慰めや共感に「そういうこともあるよ」の英語表現とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は「そういうこともあるよ」の英語表現についてお話します。この記事を読めば慰めたり共感するのがさらに上手になります。それではまいりましょう。

 

 

「そういうこともあるよ」は英語でなんて言う?

「そういうこともあるよ。」と英語で伝えたいときは、”It happens.”と言います。落ち込んでいる友人や同僚をなぐさめるときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう。

同僚と話していて…

リョウ
I had a bad day today. My boss got mad at me.
今日はついてないよ。上司に怒られたんだ。
マイク
Oh, I’m sorry. But don’t worry. It happens.
おお、大変だね。でも大丈夫だよ。そういうこともあるよ。

 

 

“happen”は動詞で「(予想できない出来事などが)起こる」という意味です。ここでなぜ現在形が使われているのかにフォーカスしてみましょう。「現在形は「今」のことを表すのにこの場合はなんかちょっと違う」と気付いた方もいるかもしれません。

 

 

現在形は「今の状態」や「定期的に起こること」に使える

現在形は”like”「好き」や”believe”「信じる」のように「今の状態」を表す機能があります。しかし現在形はそれだけでは終わりません。「定期的に起こること」を表す際にもよく使います。つまり、昨日、今日、明日にも起こるようなことに対して使うということになります。この場合、「上司に怒られること」は今だけではなくて、過去にもまたこれからも繰り返して起こりうることです。だから現在形が使われています。

 

 

相手に共感したいときにも使える

また相手を慰めるとき以外でも相手に共感するときにも使えます。良い関係構築をする上で是非使いましょう。それではナオミとリョウの会話を見てみましょう。

ナオミ
I try to memorize words, but I forget them the next day
単語を覚えようとするんだけど、次の日忘てるんだよね。
リョウ
Yeah, It happens.
うん、あるよね。

 

 

 

共感に関連する記事

共感したり威圧もできる”I know ~.”の意味と4つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「そういうこともあるよ」の英語表現でした。それではまた会いましょう!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(hanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。