一撃で聞き取れるネイティヴの”there is”や”there was”の発音方法

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はネイティブが発音する”there is”と”there was”についてお話します。この記事を読めばネイティヴの”there is”や”there was”が一撃で聞き取れるようになります。それではまいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

学校では、「デアイズ」や「ダアワズ」と発音するように教えらえたとおもいますが、実はネイティブはそのようにあまり発音しません!まずは二人の会話の音声を聞き取ってみましょう。

  • 現在形の場合

何か食べる物はないか聞くと…

スタローン
There’s an apple on the table.
テーブルの上にりんごがあるよ。

 

 

 

  • 過去形の場合

マーケティング部署から…

ロバート
There’s a problem in Facebook Messenger last night.
昨夜フェイズブックのメッセンジャーに問題がありました。

 

 

 

“is”と”was”の短縮形

聞き取れましたか?まずは今回紹介している”there is”と”there was”の意味をおさらいしておきましょう。”There is ~./There was ~.”は「〜があります。/〜がありました。」という意味で、相手に新情報を伝えるときに使います。ネイティブはよく“There is”「デアリズ」“There was”「デアワズ」を短縮して、両方とも”There’s“「デアズ」と発音します。また過去形の場合も短縮できます。お気づきの通りどちらも同じ形になるので、話の流れで時制を判断することになります。

 

 

isやwasに関連する発音記事

ネイティブはこう発音する!”he is”や”she is”が聞き取れないのはなぜ?

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がネイティヴの”there is”や”there was”の発音方法でした。次からはもう少し自信を持ってネイティブとお話しができるでしょう。それではまた会いましょう!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせ授業に飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・豊富な48種類の実践トレーニング

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter