確実な成果を出すならRYO英会話ジム

比較的フォーマルなconvinceの意味とその使い方【語源もわかる】

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は比較的フォーマルなconvinceの意味とその使い方【語源もわかる】についてお話します。この記事を読めばconvinceの使い方が明確になります。それではまりましょう。

 

 

convinceの語源は?

「convince」の語源は、ラテン語の「convincere」に由来します。これは、「共に」を意味する「con-」と、「勝利する」を意味する「vincere」から成り立っています。つまり、「convincere」は、「共に勝利する」という意味であり、古代ローマ時代には、法廷などでの訴訟において、自分の主張を相手に認めさせることを意味していました。その後、「convince」は英語に取り入れられ、同様の意味で使われるようになりました。

 

 

無料トライアル実施中

convinceは「説得する」

パーティーに行くのか聞かれて…

アイヴァン
Mike convinced me to go to the party.
マイクは私を説得して、パーティーに行くことに同意させたよ。

 

 

会議はどうだったか聞くと…

ウィル
I was able to convince my boss to accept the new idea.
私は上司を説得して、新しいアイデアを受け入れさせることができました。

 

 

祖父の体が弱くなっていて…

スタローン
We convinced my grandfather to live with us.
祖父を一緒に暮むよう説得しました。

 

 

「convince」という単語は、相手を説得して、自分の考えや意見を受け入れるようにする時に使います。つまり「convince」は、説得力のある議論や証拠を使用して、人を説得するために使われます。またその結果、人が自分の考え方を変えることができます。

 

 

convinceはカジュアルな場面でも使える?

「convince」は比較的フォーマルな単語ですが、一般的な会話でも使われることがあります。ただし、カジュアルな会話では、より一般的な表現や単語が好まれることがあります。例えば、「persuade」や「talk into」、「get someone to do something」といった表現が、よりカジュアルな会話で使われることがあります。

  • 「persuade」の例文:I tried to persuade my friend to come with me to the concert, but she wasn’t interested. (私は友達を説得して一緒にコンサートに行こうとしたけど、彼女は興味がなかった。)
  • 「talk into」の例文: My mom talked me into going back to school to finish my degree. (母は私を説得して、学位を取りに戻るように説得しました。)
  • 「get someone to do something」の例文: I finally got my brother to clean his room after weeks of asking him. (数週間にわたって頼んでいた後、私はついに弟に自分の部屋を掃除させました。)

 

 

convinceの他の意味とその使い方

convinceには「確信させる」、「信じさせる」という意味もあります。

  1. 人を信じさせる、確信させる「convince」は、人が何かを信じたり、何かに確信を持ったりするように促すこともできます。例えば、The evidence convinced me of his innocence.という文は、「その証拠が彼の無実を私に信じさせた。」という意味です。
  2. 自信を与える:「convince」は、自分自身に対して自信を持たせることもできます。例えば、I convinced myself that I could do it.という文は、「私は自分自身に、それができると確信させた。」という意味です。

 

受動態でも使える

自分の考えを変える:最後に、「convince」は、自分自身が考えを変える場合にも使います。

ナオミ
I was convinced by his argument.
彼の主張によって私の考えが変わった。

 

 

 

convinceの発音は?

「convince」の発音は。kənˈvɪnsのように最初の音節は「kən」で、弱いアクセントがあります。次に、「v」と「ɪ」の音が続きます。最後の音節は「ns」で、強いアクセントがあります。また、「s」の音は、少し弱く発音されることが多いです。

 

 

convinceの名詞はある?

「convince」には名詞形があります。「conviction」は、「確信」、「信念」といった意味を持ちます。例えば、I have a strong conviction that we can succeed.という文は、「私は私たちが成功できるという強い確信を持っています。」という意味です。

また、He acted on his convictions and refused to compromise.という文は、「彼は自分の信念に基づいて行動し、妥協しなかった」という意味です。

 

 

今回お話した内容

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

説得に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が比較的フォーマルなconvinceの意味とその使い方【語源もわかる】でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム