3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

LOLってどういう意味?SNSで使える英語の笑い表現を知ろう

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

LOLって何?

みなさん、SNSやチャットで「LOL」という言葉を見かけたことがあるでしょうか?この「LOL」は英語のスラングで、笑うことを表現するために使われます。日本語の「笑」や「(笑)」に近い感覚ですね。

よく見かけるけど、本当に意味は?

「LOL」は「Laugh Out Loud」の略で、「大声で笑う」という意味です。インターネットやテキストメッセージの普及とともに、この略語は広く使われるようになりました。友達とのチャットやSNSのコメント欄で、何か面白いことがあったときによく見かけるのではないでしょうか?

例えば、友達が面白い写真をシェアしたときに「LOL」とコメントすることで、「本当に笑っちゃったよ!」という気持ちを表現できます。また、「LOL」は簡単に打てるので、短いメッセージの中で気軽に使えるのも魅力です。

「LOL」を知っているだけで、英語のコミュニケーションがもっと楽しく、自然になります。次のセクションでは、この「LOL」がどのように使われるか、具体的な例とともに紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

無料トライアル実施中

LOLの基本的な意味

LOLの由来と歴史

「LOL」というスラングの由来はインターネットの初期に遡ります。1990年代、インターネットが一般に普及し始めた頃、チャットルームや電子掲示板(BBS)で使われ始めました。当時のインターネットユーザーは、タイピングを省略するために多くの略語を考案しました。これにより、「Laugh Out Loud」を「LOL」と略すことが自然と広まったのです。

この略語は瞬く間に人気となり、インターネットのコミュニケーションにおいて標準的な表現として定着しました。メールやメッセンジャーアプリ、SNSなどで広く使われるようになり、今ではほとんどの人がその意味を理解しています。

知っておきたい!LOLの正式な意味とは?

「LOL」の正式な意味は「Laugh Out Loud」です。日本語に直訳すると「大声で笑う」という意味になります。このフレーズは、文字通り笑い声が聞こえるほど面白いという状況を表現しています。

「LOL」は、友達とのカジュアルなやり取りでよく使われます。たとえば、面白いジョークや動画をシェアされたとき、メッセージの最後に「LOL」と付け加えることで、その面白さを強調することができます。

また、「LOL」は他の笑いを表すスラングとも併用されることがあります。例えば、「ROFL」(Rolling On the Floor Laughing: 床で転げ回って笑う)や「LMAO」(Laughing My Ass Off: お腹を抱えて笑う)なども、同じような状況で使われます。

「LOL」を使いこなすことで、英語でのコミュニケーションがより楽しく、親しみやすくなります。次のセクションでは、具体的な使い方や例文を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

 

 

LOLの使い方

日常会話での使い方

友達とのチャットやSNSでの活用法

「LOL」は、主に友達とのカジュアルなやり取りで使われます。チャットやSNSのコメント欄など、軽い気持ちで笑いを共有したいときに便利です。例えば、友達が面白い写真やジョークを投稿したとき、「LOL」を使って反応することで、その面白さを共感することができます。

カジュアルな場面での例文

例文: “That cat video you sent me was hilarious, LOL!”
和訳: 「あなたが送ってくれた猫のビデオ、めっちゃ面白かったよ、笑!」

例文: “I can’t believe you said that, LOL!”
和訳: 「そんなこと言ったなんて信じられない、笑!」

例文: “Just tripped over my own feet, LOL!”
和訳: 「自分の足につまずいちゃった、笑!」

例文: “Your new haircut looks amazing, LOL!
和訳: 「新しい髪型すごく似合ってる、笑!」

注意点

フォーマルな場では使わない方が良い場合も

「LOL」は非常にカジュアルな表現であり、フォーマルな場では適さないことが多いです。ビジネスのメールや正式な文書、上司やクライアントとのやり取りでは避けた方が良いでしょう。代わりに、「That made me laugh」(それには笑いました)や「I found that amusing」(それは面白いと思いました)など、もう少しフォーマルな表現を使うと良いです。

ビジネスシーンやフォーマルな場面では、適切な言葉遣いを選ぶことが重要です。カジュアルな表現とフォーマルな表現を使い分けることで、コミュニケーションの質が向上し、相手に対する印象も良くなります。

次のセクションでは、他の笑いのスラングや「LOL」のバリエーションについて紹介します。さらに英語の会話を豊かにするために、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

LOLのバリエーション

ROFLやLMAOなど、他の笑いのスラング

「LOL」以外にも、笑いを表現するスラングがたくさんあります。以下はいくつかの代表的なものです:

ROFL(Rolling On the Floor Laughing)

  • 意味: 「床で転げ回って笑う」
  • 使い方: 「LOL」よりもさらに笑いの度合いが強いことを表現します。非常に面白い状況に対して使われます。例文: “That joke was so funny, I’m ROFL!”
    • 和訳: 「あのジョーク、めっちゃ面白くて床で転げ回ってるよ!」

LMAO(Laughing My Ass Off)

  • 意味: 「お腹を抱えて笑う」
  • 使い方: こちらも強い笑いを表現するスラングで、非常に笑えることを伝えます。例文: “Did you see that video? LMAO!”
    • 和訳: 「あのビデオ見た?お腹抱えて笑っちゃった!」

LMFAO(Laughing My F***ing Ass Off)

  • 意味: 「めっちゃお腹抱えて笑う」
  • 使い方: 「LMAO」をさらに強調したバージョンです。下品な表現を含むため、親しい友人との間でのみ使いましょう。例文: “That comedian is hilarious, LMFAO!”
    • 和訳: 「あのコメディアン、めっちゃ面白い!お腹抱えて笑った!」

LOLと一緒に使えるフレーズ

「LOL」と一緒に使えるフレーズをいくつか紹介します。これらのフレーズを使えば、さらに自然な会話ができます。

例1: “LOL, that’s too funny!”

和訳: 「笑、それ本当に面白すぎる!」

例2: “I couldn’t stop laughing, LOL!”

和訳: 「笑いが止まらなかったよ、笑!」

例3: “LOL, you’re so hilarious!”

和訳: 「笑、あなた本当に面白いね!」

例4: “That was a great joke, LOL!”

和訳: 「あれは素晴らしいジョークだったよ、笑!」

これらのフレーズを使いこなすことで、笑いを共有する場面での英語のコミュニケーションがさらにスムーズになります。次のセクションでは、「LOL」を使った具体的な例文を集めてみましょう。実際の会話でどう使うかをもっと詳しく見ていきます。

 

 

LOLを使った例文集

実際の会話で使えるフレーズ

例文1: “That joke was so funny, LOL!”

  • 和訳: 「あのジョーク、本当に面白かったよ、笑!」
  • 解説: このフレーズは、友達が言ったジョークや見せてくれた面白いコンテンツに対して使います。「LOL」を最後に付け加えることで、笑っていることを強調できます。

例文2: “I can’t stop laughing, LOL!”

  • 和訳: 「笑いが止まらないよ、笑!」
  • 解説: このフレーズは、何かがとても面白くて本当に笑いが止まらない状況を表現しています。「LOL」を使うことで、メッセージにユーモアを加えています。

例文3: “You should have seen your face, LOL!”

  • 和訳: 「あなたの顔を見てみたかったよ、笑!」
  • 解説: 友達が驚いたり、面白い反応をしたときに使います。驚きや笑いを共有するのに最適です。

例文4: “This is the best meme ever, LOL!”

  • 和訳: 「これ、今までで一番面白いミームだよ、笑!」
  • 解説: SNSで面白いミームを見つけたときに使います。「LOL」を付けることで、そのミームが本当に面白いことを強調できます。

 

 

まとめ

本記事の振り返り

この記事では、「LOL」という英語のスラングについて詳しく解説しました。まず、「LOL」の基本的な意味と由来について学びました。「LOL」は「Laugh Out Loud」の略で、「大声で笑う」という意味です。インターネットの普及とともに広まり、日常のチャットやSNSで頻繁に使われるようになりました。

次に、「LOL」の具体的な使い方を見てきました。友達とのカジュアルなやり取りで使われることが多く、笑いを共有するのにぴったりの表現です。また、フォーマルな場では避けた方が良いという注意点も確認しました。

さらに、「ROFL」や「LMAO」など、他の笑いを表すスラングや、「LOL」と一緒に使えるフレーズも紹介しました。これらの表現を使いこなすことで、英語の会話がさらに楽しく、豊かになることでしょう。

最後に、「LOL」を使った具体的な例文とその日本語訳、解説を通じて、実際の会話でどのように使えるかを学びました。

読者への感謝

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも「LOL」の使い方について理解が深まり、英語のコミュニケーションが楽しくなれば幸いです。

もしこの記事が役に立ったと感じていただけたら、ぜひ他の記事もチェックしてみてください。また、この記事に関するご意見や、他に知りたいスラングや英語表現があれば、コメント欄で教えてくださいね。皆さんの英語学習がますます充実することを願っています!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム