3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

面白いほどわかるmakeとcreateの違いとその使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は面白いほどわかるmakeとcreateの違いとその使い方についてお話します。「作る」と「創る」という言葉には、いくつかの意味があります。しかし、今回はよく混同されるものについてお話します。

 

 

はじめに

makeとcreateの違いをまずは想像してみましょう。普段の生活で、誰かがいろいろなものを「make」作るかもしれませんが、その人は全く何も「create」創らないかもしれません。例えば、今朝は朝食を「make」作りました。しかし、今日は今のところ何も「create」創っていません。しかし、今夜は夕食のレシピを「create」創るかもしれない。

 

 

無料トライアル実施中

make

スタローン
I wish I knew how to make cheesecakes.
チーズケーキの作り方がわかればいいんですけどね。

 

 

リョウ
She can’t wait for the day you make pasta.
彼女は、あなたがパスタを作る日が待ち遠しいようです。

 

 

makeという動詞は、通常、一般的なプロセスを通じて、何かを生産、構築、準備することを意味します。例えば、誰かがおいしい食事を作ります。しかし、それはその人が一般的でない調理法や食材を使ったことを意味するのではありません。

ある人は、自動車や衣服を作る工場で働きます。しかし、その工場がこれらのものを創っているわけではありません。makeという動詞を使うことで、生産工程や車や服のデザインがすでに存在していることがわかります。

 

 

create

ウィル
Mary Shelly created Victor Frankenstein in the 18th century.
18世紀、メアリー・シェリーはヴィクター・フランケンシュタインを創作した。

 

 

アイヴァン
I wonder who has created all this beauty in nature?
この自然の美しさは、誰がつくったのだろう?

 

 

create という動詞は通常、新しさや革新性を示唆します。一般的に、新しいものを生み出す、あるいは何かを存在させることを意味します。create は、芸術作品や発明のように、あるものを創るのに特別な技術や想像力、あるいは尋常でないプロセスを必要とすることを示唆することが多いのです。

つまり、食事をcreateするということは、新しい料理やレシピを考案することを意味します。車や服をcreateするというのは、以前のモデルとは異なるものを設計することを意味します。

 

 

コロケーションを意識しよう

英語学習者の中には、makeとcreateのどちらを使うべきか迷ってしまう人がいるのは、この連語が原因かもしれません。英語では、ただ一緒に使える単語とそうでない単語があります。

例えば、makeは “make the bed”, “make a choice”, “make noise” などの連語で使われます。ネイティブスピーカーは “create noise”とは言いません。一方でcreateは “create an atmosphere” や “create a playlist” のように、無形のものを含む連語でよく使われます。

 

 

今回話した内容

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が面白いほどわかるmakeとcreateの違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム