友人やビジネスで「いつもありがとう」の英語表現9選と3つの使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「いつもありがとう」の英語表現と3つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらに感謝の気持ちがスムーズに伝わります。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. シンプルに言う「いつもありがとう」

ナオミ
Thanks as always.
ナオミ
Thank you as always.

 

“as”を省いて”Thanks always”と表現して使うこともでき、また“all the time”や”as usual”を”always”の代わりに使ってもいいですよ。

“Thank yous”と”Thanks”の違いについては、フランクに「ありがとう」を英語で言うと?友人同士やSNSで使えるかっこいい「ありがとう」フレーズ6選!でも説明していますが”Thanks.”のほうがよりカジュアルな表現になります。

 

 

2. 具体的に言う「いつもありがとう」

スタローン
Thanks as always for your support.
いつも応援ありがとう。
スタローン
Thanks as always for your help.
いつも手伝ってくれてありがとう。
スタローン
Thanks as always for listening.
いつも聞いてくれてありがとう。

 

具体的に感謝している内容を付け加えたいのであれば、前置詞”for”の直後に名詞や動名詞を例文のように入れてあげましょう。

もう少し具体的にするのであれば下記例文のように動名詞の部分を長くして表現できます。

アイヴァン
Thank you as always for standing by my side.
いつも私の味方でいてくれてありがとう。

 

 

3. フォーマルに言う「いつもありがとう」

お客さんへ…

マイク
Thank you for your continued support.
いつもご支援ありがとうございます。
マイク
I always appreciate your consideration.
いつもご配慮いただき感謝しております。
マイク
I’m always grateful for your kindness.
いつもご親切にしていただき感謝してます。

 

これからもご支援いただける保証がこれからもあるのであれば“continuous”「(続いていく意味で)連続的な」を代わりに使ったほうがさらに自然でしょう。

また「感謝している」という意味では”appreciate”や”grateful”がよく使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「いつもありがとう」の英語表現と3つの使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。