確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「保証します!」英語で信頼を築く「保証する」の7つの表現法

はじめに:「保証する」とは?

皆さん、こんにちは!RYO英会話ジムです。今日は英語でよく使われる表現の一つ、「保証する」という意味の「guarantee」について学んでいきましょう。

「保証する」とは、何かが確実に起こる、またはある品質や条件を満たすと約束することを意味します。この言葉は日常生活はもちろん、ビジネスシーンでも非常に重要です。例えば、製品が一定の期間内に故障しないことを保証する場合や、サービスが特定の期待を満たすことを保証する場合に使われます。

英語の「guarantee」は名詞と動詞の両方で使うことができます。動詞としては「何かを保証する」という意味で、名詞としては「その保証」自体を指します。例えば、動詞で「I guarantee you will love this movie(この映画を気に入ると保証するよ)」のように使うことができます。また、名詞で「We offer a one-year guarantee(1年間の保証を提供します)」と言うこともできます。

この言葉が持つ約束の重さは、使うシチュエーションによってその信頼性が問われることもあります。ですから、「guarantee」を使う時は、その約束を本当に守る自信がある場合に限定して使いましょう。

次のセクションでは、「guarantee」の具体的な使い方や例文を紹介していくので、楽しみにしていてくださいね!

 

 

無料トライアル実施中

主な英語表現:「Guarantee」の使い方

「Guarantee」は多様なシチュエーションで使える便利な単語です。ここでは、その基本的な使い方と日常会話での応用例を紹介します。

基本的な例文

  1. 商品やサービスの品質を保証する場合:
  2. 結果や満足度を保証する場合:
  3. 何かを強調する場合の口語的な使い方:

日常会話での「Guarantee」の使い方

「Guarantee」は、日常会話で予測や確信を表現する際にも使われます。以下のようなフレンドリーなコンテキストで使ってみましょう。

  1. 友人との約束事に使う場合:
  2. 個人的な意見や経験を共有する際:

このように、「Guarantee」は、確実性や信頼性を相手に伝えたい時に非常に役立つ表現です。次のセクションでは、ビジネスシーンでの「Guarantee」の使い方をさらに深掘りしていきますので、そちらもお見逃しなく!

 

 

類似表現との違い

「Guarantee」と同様に、英語には「Assure」と「Ensure」という似た意味を持つ単語がありますが、使用するコンテキストによって微妙に意味が異なります。ここでは、これらの単語の違いと使い分け方について詳しく解説します。

1. Guarantee

  • 意味: 何かが確実に起こるか、ある品質、条件を満たすと約束する。
  • 使用例: “We guarantee satisfaction with every purchase.”(購入したすべての商品に満足いただけることを保証します。)

2. Assure

  • 意味: 相手に確信や安心を与えるために、何かが確実に起こると言う。
  • 使用例: “I assure you that everything is on schedule.”(全てが予定通りに進んでいることを保証します。)

3. Ensure

  • 意味: 何かが確実に起こるように措置を講じる。
  • 使用例: “We will ensure all systems are operational before the launch.”(発売前に全てのシステムが稼働するようにします。)

各単語の使い分け方

  • Guarantee は、結果や性能に対する保証としてよく使われ、特に商業的な文脈での約束に関連します。商品やサービスが一定の基準を満たすことを保証する際に適しています。
  • Assure は、人々を安心させるために使われることが多いです。不安を感じている人に向けて、何かが順調に進むことを確認させたい場合に使用します。
  • Ensure は、期待される結果が達成されるように必要な手段を講じる行動を強調します。何かを確実にするための措置や準備が含まれる場合にこの単語を使います。

これらの違いを理解することで、より適切に英語を使い分けることができます。次のセクションでは、「Guarantee」を使った一般的な間違いと注意点を見ていきましょう。これにより、より自然で正確な英語表現が身につくはずです。

 

 

よくある間違いと注意点

「Guarantee」は非常に便利な単語ですが、誤用されることもしばしばあります。このセクションでは、「Guarantee」を使った一般的な誤用例と、正しく使うためのポイントを紹介します。

誤用例

  1. 感情に対する保証としての使用:
    • 誤:“I guarantee you will feel happy.”(あなたが幸せを感じることを保証します。)
    • 正解:感情は個々人の内面的な反応であり、外部から保証することはできません。代わりに「I hope you will feel happy」(あなたが幸せを感じることを願います)などと表現する方が適切です。
  2. 不確実な事象に対する過度の保証:
    • 誤:“I guarantee the weather will be good tomorrow.”(明日の天気が良いことを保証します。)
    • 正解:天気は予測不可能な要素が多いため、これを保証するのは不適切です。「The forecast says it will be sunny」(予報によると晴れるそうです)と言う方が良いでしょう。

正しく使うためのポイント

  1. 保証できる事柄に限定する:
    • 「Guarantee」を使う際は、その結果や品質が自分の管理下にある事柄に対してのみ使用します。例えば、自社製品の品質や自分の行動に対して保証する場合などです。
  2. 具体的かつリアルな保証を提供する:
    • 曖昧な表現や現実的でない約束を避け、具体的な保証内容を明確に述べることが重要です。「Our new model comes with a three-year guarantee against all manufacturing defects」(新モデルは製造上の欠陥に対して3年間の保証がついています)のように具体的に述べます。
  3. 言葉の重みを理解する:
    • 「Guarantee」は強い約束を意味するため、使用する際はその言葉が持つ重みと責任を理解し、適切な場面で慎重に使うようにしましょう。

これらのポイントを心に留めておくことで、「Guarantee」をより効果的に、そして適切に使いこなすことができるでしょう。次のセクションで、これまでの内容をまとめつつ、実生活での活用方法についてもアドバイスをします。お楽しみに!

 

 

「保証する」のイディオムやフレーズ表現

英語には「保証する」を表現する様々なイディオムやフレーズが存在します。これらは日常会話やビジネスシーンで役立つことが多いです。ここではいくつかの表現とその使用例、和訳、そして簡単な解説を紹介します。

1. Your money back, guaranteed!

  • 使用例: “If you’re not satisfied with our product, you can return it and get your money back, guaranteed!”
  • 和訳: 「もし当社の商品にご満足いただけなかった場合、返品して全額返金いたします。保証付きです!」
  • 解説: このフレーズは、製品やサービスに自信がある場合に使われます。顧客にリスクなしで試してもらうことを奨励するための表現です。

2. I give you my word.

  • 使用例: “I give you my word, the project will be finished on time.”
  • 和訳: 「私の言葉を保証します、プロジェクトは期限通りに完成します。」
  • 解説: 「私の言葉を保証します」という表現は、個人的な約束や保証を表す際に使われます。非常にフォーマルで信頼性の高い表現です。

3. Rest assured

  • 使用例: “Rest assured, we will handle your request with the utmost care.”
  • 和訳: 「安心してください、私たちはあなたのリクエストを最大限の注意をもって扱います。」
  • 解説: 「安心して」という意味のこのフレーズは、相手に安心感を与えたいときに使います。何かを保証する際に相手を安心させるために便利な表現です。

4. Set in stone

  • 使用例: “The terms of the agreement are set in stone, so you can rely on them.”
  • 和訳: 「合意条件は固定されていますので、それに依存できます。」
  • 解説: 「石に刻まれる」と直訳できるこのイディオムは、何かが変更不可能であることを強調する際に使われます。約束や計画が保証されていることを示すのに適しています。

これらの表現を使って、自信を持って英語で「保証する」ことを伝えることができます。日常会話やビジネスでのコミュニケーションに役立ててください。

 

 

まとめ:「Guarantee」を使いこなそう

今回は「Guarantee」の意味と使い方、類似表現との違い、さらにはイディオムやフレーズまで幅広く学びました。この単語は英語のコミュニケーションで非常に役立ちますが、正しく効果的に使用するためにはいくつかのポイントを覚えておく必要があります。ここでは、学んだ表現を日常生活やビジネスシーンで活用するためのアドバイスをまとめます。

  1. 正しいコンテキストで使用する:
    • 「Guarantee」は約束や保証を伝える強力な単語です。製品やサービスの品質、成果の達成など、自分がコントロールできる範囲内での事柄に対して使用しましょう。
  2. 言葉の重みを理解する:
    • 「Guarantee」を使う時は、その言葉が持つ重みを理解し、約束したことを実際に履行できるかどうかをしっかりと考えてから使うようにしてください。信頼を損なわないように慎重に行動しましょう。
  3. ビジネスでの使用をマスターする:
    • ビジネス環境では、「Guarantee」を使って顧客に安心感を提供し、信頼を築くことができます。契約や提案において明確な保証を提示することで、取引の成功率を高めることができるでしょう。
  4. イディオムやフレーズを活用する:
    • 「Rest assured」や「Your money back, guaranteed!」などのフレーズを使うことで、日常会話に変化を加え、よりネイティブらしい表現を取り入れることができます。これらの表現は相手に安心感を与え、話がよりスムーズに進む助けになります。
  5. 多様な状況での応用:
    • 日常生活では、友人や家族に対する小さな約束事にも「Guarantee」を使ってみると良いでしょう。また、ビジネスシーンでは、顧客への確約として積極的に使うことが推奨されます。

これで、「Guarantee」の使い方についてのシリーズは終わりですが、実際にこの単語を使ってみることで、英語力の向上はもちろん、コミュニケーションの質も高めることができるでしょう。何事も実践が重要ですので、今学んだ知識を活かして、自信を持って「Guarantee」を使ってみてください!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム