「喜んで〜する」の英語表現4選とその使い方【ニュアンスの違いでかわる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日「喜んで〜する」と言いたいときの英語表現4選とその使い方についてお話します。この記事を読めば、さらに感情表現がアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

1: I’m willing to 〜.

積極性: 丁寧さ:

友人へ…

ナオミ
I will join her party this Friday. Will you go with me?
今週金曜日の彼女のパーティーに参加するわ。一緒にいく?
マイク
I’m willing to go with you, if you want me to.
君がきてほしいなら、行ってもいいよ。

 

 

“be willing to 〜.”で「〜する意思がある」という意味です。意訳して「〜してもいいですよ」という意味でも使います。”be willing to 〜”の使い方は少し注意が必要です。「喜んで〜する」とよく訳されますが、実は積極性のある「喜んで」というニュアンスは含みません。なぜなら「喜んで!喜んで!」というような自らの積極性はないからです。要は消極的な「喜んで」なんです。強制させられるぐらいなら、自発的にやりますよ、って感じです。

 

 

2: I will be happy to 〜

積極性: 丁寧さ:

上司が…

マイク
If you have any questions, I will be happy to answer them.
何か質問があれば、喜んでお答えしますよ。

 

 

2つ目と3つ目は、”happy”を使った表現です。”I will be happy to 〜.”で「喜んで〜します。」という意味になります。現在形”I’m happy to 〜.”「〜してうれしい」だと、ある行為をして、「うれしい、しあわせ」という気持ちを表現します。以下例文をみてみましょう。

出会い際に…

リョウ
I’m happy to meet you.
あなたに会えてうれしいです。

 

 

今回の場合は、未来形なので、ある行為をして「うれしい、しあわせ」が未来に起こるということ。だから「喜んで〜する」という訳になります。2も3も同様ですが、もう少し丁寧に伝えたいのであれば、”will”の変わりに”would”を使いましょう

 

 

3: I will be more than happy to 〜.

積極性: 丁寧さ:

最近引っ越した友人へ…

マイク
I hope I can visit you this summer.
この夏に君の住む場所に遊びにいけたら嬉しいです。
リョウ
You should. I’ll be more than happy to show you around my city.
きてよ。ぜひ喜んで僕の住む場所を案内させてください。

 

 

3つは”more than”「〜より以上」をつけて、積極性をさらに強調する表現です。意味は「ぜひ喜んで〜させてください。」です。”more than”が”happy”の前について違和感を感じた方いると思います。普通は”I like cats more than dogs.”のように直後に名詞がくるイメージ。でも”more than”って結構、便利なフレーズなんです。形容詞や副詞、そして動詞などにも修飾することができます。今回の場合は”happy”なので形容詞ですね。話を戻しますが、”more than happy”なので、ハッピーを超えてるってことです。だから積極性がさらに増すのです。ちなみに今回”happy”で紹介していますが、“glad”や”pleased”と置き換えて使うこともできます

 

 

4: I’d be honored to 〜.

積極性: 丁寧さ:

知り合いへ…

リョウ
Would you work with us?
わたしたちと一緒に働いていただけますか?
マイク
Of course. I’d be honored to work for your company.
もちろんです。あなたの会社で働けるなんて光栄です。

 

 

“be honored to 〜.”で「〜して光栄だ」という意味です。これは喜びや尊敬、感謝の念がいっぱい含まれている言葉です。そして”would”がつくことで、さらに丁寧な表現になっています。ちなみに、”I’d”は”I would”が省略された形です。

 

 

まとめ

何かを喜んでするときに使える表現を4つ紹介しました。それぞれのニュアンスを意味を理解した上で使うようにしましょうね。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

happyの関連記事

”You’re welcome”と”My pleasure”の違いと使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「喜んで〜する」と言いたいときの英語表現4選とその使い方についてでした。それでは、See you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出