「予想してたより(時間が)かかる」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「予想してたより(時間が)かかる」の英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

「予想してたより(時間が)かかる」の英語表現とその使い方

レポートの進捗はどうか聞かれて…

ウィル
It’s taking longer than I expected.
予想していたより時間がかかるな。

 

会議で帰宅が遅れて…

ナオミ
Sorry, a meeting took longer than I expected.
ごめん、会議は予想してたより時間がかかったんだ。

 

2時間で到着すると思っていたけど3時間かかって…

ウィル
It took longer than I expected.
予想してたより時間がかかったね。

 

いかがでしたでしょうか。「予想してたより(時間が)かかる」は英語で”take longer than 人 expected”です。当初予定していた時間よりかかる場合によく使われる英語表現です。例文のように現在進行形や過去形で使われることが多いです。2点補足しておくと、1つはlongerの直前にa littleやmuchなど量を表す副詞を置くことがあります。例えば以下例文をみてみましょう。

ナオミ
My work is done. It took a little longer than I expected.
仕事は終わりました。予想していたより少し時間がかかりました。

 

このようにa littleをつけて量をより明確に表すことができます。余談ですがlittleの代わりにbitを使ってもよいですよ。それに関してはカッコよく話せる”a bit”の意味と3つの使い方よりご覧ください。

2つ目は、「人 expect」の「人」は省略されることもあります。なのでtake longer than expectedのような形を見ることもあるでしょう。さらに「想定される」と言う風に決められた場合、受け身の形でthan ( it is ) expectedも考えられます。その辺り文の内容をみながら判断するしかないですね。

 

 

「take 時間」に関連する記事

”It takes + 時間 + to + 動詞”の意味とその使い方【かかる時間】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「予想してたより(時間が)かかる」の英語表現とその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出