確実な成果を出すならRYO英会話ジム

“That makes all the difference”ってどういう意味?使い方と例文を紹介

はじめに

「That makes all the difference.」の基本的な意味とは?

こんにちは、みなさん。RYO英会話ジムです。「That makes all the difference.」は、「それが全ての違いを生む」や「それが決定的な違いを生む」という意味のフレーズです。この表現は、何かが重要な変化や影響を与えたことを強調する際に使われます。たとえば、新しいアイデアや方法が結果に大きな影響を与えたときに使います。

なぜこのフレーズを知ることが大切なのか?

このフレーズを知ることで、英会話において自分の意見や感じたことをより具体的に、そして効果的に伝えることができるようになります。特に、何かが特別な意味や影響を持つ場合に、この表現を使うと話がより説得力を持ちます。また、日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも活用できるため、幅広い場面で役立ちます。

英語を学ぶ上で、このような表現を理解し使いこなすことは、コミュニケーション能力の向上に繋がります。英語ネイティブスピーカーとの会話でも自然に対応できるようになるので、ぜひ覚えて使ってみてください。

 

 

無料トライアル実施中

「That makes all the difference.」の意味

フレーズの直訳と自然な日本語訳

「That makes all the difference.」の直訳は「それが全ての違いを生む」です。しかし、自然な日本語訳としては「それが決定的な違いをもたらす」や「それが大きな違いを生む」となります。このフレーズは、何かが他の要素に比べて非常に重要な変化や影響を与えたことを強調する際に使います。

どんな場面で使えるのか?

このフレーズは、日常会話からビジネスシーンまで幅広く使えます。以下にいくつかの具体例を挙げます。

日常会話での使い方

  • 例文1: “The new recipe is so much better. It makes all the difference.”
  • 和訳: 新しいレシピは本当に良いね。それが全ての違いを生むよ。
  • 例文2: “Wearing comfortable shoes really makes all the difference when you have to walk a lot.”
  • 和訳: たくさん歩くときには、快適な靴を履くことが本当に大きな違いを生むね。

ビジネスシーンでの使い方

  • 例文1: “Incorporating customer feedback into our product design makes all the difference in user satisfaction.”
  • 和訳: お客様のフィードバックを製品デザインに取り入れることで、ユーザーの満足度に大きな違いをもたらします。
  • 例文2: “Having a clear strategy makes all the difference in achieving our business goals.”
  • 和訳: 明確な戦略を持つことが、ビジネス目標の達成に決定的な違いをもたらします。

このように、「That makes all the difference.」は、何かが重要な変化や影響を与えたことを強調したいときに使うことができます。日常生活の中でのちょっとした違いから、仕事の成功に関わる重要な要素まで、幅広く応用できる表現です。

 

 

よくある間違いと注意点

「That makes all the difference.」の誤用例

  1. 意味が曖昧な状況での使用
    • 誤用例: “I like coffee. That makes all the difference.”
    • 解説: この文脈では「それが全ての違いを生む」の意味が明確でないため、適切ではありません。
  2. 重要でないことに対して使用
    • 誤用例: “I chose the blue pen instead of the red one. That makes all the difference.”
    • 解説: ペンの色を選ぶことは通常、大きな違いを生むような重要な要素ではないため、この表現は過剰です。
  3. 不適切なタイミングでの使用
    • 誤用例: “I arrived five minutes early. That makes all the difference.”
    • 解説: 5分早く到着することは、文脈によっては重要な違いを生むこともありますが、ほとんどの場合は些細な違いです。

正しい使い方を心がけるポイント

  1. 重要な違いを強調する際に使用
    • 正しい例: “By adding this feature, we improved the user experience significantly. That makes all the difference.”
    • ポイント: 新しい機能を追加することでユーザー体験が大幅に向上したことを強調しています。
  2. 具体的な影響を示す
    • 正しい例: “Switching to renewable energy sources has greatly reduced our carbon footprint. That makes all the difference.”
    • ポイント: 再生可能エネルギーへの切り替えがカーボンフットプリントを大幅に減らした具体的な影響を示しています。
  3. 対比を示す
    • 正しい例: “Using fresh ingredients instead of canned ones really makes all the difference in the flavor of the dish.”
    • ポイント: 新鮮な食材を使うことと缶詰の食材を使うことの違いを対比しています。

「That makes all the difference.」を正しく使うためには、何かが重要な変化や影響を与えたことを明確に示すことが大切です。具体的な状況や影響を示し、対比を使って違いを強調することで、このフレーズを効果的に使うことができます。

 

 

まとめ

本記事のポイントを再確認

  1. 「That makes all the difference.」の基本的な意味
    • 「それが決定的な違いをもたらす」や「それが大きな違いを生む」という意味で、重要な変化や影響を強調する際に使う表現です。
  2. 使い方の例
    • 日常会話ビジネスシーンで使える具体的な例文を通じて、このフレーズの使用方法を理解しました。
  3. よくある間違いと注意点
    • 誤用を避け、具体的な影響や重要な違いを示すことで、このフレーズを正しく使う方法を学びました。

自分の生活や仕事で使える場面を考えてみよう

  • 日常生活:
    • 例: 「友達との約束のために時間通りに到着することが、良い時間を過ごす上で大きな違いを生む。」
    • 例文: “Arriving on time for a friend’s get-together makes all the difference in having a great time.”
  • 仕事の場面:
    • 例: 「新しいソフトウェアを導入することで、プロジェクトの効率が大幅に向上し、これが成果に大きな違いをもたらしました。」
    • 例文: “Implementing the new software has significantly improved our project efficiency, and that makes all the difference in our results.”

自分の生活や仕事の中で、このフレーズを使う具体的な場面を考えることで、実際の会話での活用がよりスムーズになります。ぜひ、日常の中で「That makes all the difference.」を使ってみてください。そして、その経験をコメント欄でシェアしてみてくださいね。質問や感想もお待ちしています!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム