3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「I gotta…」って何?日常英語でよく使う表現をマスターしよう!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今「I gotta…」は、日常会話で頻繁に使われるフレーズで、正式には”I have got to…”の短縮形です。意味は「~しなければならない」という強い義務や必要性を表します。さっそく、この便利な表現の使い方を見ていきましょう。それではまいりましょう。

 

 

「I gotta go.」の基本的な意味

「I gotta go.」は、カジュアルな英語表現で、「行かなきゃ」や「もう行かないといけない」という意味です。このフレーズは、急いでいるときや会話を終わらせるときに使われます。英語のネイティブスピーカーは、この表現を日常的によく使います。

「I gotta go.」の直訳と本来の意味

「I gotta go.」を直訳すると、「私は行かなければならない」となります。これは「I have got to go.」の略で、「have got to」が「gotta」と短縮されている形です。「gotta」は「got to」の口語的な表現で、日常会話で頻繁に使われます。

 

 

無料トライアル実施中

実際に使われる場面での意味

「I gotta go.」は、以下のような場面で使われます:

  1. 急いでいるとき:
    • 例: 「Oh no, I’m late! I gotta go.」
      • (ああ、遅れちゃう!行かなきゃ。)
  2. 会話を終わらせるとき:
    • 例: 「It was great talking to you, but I gotta go now.」
      • (話せてよかったけど、もう行かないと。)
  3. 他の予定があるとき:
    • 例: 「I gotta go to my next class.」
      • (次のクラスに行かなきゃ。)
  1. 電話での話が終わったとき

話したいことが終わって、電話を切るタイミングでも使います。

  • 例:
    • A: “Thanks for the help with the project. It looks great!”
    • B: “No problem at all. If you need anything else, just let me know. Anyway, I gotta go now.”
    • (A:「プロジェクトの手伝いありがとう。すごくいい感じだよ!」)
    • (B:「どういたしまして。他に何か必要なら教えてね。さて、そろそろ行かなきゃ。」)

 


このフレーズはカジュアルな表現なので、友達や家族との会話で使うのが一般的です。ビジネスやフォーマルな場面では、「I have to go.」や「I must be going.」といった表現の方が適しています。

「I gotta go.」を使うことで、短くて分かりやすい表現で自分の意図を伝えることができます。日常会話に取り入れてみてくださいね。

ビジネスシーンでの使い方

「I gotta go.」はカジュアルな表現であり、ビジネスシーンでは少し不適切に感じられることがあります。ビジネス電話では、相手に対して礼儀正しく、プロフェッショナルな印象を与えることが重要です。ここでは、ビジネス電話での注意点と、もう少しフォーマルな表現の提案を紹介します。

カジュアルな表現をビジネスで使う際の注意点

「I gotta go.」のようなカジュアルな表現は、友達や家族との会話には適していますが、ビジネスシーンでは次のような理由で避けるべきです。

  • プロフェッショナルではない: カジュアルな言葉遣いは、ビジネスの場ではプロフェッショナルでない印象を与えることがあります。
  • 理解の差: ビジネスパートナーやクライアントによっては、カジュアルな表現を誤解することがあります。

フォーマルな表現の提案

ビジネスシーンでは、以下のようなフォーマルな表現を使うと良いでしょう。

  1. 「I have to go now.」
    • 例: “I have another meeting scheduled, so I have to go now. Thank you for your understanding.”
    • (他の会議が予定されているので、そろそろ失礼します。ご理解ありがとうございます。)
  2. 「I must be going.」
    • 例: “I must be going to attend another call. It was a pleasure speaking with you.”
    • (他の電話に出るために失礼しなければなりません。お話できてよかったです。)
  3. 「I need to leave.」
    • 例: “I need to leave for another appointment. Please feel free to contact me if you have any further questions.”
    • (他の予定があるため失礼します。追加の質問があればご連絡ください。)
  4. 「I’m afraid I have to go.」
    • 例: “I’m afraid I have to go now due to another commitment. Thank you for your time.”
    • (他の予定があるため、失礼しなければなりません。お時間をいただきありがとうございます。)

これらの表現を使うことで、ビジネスの場でも礼儀正しく、プロフェッショナルな態度を保つことができます。ビジネス電話でのマナーを守りながら、スムーズに会話を終えることができるよう、ぜひこれらの表現を活用してください。

 

 

発音

「gotta」の発音は、アメリカ英語で大体「ゴッタ」や「ガッタ」のような音となります。この単語は “got to” の音が緩やかになった形で、日常会話で頻繁に使われる表現です。”g” の音から始まり、”o” の音は「ゴ」と発音され、”tta” の部分は「ッタ」となりますが、”t” の音は軽く発音される傾向があります。したがって、全体としては「ゴッタ」と発音され、必要性や義務を非公式に表現する際に用いられます。

 

 

よく使われる国

「Gotta」は主に英語圏の国々で広く使われていますが、特にアメリカ英語の話し言葉で非常に一般的です。アメリカの日常会話や映画、テレビドラマなどで頻繁に聞くことができます。イギリス英語でも使われますが、アメリカほどの頻度ではないかもしれません。その他の英語圏の国々、例えばカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも使われますが、使用頻度や文化的なニュアンスは場所によって異なることがあります。

 

 

よく使われるフレーズ

「Gotta」を使った一般的な英語の表現を以下にリストアップします。これらは日常生活でよく使われるフレーズで、非公式な会話に適しています。

  1. I gotta go.
    • 「行かなきゃ。」
    • 状況: どこかへ行く必要があるときに使われます。
  2. You gotta see this!
    • 「これを見なきゃ!」
    • 状況: 何か興味深いものを見せたいときに使います。
  3. We gotta talk.
    • 「話さなきゃ。」
    • 状況: 重要な話があるときに使います。
  4. She’s gotta be kidding.
    • 「彼女、冗談でしょう?」
    • 状況: 誰かの言動に対して信じられないと感じるときに使います。
  5. I gotta have it.
    • 「それが欲しいんだ。」
    • 状況: 何かを非常に欲しいと感じるときに使います。
  6. He’s gotta work late tonight.
    • 「彼は今夜遅くまで仕事だ。」
    • 状況: 誰かが遅くまで仕事をしなければならないと説明するときに使います。
  7. I gotta be honest.
    • 「正直に言うよ。」
    • 状況: 率直な意見を述べたいときに使います。
  8. They’ve gotta stop doing that.
    • 「彼らはそれをやめなきゃいけない。」
    • 状況: 誰かの行動をやめるべきだと思うときに使います。

これらの表現は非常に一般的で、日常会話で使われることが多いです。覚えておくと、英語でのコミュニケーションがより自然になるでしょう。

 

 

例文

道でばったり友人に会い別れ際に…

マイク
Hey, I gotta go now. (I have to go now.)
ねぇ、もう行くわ。

 

 

娘が急に結婚すると言い出して…

ロバート
You gotta be kidding. (You must be kidding.)
冗談だろ。

 

 

何時に出発するのか聞くと…

ナオミ
I gotta leave in 15 minutes.
15分以内に出発しないといけないよ。

 

 

その他例文

  • I gotta go, my train is in 10 minutes.
    日本語訳:行かなきゃ、電車が10分後に出るんだ。
  • I gotta finish this report by tomorrow.
    日本語訳:このレポート、明日までに終わらせないと。
  • I gotta tell you about this new restaurant!
    日本語訳:この新しいレストランのこと、君に話さなきゃ!

I have gotta

アイヴァン
I’ve gotta tell my boss I’ll be late.
遅れることボスに言わなきゃ。

 

 

スタローン
I’ve gotta learn to get along better.
仲良くすることを学ばないと。

 

 

もともと”have got to”の省略なので”have gotta”として使うこともできます。”gotta”との違いはシンプルに“gotta”のほうがよりカジュアルであるということです。なぜなら”have”も省略してますからね。”gotta”の発音に関しては、別記事でまとめているのでよかったら下記カードよりご覧ください。

 

 

英会話ロールプレイ

友達との週末の計画

Alex: Hey, what are you doing this weekend? Wanna hang out?

Sam: I gotta finish some work first, but I’m free Sunday afternoon. How about we grab some lunch and catch a movie?

和訳

アレックス: ねえ、この週末何してるの?一緒に遊ばない?

サム: 最初にいくつかの仕事を終わらせなきゃだけど、日曜の午後は空いてるよ。ランチを食べに行って、映画を見ない?

このロールプレイは、「gotta」を使って、友達との週末の計画を話し合うシチュエーションを示しています。非公式な会話の中で、「gotta」は「~しなければならない」という必要性をカジュアルに表現するのに役立ちます。

コンサートの計画

Jamie: Are you excited for the concert next week?

Chris: Absolutely! But I gotta buy the tickets today. They’re almost sold out!

和訳

ジェイミー: 来週のコンサート、わくわくしてる?

クリス: 絶対に!だけど、今日中にチケットを買わないと。ほぼ売り切れてるんだ!

このロールプレイでは、友達との楽しいイベント前の準備を話す場面で「gotta」が使われています。ここでも、「gotta」は「~しなければならない」という意味で使われ、緊急性を伴う日常的な義務を表しています。

 

 

have toとの違い

gotta

  • 「gotta」は「got to」の口語的な短縮形で、非公式な会話やカジュアルな文脈でよく使われます。
  • 非公式な書き言葉や話し言葉で見られ、友人や家族との会話など、リラックスした状況で使用されます。
  • 「I gotta go now.」(今、行かなきゃ。)

have to

  • 「have to」はより正式な表現で、公式の文書やビジネスの会話、またはよりフォーマルな状況で使われます。
  • 一般的な英語の文法に基づいた正式な表現で、義務や必要性を示す際に広く用いられます。
  • 「I have to leave now.」(今、出発しなければなりません。)

まとめ

  • 「gotta」は非公式でカジュアルな文脈に適しており、「have to」はより正式な状況や文書での使用に適しています。
  • 意味するところは非常に似ていて、どちらも何かをしなければならない状況を示しますが、その使われ方が異なります。

 

 

似た英語表現

これらの表現は、より公式な状況や書面でのコミュニケーションに適しており、日常会話での「I gotta…」とは異なります。それぞれの表現が持つ独自のニュアンスを理解することで、適切な文脈で使用することができます。

1. I have to…

  • 和訳: ~しなければならない
  • 解説: 「I gotta…」よりも公式な表現で、必要性や義務を示します。
  • 例文: “I have to attend the meeting by 9 AM.”
    • 和訳: 9時までに会議に出席しなければならない。

2. I need to…

  • 和訳: ~する必要がある
  • 解説: 何かをする必要がある場合に用いる表現で、その行動の重要性を強調します。
  • 例文: “I need to call my doctor today.”
    • 和訳: 今日、医者に電話する必要がある。

3. I must…

  • 和訳: ~しなくてはならない
  • 解説: 「I gotta…」よりもフォーマルで、義務感や緊急性を表す際に使われる表現です。
  • 例文: “I must finish this report by tomorrow.”
    • 和訳: 明日までにこのレポートを完成させなくてはならない。

 

 

関連する語彙

Gonna (going to)

  • 解説:未来の予定や意図を表す時に使います。
  • 例文:I’m gonna watch a movie tonight.
  • 「今夜映画を見るつもりだ。」

Wanna (want to)

  • 解説:何かをしたいという欲求を表します。
  • 例文:I wanna eat sushi.
  • 「寿司が食べたい。」

Hafta (Have to)

  • 解説: 「しなければならない」という必要性や義務を表すときに使います。
  • 例文: “I hafta finish my homework before I can go out.”
  • 「外出する前に宿題を終わらせなきゃ。」

 

 

押さえておくべきポイント

「I gotta…」はカジュアルな表現であり、友人や家族との会話でよく使われます。しかし、ビジネスシーンや正式な文書では「I have to…」のような形式を選ぶ方が適切です。また、この表現は英語圏の日常会話で非常にポピュラーなので、聞き取れるように耳を慣らしておくと良いでしょう。

 

 

gottaに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「I gotta…」は、英語を話す上で避けては通れない便利なフレーズです。この記事を参考にしながら、実際の会話で活用してみてください。日々のコミュニケーションがよりスムーズに、そして楽しくなるはずです!以上が”I gotta 〜”の意味とその使い方【have toとの違いもわかる】でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム