”have change”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。今日は”have change”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語力が今日より少しアップするかと思います。それでは参りましょう。

 

 

”have change”の意味とその使い方

小さいお金がなく最寄りのコンビニで…

ナオミ
Excuse me, do you have change for 10 dollars?
すみません、10ドルを崩してくれますか?

 

カフェで…

リョウ
Your tea is 5 dollars.
ご注文したティーは5ドルです。
ナオミ
Here is a 100 dollar bill.
100ドルでお願いします。
リョウ
Sorry, I don’t have change for a hundred.
すみません、100ドルのお釣りがないんです。

 

お会計時に小銭がなくて友人に…

マイク
Do you have small change?
小銭ある?

 

いかがでしたでしょうか。“have change”で「より小さい額のお金を持っている」という意味でお会計をする際や小さいお金に崩してほしいときによく使われる英語表現です。意味は文脈によって変わりますが例文のように「おつりがある」という意味になったり”have change for 〜”で「〜を崩す」という意味にもなります。1点注意ですが“small change”で「小銭」という意味になりますが英語だとcoinですね。ちなみに紙幣の場合はbillです。

 

“Keep the change”も覚えておこう

海外でタクシーを降りる際に

リョウ
Here is a 10 dollar bill. Keep the change.
10ドルお願いします。お釣りは取っておいてください。

 

チップ文化がある国はこのように残りのお釣りをチップとして渡すことが多いです。降りる際にサラっと言えるとかっこいいですね。

 

 

支払いに関連する記事

会話でよく使う動詞”charge”の意味と5つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”have change”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。