3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

“I’m going to the beach.” と “I’m going to go to the beach.” の違いを徹底解説!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!RYO英会話ジムです。今日は英会話のちょっとしたポイントについてお話しします。英語を学んでいると、似たようなフレーズに出会うことがよくありますよね。例えば、「I’m going to the beach.」と「I’m going to go to the beach.」です。この2つのフレーズ、似ているようで実は少し違うんです。

この記事では、この2つのフレーズの違いについて詳しく解説します。そして、なぜこの違いを理解することが大切なのかをお伝えします。

英会話を上達させるためには、細かいニュアンスや使い分けを理解することが重要です。これによって、より自然で適切な英語を話すことができるようになります。ぜひ一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

“I’m going to the beach.” とは?

フレーズの基本的な意味と使い方

「I’m going to the beach.」は、「私はビーチに行く予定です。」という意味です。このフレーズは、すでに計画が決まっている場合や、近い将来にその行動を実行する意思があることを示します。「going to」を使うことで、行動が既に計画されていることを強調します。

例文を使った説明

  1. 例文1:
  2. 例文2:
  3. 例文3:

「I’m going to the beach.」は、行動が既に決まっていることを伝えるのにとても便利なフレーズです。日常会話でよく使われるので、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

“I’m going to go to the beach.” とは?

フレーズの基本的な意味と使い方

「I’m going to go to the beach.」は、「私はビーチに行くつもりです。」という意味です。このフレーズは、将来の計画を強調している場合や、行動を起こす意思をさらに強調したい場合に使われます。「going to go」という表現を使うことで、具体的な計画があり、その行動を強調しているニュアンスが強くなります。

例文を使った説明

  1. 例文1:
  2. 例文2:
    • 英語: I’m not sure what to do this afternoon, but I think I’m going to go to the beach.
    • 日本語: 今日の午後何をするかは決めていませんが、ビーチに行くつもりです。
    • 説明: 今日の午後の行動を考えているときに、ビーチに行くという意思を示しています。
  3. 例文3:

「I’m going to go to the beach.」は、将来の計画や行動を強調したいときに使うフレーズです。具体的な計画や意思を伝えるのに便利な表現なので、ぜひ使ってみてください。

 

 

2つのフレーズの違い

簡単な比較と違いの説明

「I’m going to the beach.」と「I’m going to go to the beach.」はどちらも将来の行動について話すときに使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

  • “I’m going to the beach.”
    • これは、すでに決まっている予定や計画を表します。
    • 実際にその行動を取ることがほぼ確実な場合に使います。
  • “I’m going to go to the beach.”
    • これは、行動を起こす意思や計画を強調したい場合に使います。
    • 将来の行動についてより強調したいときや、まだ確定していないが、その方向で考えている場合に使います。

使い分けのポイント

  1. 確定した予定 vs. 強調された意思
    • 確定した予定:
      • 「I’m going to the beach.」は、具体的な計画が決まっていて、その行動がほぼ確実である場合に使います。
      • 例: “This weekend, I’m going to the beach.”
        (今週末、私はビーチに行く予定です。)
    • 強調された意思:
      • 「I’m going to go to the beach.」は、将来の行動を強調したいときや、その行動を起こす意思が強いことを示したい場合に使います。
      • 例: “Next weekend, I’m going to go to the beach.”
        (来週末、私はビーチに行くつもりです。)
  2. 使い分けの具体例
    • 計画が既に決まっている場合:
      • 「I’m going to the beach.」を使います。
      • 例: “After work, I’m going to the beach.”
        (仕事の後、私はビーチに行く予定です。)
    • 行動の意思を強調したい場合:
      • 「I’m going to go to the beach.」を使います。
      • 例: “Even if it rains, I’m going to go to the beach.”
        (雨が降っても、私はビーチに行くつもりです。)

このように、状況やニュアンスによって使い分けることで、より自然で的確な英語を話すことができます。これらの違いを理解して、日常会話に役立ててくださいね。

 

 

具体的なシチュエーション別の使い方

日常会話での使い方

“I’m going to the beach.”
  • 例:
    • A: What are you doing this weekend?
    • B: I’m going to the beach with my family.
    • 日本語訳:
      • A: 今週末は何をする予定ですか?
      • B: 家族と一緒にビーチに行く予定です。
    • 説明: 具体的な予定がすでに決まっている場合に使われます。
“I’m going to go to the beach.”
  • 例:
    • A: Do you have any plans for next weekend?
    • B: I’m going to go to the beach if the weather is nice.
    • 日本語訳:
      • A: 来週末は何か予定がありますか?
      • B: 天気が良ければビーチに行くつもりです。
    • 説明: まだ確定していないが、その行動を強調したい場合に使われます。

ビジネスシーンでの使い方

“I’m going to the meeting.”
  • 例:
    • A: Are you attending the project meeting tomorrow?
    • B: Yes, I’m going to the meeting at 10 AM.
    • 日本語訳:
      • A: 明日のプロジェクト会議に参加しますか?
      • B: はい、10時の会議に参加する予定です。
    • 説明: 確定した予定がある場合に使われます。
“I’m going to go to the conference.”
  • 例:
    • A: Are you planning to attend the annual conference this year?
    • B: I’m going to go to the conference if my schedule allows.
    • 日本語訳:
      • A: 今年の年次会議に参加する予定ですか?
      • B: スケジュールが許せば、会議に行くつもりです。
    • 説明: 参加する意思を強調したい場合や、まだ確定していない計画を話すときに使います。

その他のシチュエーション

“I’m going to visit Tokyo.”
  • 例:
    • A: Where are you going for your vacation?
    • B: I’m going to visit Tokyo next month.
    • 日本語訳:
      • A: 休暇にはどこに行く予定ですか?
      • B: 来月東京に行く予定です。
    • 説明: 確定した旅行計画を話すときに使います。
“I’m going to go to Europe.”
  • 例:
    • A: Do you have any travel plans this year?
    • B: I’m going to go to Europe if I can save enough money.
    • 日本語訳:
      • A: 今年は何か旅行の予定がありますか?
      • B: 十分なお金を貯められたら、ヨーロッパに行くつもりです。
    • 説明: まだ確定していない計画や意思を話すときに使います。

このように、状況に応じて「I’m going to」と「I’m going to go to」を使い分けることで、より自然で明確なコミュニケーションが可能になります。実際に使ってみて、使い分けの感覚を身につけましょう。

 

 

例文とその翻訳

“I’m going to the beach.” の例文:
  1. 英語: I’m going to the beach this afternoon.
    • 日本語: 今日の午後、ビーチに行く予定です。
  2. 英語: She’s going to the beach to meet her friends.
    • 日本語: 彼女は友達に会うためにビーチに行く予定です。
  3. 英語: We’re going to the beach every weekend during the summer.
    • 日本語: 夏の間、毎週末ビーチに行く予定です。
“I’m going to go to the beach.” の例文:
  1. 英語: I’m going to go to the beach if it stops raining.
    • 日本語: 雨が止んだら、ビーチに行くつもりです。
  2. 英語: He’s going to go to the beach after he finishes his homework.
    • 日本語: 宿題が終わったら、彼はビーチに行くつもりです。
  3. 英語: We’re going to go to the beach next month for a vacation.
    • 日本語: 来月、休暇でビーチに行くつもりです。

 

 

使い分けの練習問題とその解説

次の文を「I’m going to」または「I’m going to go to」を使って完成させてください。

  1. (確定した予定)
    • 明日、友達とビーチに行く予定です。
    • 英語: Tomorrow, I __________ the beach with my friends.

答え: Tomorrow, I’m going to the beach with my friends.

  1. (強調された意思)
    • 天気が良ければ、ビーチに行くつもりです。
    • 英語: If the weather is nice, I __________ to the beach.

答え: If the weather is nice, I’m going to go to the beach.

  1. (確定した予定)
    • 彼は仕事の後、ビーチに行く予定です。
    • 英語: He __________ the beach after work.

答え: He’s going to the beach after work.

  1. (強調された意思)
    • 彼女は宿題が終わったら、ビーチに行くつもりです。
    • 英語: She __________ to the beach after she finishes her homework.

答え: He’s going to the beach after work.

答え: She’s going to go to the beach after she finishes her homework.

[/open]

解説

  • 「I’m going to」を使う場合は、具体的な計画や確定した予定があることを示します。
  • 「I’m going to go to」を使う場合は、行動の意思を強調したい場合や、まだ確定していないがその行動を取る可能性が高いことを示します。

このように、例文を通して違いを確認しながら練習することで、使い分けの感覚をつかんでいきましょう。

 

 

まとめ

記事の振り返り

この記事では、「I’m going to the beach.」と「I’m going to go to the beach.」という2つのフレーズの違いについて学びました。

  • “I’m going to the beach.” は、すでに決まっている具体的な計画や予定を表すときに使います。
    • 例: “I’m going to the beach this weekend.”
      (今週末、ビーチに行く予定です。)
  • “I’m going to go to the beach.” は、将来の行動を強調したいときや、行動の意思を強く示したいときに使います。
    • 例: “I’m going to go to the beach if the weather is nice.”
      (天気が良ければビーチに行くつもりです。)

具体的なシチュエーション別の使い方や例文を通じて、これらのフレーズの使い分けを理解していただけたと思います。また、練習問題を通じて実際に使ってみることで、さらに理解が深まったのではないでしょうか。

最後に読者へのメッセージ

英語学習は、一つ一つのフレーズや表現の違いを理解することがとても大切です。今回学んだ「I’m going to」と「I’m going to go to」の違いも、日常会話やビジネスシーンで役立つこと間違いなしです。どちらも頻繁に使う表現なので、ぜひ積極的に使ってみてください。

これからも、わかりやすくて実用的な英語表現を一緒に学んでいきましょう。ご質問やご感想があれば、ぜひコメントでお知らせください。皆さんの英語学習が楽しく、効果的なものになることを心から願っています。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!ありがとうございました。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム