“all right”と”alright”の違いとその4つの意味

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”all right”と”alright”の違いとその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“all right”と”alright”の違いは?

Ngram Viewerより: 書籍での使用頻度

すぐに分かる違い
  • “all right”はフォーマル
  • “alright”はカジュアル

どちらも次に紹介する意味で使うことができ入れ替えが可能ですが、違いはボックスの通りフォーマルかカジュアルかの違いです。

もともとは”all right”が正式な形ですが、省略して一つのワードにした”alright”はテキストやチャットなどのカジュアルな場面で使われるのがかなり一般化していて、逆に”all right”より使用頻度が高いぐらいです。

一方で、クライアントへのメールや正式な文書での使用は”all right”を使うのがマストなので、Ngram Viewerのグラフのようにほとんど”alright”は使われていないのが明確です。

 

 

“all right/alright”の4つの意味と使い方

4つの意味
  1. 「大丈夫」
  2. 「賛成」
  3. 「まぁまぁ満足」
  4. 「信頼できる」

“all right/alright”を使うときボックスに記載する4つの意味を押さえておけば大丈夫です。

それでは、それぞれの例文をシンプルにご紹介していきますね。

 

1.「大丈夫」

相手の様子を伺いたくて…

マイク
Are you all right?
大丈夫?

 

相手から謝られて…

マイク
It’s alright. Don’t worry about it.
大丈夫だよ。心配しないで。

 

2.「賛成」

遊びに誘われて…

ナオミ
 All right.
いいよ。

 

3.「まぁまぁ満足」

仕事はどうか聞かれて…

スタローン
It’s alright.
いいよ。

 

4.「信頼できる」

新しい社員の様子を聞かれて…

アイヴァン
He is all right.
彼はいい人だよ。

 

 

“all together”も省略できる?

アイヴァン
Can you put your books all together/altogether in this box?
君の本をこの箱にまとめて入れてくれる?

 

意味は、「まとめて」や「全員/全部一緒に」です。

“all right”と同じく”all together”も省略して”altogether”とカジュアルに使われますので合わせて押さえておきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”all right”と”alright”の違いとその4つの意味についてでした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。