”have 期間 off”の意味とその使い方【takeとの違いもわかる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”have 期間 off”の意味とその使い方【休みについて】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

”have 期間 off”の意味とその使い方【休みについて】

友人から休みはいつか聞かれて…

ナオミ
I have Saturdays off usually.
大抵土曜日は休みだよ。

 

クリスマスは仕事するか聞かれて…

ウィル
I have 3 days off.
3日間休みだよ。

 

今年の夏はどうだったか友人に聞かれて…

アイヴァン
I had a week off and went on a trip to Hawaii.
1週間休みだったからハワイ旅行に行ってきたよ。

 

いかがでしたでしょうか。have 期間 offは「(期間)休みがある」という意味で、会社(学校も含む)へ行かなくてよい日に対して使われます。この休みの種類に関しては基本的に会社から認められた休みになるので例文のように定期休暇や有給休暇に対して使うことができます。

 

take time offもあるけど違いは?

学習者からtake 期間 offとhave 期間 offの違いを聞くことがありますが、結論的にはどちらも同じように使うことができます。ただし違いを述べるのであればhaveはそもそも「持つ」という状態を表す動詞なので性質上、休みがあるのかを尋ねられたときに使い、takeに関しては「取る」という意味からその性質上、休みを自ら決めてとる場合に使われやすい傾向があります。take 期間 offに関しては、仕事で重宝”take time off”の意味とその使い方をどうぞご参考ください。

 

 

「休み」に関連する記事

仕事で使える”on leave”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”have 期間 off”の意味とその使い方【休みについて】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出