3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

目標を超える表現:ビジネス英単語「exceed」の活用法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

ビジネス英単語「exceed」を学ぼう!

こんにちは!RYO英会話ジムです。ビジネス英語のブログへようこそ。今日は、ビジネスシーンでよく使われる動詞「exceed」について学びましょう。「exceed」は、「超える」や「上回る」という意味を持っています。この単語を使えるようになると、あなたの英語力が一段とアップしますよ!

どんな場面で使えるのか?

ビジネスの場面では、「exceed」はいろいろな状況で使われます。例えば、以下のような場合です:

  • 目標を達成したとき: 「売上が目標を超えた」と言いたいとき。
  • 期待を上回るとき: 「彼のパフォーマンスが期待を上回った」と伝えたいとき。
  • 制限や限度を超えるとき: 「コストが予算を超えた」と報告する場合。

このように、「exceed」はビジネスの成功や成果を強調するのにぴったりな単語です。それでは、次のセクションで「exceed」の基本的な意味と使い方について詳しく見ていきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

exceedの基本的な意味

exceedの意味とは?

「exceed」は、「超える」や「上回る」という意味を持つ動詞です。具体的には、何かの基準や期待、限度を超えることを指します。例えば、売上が目標を上回ったり、ある人のパフォーマンスが期待を超えたりする状況で使われます。

例文:
  • Our sales exceeded our targets.
    (私たちの売上は目標を超えました。)
  • Her performance exceeded our expectations.
    (彼女のパフォーマンスは私たちの期待を上回りました。)

使うときのポイント

  1. 目的語に注意する:
    「exceed」の後には、超えたい基準や期待などの目的語が必要です。例えば、「sales」「expectations」「budget」などが目的語として使われます。
  2. ビジネスの文脈に適している:
    「exceed」は、ビジネスの成果や評価を強調するのに適した単語です。報告書やプレゼンテーション、ミーティングなどで使うと、プロフェッショナルな印象を与えます。
  3. ポジティブなニュアンスを持つ:
    「exceed」は、通常は良い結果を示すために使われます。例えば、目標を超えたり、期待を上回ったりすることは、ポジティブな成果を示します。
  4. 類義語との違いを理解する:
    「exceed」には「surpass」などの類義語がありますが、それぞれ微妙にニュアンスが異なります。どの単語が最も適切かを判断するためには、文脈をよく考えることが大切です。
例文:
  • We exceeded our budget this quarter.
    (今四半期は予算を超えました。)
  • The project’s success exceeded all expectations.
    (プロジェクトの成功はすべての期待を上回りました。)

これらのポイントを押さえることで、「exceed」を正しく、効果的に使えるようになります。それでは、次のセクションで具体的なビジネスシーンでの使い方について見ていきましょう!

 

 

ビジネスシーンでの使い方

「exceed」を使ったビジネスシーンでの具体的な例文を見てみましょう。これらの例を参考にして、自分のビジネスシーンでも使ってみてください。

売上が目標を超えた場合

売上が目標を上回ったとき、「exceed」を使ってどのように表現するか見てみましょう。

例文:
  • Our sales exceeded the quarterly target by 20%.
    (私たちの売上は四半期の目標を20%上回りました。)
  • This month’s revenue exceeded last month’s by $50,000.
    (今月の収益は先月よりも5万ドル多かったです。)

これらの例文では、具体的な数字や期間を示すことで、成果を明確に伝えています。

成績が期待を上回った場合

誰かのパフォーマンスやプロジェクトの成績が期待を上回ったときの表現を見てみましょう。

例文:
  • Her performance exceeded our expectations in the last project.
    (彼女のパフォーマンスは前回のプロジェクトで私たちの期待を上回りました。)
  • The project’s success exceeded all expectations.
    (プロジェクトの成功はすべての期待を上回りました。)

これらの例文では、個人やチームの努力が成果を上げたことを強調しています。

まとめ

「exceed」を使うことで、ビジネスの成果や成功を強調することができます。売上が目標を上回ったり、パフォーマンスが期待を超えたりした場合に、この動詞を使って効果的に伝えましょう。次のセクションでは、実際のビジネスシーンを想定した会話例を紹介します。

 

 

会話例:exceedを使った英会話

まずは、「exceed」を使ったシンプルな会話例を見てみましょう。

例文 1:

A: How did our sales perform last month?
(先月の売上はどうでしたか?)

B: They exceeded our expectations by 15%.
(私たちの期待を15%上回りました。)

A: That’s great news!
(それは素晴らしいニュースですね!)

例文 2:

A: Did the new marketing campaign work?
(新しいマーケティングキャンペーンは効果がありましたか?)

B: Yes, it exceeded our goals significantly.
(はい、目標を大幅に上回りました。)

A: Fantastic! Let’s keep it up.
(素晴らしい!この調子で続けましょう。)

これらのシンプルな会話例では、売上やマーケティングキャンペーンの成果が期待を上回ったことを伝えています。

実際のビジネスシーンを想定した会話

次に、実際のビジネスシーンを想定したもう少し詳しい会話例を見てみましょう。

例文 1:

A: Hi, John. Do you have the latest sales report?
(こんにちは、ジョン。最新の売上報告書はありますか?)

B: Yes, I do. I’m happy to report that our sales exceeded the quarterly target by 20%.
(はい、あります。売上が四半期の目標を20%上回ったことを報告できて嬉しいです。)

A: That’s excellent news! What do you think contributed to this success?
(それは素晴らしいニュースですね!この成功の要因は何だと思いますか?)

B: I believe it was the new marketing strategy we implemented last month.
(先月導入した新しいマーケティング戦略が要因だと思います。)

A: Great job, team! Let’s continue with this approach and aim even higher for the next quarter.
(素晴らしい仕事をしましたね、チーム!この方法を続けて、次の四半期ではさらに高い目標を目指しましょう。)

例文 2:

A: Good morning, Sarah. How did the team perform on the recent project?
(おはよう、サラ。最近のプロジェクトでチームのパフォーマンスはどうでしたか?)

B: Good morning! The team exceeded all expectations. They completed the project ahead of schedule and under budget.
(おはようございます!チームはすべての期待を上回りました。予定より早く、予算内でプロジェクトを完了しました。)

A: That’s impressive. I’ll make sure to recognize their hard work at the next meeting.
(それは素晴らしいですね。次の会議で彼らの努力を認めるようにします。)

B: Thank you. I’m sure they will appreciate that.
(ありがとうございます。きっと彼らも喜ぶでしょう。)

これらの会話例では、「exceed」を使ってビジネス成果を報告し、その成功を強調しています。具体的な成果や理由を説明することで、会話がより現実的で実践的になります。

まとめ

「exceed」を使った会話例を参考にして、あなたもビジネスシーンでこの単語を使ってみましょう。シンプルな表現から始めて、徐々に具体的な内容を含めることで、より効果的にコミュニケーションが取れるようになります。次のセクションでは、「exceed」の類義語と使い分けについて学びます。

 

 

exceedの類義語と使い分け

surpassとの違い

「exceed」と「surpass」はどちらも「超える」や「上回る」という意味を持つ動詞ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。

exceed:
  • 基準や限度を超える場合に使います。
  • 主に数量や規模について述べるときに使われることが多いです。
  • 例: 売上、予算、期待など。
surpass:
  • 人や物の質や能力が他のものを超える場合に使います。
  • 優れたパフォーマンスや能力を強調する場合によく使われます。
  • 例: パフォーマンス、業績、品質など。

使い分けのポイント

具体的な例文を見ながら、「exceed」と「surpass」の使い分けを理解しましょう。

例文 1: 売上が目標を超えた場合
  • exceed: Our sales exceeded our quarterly target by 20%.
    (私たちの売上は四半期の目標を20%上回りました。)
  • surpass: Our sales performance surpassed that of our main competitor.
    (私たちの売上成績は主要な競合を上回りました。)
例文 2: 成績が期待を上回った場合
  • exceed: Her performance exceeded our expectations.
    (彼女のパフォーマンスは私たちの期待を上回りました。)
  • surpass: Her skills surpassed those of her peers.
    (彼女のスキルは同僚のそれを上回りました。)

これらの例文から分かるように、「exceed」は数量や目標を超える場合に、「surpass」は質や能力が他のものを超える場合に使うと自然です。

まとめ

「exceed」と「surpass」は似た意味を持つ動詞ですが、使い方には微妙な違いがあります。数量や規模について述べるときは「exceed」、質や能力について述べるときは「surpass」を使うと良いでしょう。これらの違いを理解して、適切な単語を使い分けることで、より正確にビジネスの成果や状況を伝えることができます。次のセクションでは、「exceed」を使う際によくある間違いとその対策について学びます。

 

 

よくある間違いとその対策

使い方の間違い例

「exceed」を使う際に、よくある間違いをいくつか紹介し、それぞれの対策を見ていきましょう。

間違い例 1: 目的語がない
  • 間違い: Our sales exceeded.
  • 解説: 「exceed」は他動詞なので、何を超えたのかを示す目的語が必要です。
間違い例 2: 誤った前置詞の使用
  • 間違い: Our sales exceeded over the target.
  • 解説: 「exceed」は前置詞を伴わずに使われます。「over」などの前置詞は不要です。
間違い例 3: 適切でない文脈での使用
  • 間違い: Her kindness exceeded.
  • 解説: 「exceed」は具体的な数量や限度を超える場合に使われます。「kindness」のような抽象的な概念には通常使われません。

正しい使い方

正しい例 1: 目的語を明確にする
  • 正しい使い方: Our sales exceeded the target.
  • 解説: 「exceed」の後に「the target」という目的語を加えることで、何を超えたのかが明確になります。
正しい例 2: 前置詞を使わない
  • 正しい使い方: Our sales exceeded the quarterly target.
  • 解説: 前置詞を使わず、「exceed」の後に直接目的語を続けます。
正しい例 3: 適切な文脈での使用
  • 正しい使い方: Her performance exceeded our expectations.
  • 解説: 具体的な成果や評価に対して「exceed」を使います。

まとめ

「exceed」を正しく使うためには、目的語を明確にすることや、不要な前置詞を避けることが重要です。また、具体的な数量や限度を超える場合に使うことで、より自然な表現になります。これらのポイントを押さえて、「exceed」を効果的に使いこなしましょう。次のセクションでは、今回学んだことを振り返り、さらなる練習方法について紹介します。

 

 

まとめ

今日学んだ「exceed」は、ビジネスシーンで非常に役立つ表現です。目標を達成したり、期待を上回る成果を報告したりする際に、適切に使うことでプロフェッショナルな印象を与えることができます。

ポイントのおさらい:

  • 「exceed」は「超える」や「上回る」という意味の動詞。
  • 目的語を明確にし、前置詞を使わない。
  • 具体的な数量や限度を超える場合に使う。
例文の復習:
  • Our sales exceeded the quarterly target by 20%.
  • Her performance exceeded our expectations.

これらのポイントを意識して、実際のビジネスシーンで積極的に「exceed」を使ってみましょう。

さらなる練習方法

「exceed」をより自然に使いこなすために、以下の練習方法を試してみてください。

  1. 実際のビジネスシーンをシミュレーションする:
    • ミーティングやプレゼンテーションの場面を想定し、セリフを練習してみましょう。
    • 例: “Our team’s efforts have exceeded the project goals.”
  2. 英語日記をつける:
    • 日常のビジネス活動について英語で日記を書き、その中で「exceed」を使ってみましょう。
    • 例: “Today, I exceeded my productivity targets.”
  3. オンライン英会話を活用する:
    • オンライン英会話レッスンで、講師に「exceed」を使った会話練習をリクエストしてみましょう。
    • 例: 講師とのロールプレイで、上司に成果を報告するシチュエーションを練習。
  4. 他のビジネス単語と組み合わせて使う:
    • 「exceed」と一緒に使える他のビジネス単語(target, expectation, budgetなど)も覚えて、組み合わせて使う練習をしましょう。
    • 例: “Our expenses exceeded the budget, but our revenue also exceeded our initial forecasts.”

これらの練習方法を取り入れることで、「exceed」をより自然に、効果的に使えるようになります。ビジネス英語のスキルを向上させ、プロフェッショナルなコミュニケーションを目指しましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム