3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「give it to me straight」の意味と使い方をマスターしよう!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

「give it to me straight」の意味とは?

「give it to me straight」は、直訳すると「それをまっすぐに私に渡して」となりますが、実際の意味は少し異なります。このフレーズは「率直に言ってください」「正直に話してください」という意味で使われます。誰かに情報や意見を求めるときに、遠回しな表現やオブラートに包んだ言い方ではなく、ありのままの真実を求める際に使われる表現です。

例えば、友人や同僚が何か重大なニュースを伝えるときに、「優しく伝えてほしい」とお願いするのではなく、「本当のことを教えて」と率直に求める場面で使われます。このフレーズを使うことで、相手に対して正直であることや、遠慮せずに本当のことを伝えるよう促すことができます。

使い方の例

  • 友人が自分の作品について意見を求めているとき:
    • “I really need your honest opinion on my painting. Give it to me straight.”
    • 「本当に正直な意見が欲しいんだ。この絵について率直に教えて。」
  • 医者から診断結果を聞くとき:
    • “Doctor, I need to know the truth about my condition. Please give it to me straight.”
    • 「先生、私の病状について本当のことを知りたいんです。率直に教えてください。」

このように「give it to me straight」を使うことで、相手に対して正直で率直な情報提供を求めることができます。この表現を使うと、相手も遠慮せずに本当のことを伝えやすくなるでしょう。

 

 

無料トライアル実施中

「give it to me straight」の使い方

「give it to me straight」は、日常会話で非常によく使われる表現です。ここでは、具体的な使い方や、どのようなシチュエーションで使われるかを紹介します。

友人や家族との会話

例1: 友人が自分の新しい服装について意見を求めるとき
  • 友人: “How do I look in this outfit? Be honest.”
  • あなた: “Honestly? It’s not your best look. Give it to me straight, how do I look in mine?”
  • 日本語訳: 「正直に言うと、その服装はあまり似合ってないよ。率直に言って、私のはどう?」
例2: 家族が新しいレシピを試したとき
  • 家族: “I tried a new recipe for dinner. How does it taste?”
  • あなた: “It’s good, but give it to me straight, do you think it’s too salty?”
  • 日本語訳: 「美味しいけど、率直に言って、ちょっと塩辛すぎると思わない?」

職場での会話

例1: 同僚がプロジェクトの進捗について尋ねるとき
  • 同僚: “How is the project going? Do you need any help?”
  • あなた: “We are behind schedule. Give it to me straight, can we make the deadline?”
  • 日本語訳: 「スケジュールが遅れているんだ。率直に言って、締め切りに間に合うと思う?」
例2: 上司からフィードバックを求めるとき
  • 上司: “I need your honest feedback on this report. Don’t hold back.”
  • あなた: “The report is thorough, but give it to me straight, is it clear enough?”
  • 日本語訳: 「報告書は詳しいけど、率直に言って、分かりやすい?」

医療や健康の場面

例1: 医者から診断結果を聞くとき
  • 患者: “Doctor, I need to know the truth about my condition. Please give it to me straight.”
  • 医者: “The tests show that you have a serious condition, but it’s treatable.”
  • 日本語訳: 「先生、私の病状について本当のことを知りたいんです。率直に教えてください。」
例2: 健康診断の結果について話すとき
  • あなた: “I got my test results back. Give it to me straight, is everything okay?”
  • 医者: “There are some areas of concern that we need to address.”
  • 日本語訳: 「検査結果が出ました。率直に言って、大丈夫ですか?」

使う際のポイント

  • 正直さを求めるとき: 「give it to me straight」は、相手に対して正直で率直な意見や情報を求めるときに使います。
  • 遠慮を排除する: この表現を使うことで、相手が遠慮せずに本当のことを伝えやすくなります。
  • 信頼関係の強化: このフレーズを使うことで、相手との信頼関係を強化し、お互いに率直なコミュニケーションが可能になります。

その他例文

医者が父の容体について言いにくそうで…

ナオミ
Give it to me straight. How’s his condition?
率直に言ってください。彼の体調はどうなんですか?

 

評判の悪い上司と話していた同僚に…

リョウ
What do you think of him? Give it to me straight.
彼のことどう思う?単刀直入に言って。

 

仕事の評価を聞きたくて…

ナオミ
What did you think of my performance on the project? Give it to me straight.
プロジェクトでの私の出来をどう思いましたか?率直に教えてください。

 

1と2のように状況的に悪い知らせを予測できる場合に使われ、また3つ目の例文に関しては話し手が自身の仕事の出来が悪いと感じている場合にも適切な表現となりますね。

命令文以外でも使う

大抵の場合は例文のように命令形で表現しますが、もちろん普通文でも使われることはあります。

遅刻が多い部下に注意したくて…

マイク
I’ll give it to you straight. You don’t need to come to work if you are late again.
正直に言わせて。また遅刻したらもう会社に来なくていいよ。

 

 

類似表現との比較

「give it to me straight」と似た表現はいくつかありますが、それぞれ微妙に意味やニュアンスが異なります。ここでは、いくつかの類似表現とその違いを比較してみましょう。

「tell me the truth」

意味: 「本当のことを教えて」

  • 使用例: “Tell me the truth, did you eat the last cookie?”
  • 日本語訳: 「本当のことを教えて、最後のクッキーを食べたのは君?」

違い: 「tell me the truth」は、率直に真実を知りたいときに使いますが、「give it to me straight」ほど強いニュアンスではありません。「tell me the truth」は単に真実を知りたいときに使う一方、「give it to me straight」は遠回しではなく、直接的に伝えてほしいときに使います。

「be honest with me」

意味: 「正直に言って」

  • 使用例: “Be honest with me, do you think this plan will work?”
  • 日本語訳: 「正直に言って、この計画がうまくいくと思う?」

違い: 「be honest with me」は、相手に対して正直な意見を求めるときに使います。「give it to me straight」よりも柔らかい表現で、相手に対して配慮を示しながらも真実を求めるニュアンスがあります。

「don’t sugarcoat it」

意味: 「オブラートに包まないで」「美化しないで」

  • 使用例: “Don’t sugarcoat it, just tell me how bad the situation is.”
  • 日本語訳: 「オブラートに包まないで、この状況がどれほど悪いか教えて。」

違い: 「don’t sugarcoat it」は、事実を飾らずに伝えてほしいときに使います。「give it to me straight」と同様に率直な意見を求める表現ですが、「don’t sugarcoat it」の方が、真実を美化せずにそのまま伝えてほしいというニュアンスが強いです。

「give me the lowdown」

意味: 「詳しく教えて」「情報を教えて」

  • 使用例: “Give me the lowdown on what happened at the meeting.”
  • 日本語訳: 「会議で何が起こったのか詳しく教えて。」

違い: 「give me the lowdown」は、詳細な情報や背景を知りたいときに使います。「give it to me straight」と比べて、詳細な説明を求めるニュアンスが強いです。

類似表現のまとめ

  • tell me the truth: 単に真実を知りたいときに使う。
  • be honest with me: 配慮を示しながらも正直な意見を求めるときに使う。
  • don’t sugarcoat it: 美化せずに率直な事実を求めるときに使う。
  • give me the lowdown: 詳細な情報や背景を知りたいときに使う。

「give it to me straight」は、遠回しではなく、直接的で正直な情報を求めるときに最適な表現です。これらの類似表現を理解することで、シチュエーションに応じて適切なフレーズを選ぶことができます。

 

 

まとめ

この記事では、「give it to me straight」の意味とその使い方について詳しく解説しました。以下に、覚えておきたいポイントをおさらいします。

覚えておきたいポイント

  1. 意味: 「give it to me straight」は「率直に言ってください」「正直に話してください」という意味です。遠回しな表現ではなく、真実を直接的に求めるときに使います。
  2. 使い方:
    • 友人や家族との会話: 例えば、新しい服装について率直な意見を求めるときや、新しいレシピの味を聞くときに使います。
    • 職場での会話: プロジェクトの進捗状況についての正直な意見を求めるときや、上司からのフィードバックを求めるときに使います。
    • 医療や健康の場面: 診断結果や健康診断の結果について正直な情報を求めるときに使います。
  3. 類似表現との比較:
    • tell me the truth: 単に真実を知りたいときに使う表現。
    • be honest with me: 配慮を示しながらも正直な意見を求めるときに使う表現。
    • don’t sugarcoat it: 美化せずに率直な事実を求めるときに使う表現。
    • give me the lowdown: 詳細な情報や背景を知りたいときに使う表現。

読者への感謝

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。「give it to me straight」の意味と使い方が少しでも理解いただけたなら幸いです。このフレーズを使うことで、率直なコミュニケーションが取れるようになり、友人や同僚との関係がより深まることを願っています。

英語学習を続ける中で、他にも知りたい表現や疑問があれば、ぜひお知らせください。今後の記事でも、役立つ情報をお届けできるよう努めてまいります。

また次回の記事でお会いしましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム