being very muggy.”
日本語訳: 「東京の夏がとても蒸し暑かったのを覚えています。」

天気予報を見るとき

テレビやインターネットで天気予報をチェックするとき

例: “Tomorrow will be hot and humid with a chance of thunderstorms.”
日本語訳: 「明日は暑くて湿度が高く、雷雨の可能性があります。」

旅行中

旅行先で現地の気候について話すとき

例: “How’s the weather usually like here in summer?”
日本語訳: 「ここでは夏の天気は普段どんな感じですか?」

旅行計画を立てる際の情報収集

例: “Is it usually muggy in July here?”
日本語訳: 「ここでは7月は普段蒸し暑いですか?」

健康に関する話題

湿度が健康に与える影響について話すとき

例: “High humidity can make it difficult for people with asthma.”
日本語訳: 「高い湿度は喘息の人にとっては辛いことがあります。」

住環境の湿度管理について相談するとき

例: “Do you use a dehumidifier in your house?”
日本語訳: 「家では除湿機を使っていますか?」


これらのシチュエーションで使う表現を学ぶことで、英語での会話がよりスムーズになり、コミュニケーションの幅が広がります。次のセクションでは、「湿度」と「蒸し暑い」を表現する英語の具体的なフレーズを紹介します。

 

 

無料トライアル実施中

「湿度」の英語表現

Humidityの意味と使い方

“Humidity” は、空気中に含まれる水分の量を指します。湿度が高いと、空気中に多くの水蒸気が含まれていることを意味し、不快感を感じやすくなります。特に夏の時期には湿度が高くなることが多く、その日の天候を表現する際によく使われます。

  • 例文
    • “The humidity is very high today.”
      • 今日の湿度は非常に高いです。
    • “I can’t stand the humidity in the summer.”
      • 夏の湿度には耐えられません。
    • “Do you know what the humidity level is right now?”
      • 今の湿度レベルがわかりますか?

Relative humidityについて

“Relative humidity”(相対湿度)は、特定の温度での空気中の水分量を示すもので、空気がどれだけ飽和しているかを示します。これは天気予報や科学的な文脈でよく使われる表現です。例えば、相対湿度が高いと、空気中の水分量が多く、蒸し暑く感じることがあります。

  • 例文
    • “The relative humidity today is around 80%.”
      • 今日の相対湿度は約80%です。
    • “High relative humidity can make the temperature feel hotter than it actually is.”
      • 高い相対湿度は実際の温度よりも暑く感じさせます。
    • “Understanding relative humidity is important for weather forecasting.”
      • 相対湿度を理解することは天気予報において重要です。

湿度に関する英語表現を理解することで、天気についての会話や天気予報の情報をより正確に把握することができます。次のセクションでは、「蒸し暑い」を表現する英語のフレーズを紹介します。

 

 

「蒸し暑い」の英語表現

「蒸し暑い」という表現には、いくつかの異なる英語の単語があります。それぞれのニュアンスを理解して使い分けることが重要です。

Muggy

“Muggy” は、暑くて湿度が高く、不快な天気を指します。蒸し暑さを強調する言葉で、特に空気が重く感じられるときに使われます。

例文

  • “It’s really muggy today.”
    • 今日は本当に蒸し暑いです。
  • “I don’t like muggy weather because it makes me feel tired.”
    • 蒸し暑い天気は疲れるので好きではありません。

Humid

“Humid” も湿度が高い状態を表しますが、”muggy” よりも一般的な表現です。蒸し暑さを感じるときに使うことができますが、”muggy”ほどの不快感を強調しません。

例文

  • “The weather is very humid today.”
    • 今日はとても湿度が高いです。
  • “Humid air can make it difficult to breathe.”
    • 湿度の高い空気は呼吸しづらくします。

Sticky

“Sticky” は、湿度が高くて汗をかきやすく、肌がベタつく感じを表現します。蒸し暑い天気の際に、不快感をより強く表すときに使います。

例文

  • “The weather is so sticky.”
    • 天気がとても蒸し暑いです。
  • “My clothes are sticking to my skin because it’s so sticky outside.”
    • 外が蒸し暑いので、服が肌に張り付いています。

これらの表現を使い分けることで、天気に関する会話がより具体的で自然になります。次のセクションでは、天気予報でよく使われる湿度や蒸し暑さの表現について紹介します。

 

 

天気予報で使われる表現

天気予報では、湿度や蒸し暑さについて具体的に伝えるための表現がよく使われます。以下は、天気予報でよく耳にする湿度や蒸し暑さの表現とその例文です。

Humid

湿度が高いことを表す一般的な表現です。

例文

  • “Expect a humid day with temperatures reaching 30°C.”
  • 気温が30度に達する湿度の高い一日になるでしょう。

Muggy

非常に蒸し暑く、不快な天気を予報する際に使われます。

例文

  • “It will be a muggy evening with a chance of thunderstorms.”
  • 雷雨の可能性がある蒸し暑い夕方になるでしょう。

Sticky

湿度が高く、肌がベタつくような不快な天気を指します。

例文

  • “The afternoon will be sticky and hot, with humidity levels around 80%.”
  • 午後は湿度80%ほどのベタつく暑い天気になるでしょう。

Dew Point

露点を示し、空気中の水分量を予測する際に使われます。露点が高いと蒸し暑さを感じやすくなります。

例文

  • “With a high dew point, it will feel very muggy today.”
  • 高い露点により、今日は非常に蒸し暑く感じるでしょう。

Heat Index

体感温度を表し、湿度と気温の影響を考慮した温度です。

例文

  • “The heat index today will make it feel like 35°C.”
  • 今日は体感温度が35度のように感じるでしょう。

これらの表現を理解することで、天気予報をより正確に把握できるようになります。次のセクションでは、日常会話で使える湿度や蒸し暑さに関するフレーズを紹介します。

 

 

日常会話での使い方

日常生活で湿度や蒸し暑さについて話す場面は多くあります。ここでは、友達や同僚との会話で使える表現とその例文を紹介します。

Humid (湿度が高い)

例文

  • “I don’t like humid weather.”
    • 湿度の高い天気は好きではありません。
  • “It’s so humid today. I feel like I’m sweating all the time.”
    • 今日はとても湿度が高いですね。ずっと汗をかいている感じがします。

Muggy (蒸し暑い)

例文

  • “It’s so muggy, I can’t stand it.”
    • 蒸し暑くて耐えられないです。
  • “Do you think it’s going to be this muggy all week?”
    • 今週ずっとこんなに蒸し暑いのでしょうか?

Sticky (ベタベタする)

例文

  • “The weather is so sticky.”
    • 天気がとても蒸し暑いです。
  • “I hate how sticky my clothes get in this weather.”
    • こんな天気だと服がベタベタするのが嫌です。

Sweating (汗をかく)

湿度や蒸し暑さの影響で汗をかくことについて話す際に使います。

例文

  • “I’m sweating just standing outside.”
    • 外に立っているだけで汗をかいています。
  • “Do you have any tips to deal with sweating in this humid weather?”
    • この湿度の高い天気で汗をかかないための対策はありますか?

Can’t breathe (呼吸しづらい)

蒸し暑さや湿度が高くて呼吸がしづらいことを表現します。

例文

  • “It’s so humid that I feel like I can’t breathe properly.”
    • 湿度が高くて、ちゃんと呼吸ができない感じです。
  • “Do you also feel like it’s hard to breathe in this weather?”
    • この天気で呼吸がしづらいと感じますか?

これらのフレーズを日常会話で使うことで、湿度や蒸し暑さについての感想や意見を自然に伝えることができます。次のセクションでは、今回学んだことのまとめと、英会話での実践方法を紹介します。

 

 

まとめ

今日学んだことのまとめ

今日の記事では、湿度や蒸し暑さに関する英語表現について学びました。以下が主なポイントです。

  1. Humidity(湿度)
    • 湿度が高い状態を一般的に表現する言葉。
    • 例文: “The humidity is very high today.”
  2. Relative humidity(相対湿度)
    • 空気中の水分量を具体的に示す指標。
    • 例文: “The relative humidity today is around 80%.”
  3. Muggy(蒸し暑い)
    • 非常に蒸し暑く、不快な天気を表現。
    • 例文: “It’s really muggy today.”
  4. Sticky(ベタベタする)
    • 高湿度で肌がベタつく不快な感じを表現。
    • 例文: “The weather is so sticky.”
  5. 天気予報の表現
    • 天気予報でよく使われる湿度や蒸し暑さの表現を理解。
    • 例文: “Expect a humid day with temperatures reaching 30°C.”
  6. 日常会話での使い方
    • 友達や同僚との会話で使える表現を紹介。
    • 例文: “I don’t like humid weather.”

英会話での実践方法

  1. 実際の会話で使ってみる
    • 今日学んだフレーズを実際の会話で使ってみましょう。例えば、友達や同僚と天気について話す際に「humid」や「muggy」を使ってみてください。
    • 例: “Do you find it humid today?”(今日は湿度が高いと思いますか?)
  2. 天気予報を聞く
    • 英語の天気予報を聞いてみて、今日学んだ表現がどのように使われているかを確認しましょう。ニュースアプリやインターネットで英語の天気予報をチェックするのも良い練習です。
  3. 自分の体験をシェアする
    • 蒸し暑さや湿度についての自分の体験を英語でシェアしてみましょう。ブログやソーシャルメディアで今日の天気について書くのも良い練習になります。
    • 例: “Today’s weather is so muggy. I felt like I was sweating all the time.”
  4. 新しい表現を覚える
    • 天気に関する他の英語表現も学んで、ボキャブラリーを増やしていきましょう。例えば、「dew point」や「heat index」なども役立ちます。
  5. 会話パートナーと練習
    • 英会話のパートナーと一緒に天気についての会話を練習してみましょう。お互いに質問し合ったり、天気についての意見を交換したりすることで、より自然な英語表現が身につきます。

これらの方法を試してみて、湿度や蒸し暑さに関する英語表現を自信を持って使えるようにしましょう。英語のボキャブラリーを増やし、日常会話で活用することで、より自然な英会話ができるようになります。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム