3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

日常会話からビジネスまで!「について」「に関して」の英語表現12選徹底ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!RYO英会話ジムです。この記事では、日本語の「について」や「に関して」を英語でどのように表現するか、そしてそれぞれの表現をどの場面で使うのが適切かについて詳しく解説します。

英語学習者の皆さんの中には、同じ「について」や「に関して」を英語でどう言い換えるか迷ったことがある方も多いと思います。実際、英語にはこれらの日本語に相当する表現がいくつかあり、それぞれのニュアンスや使い方が異なります。

この記事の目的は、日常会話からビジネスシーン、さらに書面でのコミュニケーションにおいて、適切な英語表現を選べるようになることです。具体的な例文や使い分けのポイントを分かりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英語の「about」や「regarding」などの基本的な表現から、フォーマルな場面で使える表現まで、幅広くカバーします。また、実際の会話や文章でどのように使うかを具体的にイメージできるよう、例文も多数紹介します。

このガイドを通じて、皆さんが自信を持って英語で「について」や「に関して」を使いこなせるようになることを願っています。それでは、一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「について」「に関して」の基本表現

基本的な表現:「about」と「regarding」

英語で「について」や「に関して」を表現する際、最も一般的に使われるのが「about」と「regarding」です。それぞれの使い方と具体的な例文を見てみましょう。

「about」の使い方と例文

「about」は、日常会話やカジュアルな場面でよく使われる表現です。「〜について」という意味を持ち、幅広い状況で使えます。

例文:

  1. What do you think about this movie?
    • この映画についてどう思いますか?
  2. I read a book about space exploration.
    • 宇宙探査についての本を読みました。
  3. She talked about her recent trip to Italy.
    • 彼女は最近のイタリア旅行について話しました。

「regarding」の使い方と例文

「regarding」は「〜に関して」という意味で、ややフォーマルな表現です。ビジネスシーンや正式な文書でよく使われます。

例文:

  1. I have a question regarding your proposal.
    • あなたの提案に関して質問があります。
  2. We received several complaints regarding the service.
    • サービスに関していくつかの苦情を受け取りました。
  3. Regarding the meeting next week, please prepare the following documents.
    • 来週の会議に関して、以下の資料を準備してください。

使い分けのポイント

「about」はカジュアルで幅広いシチュエーションで使えるのに対し、「regarding」はフォーマルな場面や書面でのコミュニケーションに適しています。使い分ける際は、相手との関係性や場面のフォーマルさを考慮すると良いでしょう。

これらの基本的な表現を理解することで、日常会話からビジネスシーンまで、さまざまな状況で「について」や「に関して」を適切に使いこなせるようになります。

 

 

ビジネスシーンでの使い分け

「concerning」と「in regard to」はどちらもビジネスシーンで頻繁に使われる表現で、「〜に関して」という意味を持ちます。それぞれのニュアンスと使用例を見てみましょう。

「concerning」の使い方と例文

「concerning」はややフォーマルで、特定のトピックや問題について言及する際に使われます。

例文:

  1. There are some issues concerning the new project timeline.
    • 新しいプロジェクトのタイムラインに関していくつかの問題があります。
  2. I have a few questions concerning the budget report.
    • 予算報告書に関していくつか質問があります。
  3. The email you sent concerning the meeting was very helpful.
    • 会議に関するあなたのメールはとても役立ちました。

「in regard to」の使い方と例文

「in regard to」は非常にフォーマルな表現で、公式な文書やビジネスコミュニケーションでよく使われます。

例文:

  1. In regard to your recent inquiry, we will provide a detailed response soon.
    • 最近のお問い合わせに関して、詳細な回答を近日中に提供いたします。
  2. We need to make a decision in regard to the new marketing strategy.
    • 新しいマーケティング戦略に関して決定を下す必要があります。
  3. There are new regulations in regard to employee safety.
    • 従業員の安全に関する新しい規則があります。

フォーマルな場面での「regarding」の使い方

「regarding」は「〜に関して」という意味で、ビジネスシーンやフォーマルな場面でもよく使われます。特に、メールや報告書などで頻繁に使われます。

例文:

  1. Regarding the upcoming conference, please submit your presentation slides by Friday.
    • 今後の会議に関して、プレゼンテーションのスライドを金曜日までに提出してください。
  2. I am writing to you regarding your application for the manager position.
    • マネージャー職への応募に関してご連絡差し上げております。
  3. We have some concerns regarding the quality of the recent deliveries.
    • 最近の納品の品質に関していくつか懸念があります。

使い分けのポイント

ビジネスシーンでは、トピックの重要性や文書のフォーマルさに応じて表現を選ぶことが重要です。「concerning」は特定の問題やトピックについて話す際に、「in regard to」は非常にフォーマルな場面で、「regarding」は一般的なビジネスコミュニケーションで幅広く使えます。これらの表現を適切に使い分けることで、ビジネスにおけるコミュニケーションがより効果的になります。

 

 

書面での使い分け

ビジネスにおける書面のコミュニケーションでは、「regarding」や「with respect to」を使うことで、特定のトピックに関する情報を明確に伝えることができます。それぞれの使い方と例文を見てみましょう。

「regarding」の使い方と例文

「regarding」は、ビジネスメールや報告書で頻繁に使われる表現で、「〜に関して」という意味です。非常に一般的で広く使われるため、多くの場面で適用可能です。

例文:

  1. Regarding the upcoming project, we need to finalize the budget by next week.
    • 今後のプロジェクトに関して、予算を来週までに確定する必要があります。
  2. I am writing to you regarding the recent changes in the company policy.
    • 会社の方針変更に関してご連絡差し上げております。
  3. Please find the attached document regarding the quarterly financial report.
    • 四半期の財務報告に関する添付資料をご覧ください。

「with respect to」の使い方と例文

「with respect to」は「〜に関して」という意味で、ややフォーマルなニュアンスを持ちます。特に報告書や公式な文書で使われることが多いです。

例文:

  1. With respect to the recent audit, we have identified several areas for improvement.
    • 最近の監査に関して、いくつかの改善点を特定しました。
  2. The company has made several decisions with respect to the new hiring process.
    • 新しい採用プロセスに関して、会社はいくつかの決定を下しました。
  3. With respect to your inquiry, we will provide further information in due course.
    • お問い合わせに関して、追って詳細をご提供いたします。

「in connection with」の使い方と例文

「in connection with」は「〜に関連して」という意味で、特定のトピックや問題に関連する事項を述べる際に使います。フォーマルな表現であり、ビジネス文書や公式なコミュニケーションで使用されます。

例文:

  1. We are investigating issues in connection with the recent system outage.
    • 最近のシステム障害に関連する問題を調査しています。
  2. In connection with the merger, several key positions will be restructured.
    • 合併に関連して、いくつかの主要なポジションが再構築されます。
  3. Please provide any documents in connection with your previous employment.
    • 前職に関連する書類を提出してください。

使い分けのポイント

書面でのコミュニケーションでは、表現のフォーマルさとトピックの関連性に応じて適切な表現を選ぶことが重要です。「regarding」は一般的で広く使える一方、「with respect to」はややフォーマルで、「in connection with」は特定の関連事項について述べる際に適しています。これらの表現を使い分けることで、ビジネス文書やメールの内容をより明確かつ効果的に伝えることができます。

 

 

よりカジュアルな表現

カジュアルな場面や友達との会話では、「on」や「as for」といった表現がよく使われます。これらの表現は、日常的なトピックについて話す際に非常に便利です。

「on」の使い方と例文

「on」は「〜について」という意味で、カジュアルな場面で広く使われます。

例文:

  1. What’s your opinion on this new app?
    • この新しいアプリについてどう思いますか?
  2. I read an article on climate change yesterday.
    • 昨日、気候変動についての記事を読みました。
  3. Do you have any tips on improving my English?
    • 英語を上達させるためのアドバイスはありますか?

「as for」の使い方と例文

「as for」は「〜について言えば」「〜に関しては」という意味で、会話の中で特定のトピックを引き合いに出す際に使われます。

例文:

  1. As for dinner, how about we try that new Italian place?
    • 夕食に関しては、新しいイタリアンの店に行ってみるのはどうですか?
  2. As for your question, I’ll need to check with my manager.
    • あなたの質問に関しては、マネージャーに確認する必要があります。
  3. As for the weather, it’s supposed to be sunny all week.
    • 天気に関しては、今週はずっと晴れるそうです。

友達との会話で使えるフレーズ

カジュアルな会話では、自然な表現やフレーズを使うことで、リラックスした雰囲気を作ることができます。以下は、友達との会話で使えるいくつかのフレーズです。

例文:

  1. Speaking of…
    • Speaking of the weekend, do you have any plans?
      • 週末について言えば、何か予定はありますか?
  2. By the way…
    • By the way, have you seen the latest movie?
      • ところで、最新の映画を見ましたか?
  3. What about…
    • What about going for a hike this weekend?
      • 今週末、ハイキングに行くのはどうですか?
  4. In terms of…
    • In terms of food, do you prefer Italian or Japanese?
      • 食べ物に関しては、イタリアンと和食のどちらが好きですか?

使い分けのポイント

「on」や「as for」はカジュアルな会話で非常に便利な表現です。友達との会話では、自然なフレーズを使うことで、リラックスした雰囲気を作り、よりスムーズなコミュニケーションができます。これらの表現を使いこなすことで、日常会話がより楽しくなります。

 

 

まとめ

「について」「に関して」の英訳まとめ

この記事では、日本語の「について」や「に関して」を英語で表現するさまざまな方法について説明しました。以下に、それぞれの英訳と基本的な使い方をまとめます。

  1. about
    • 一般的でカジュアルな場面で使える。
    • 例: What do you think about this idea?
  2. regarding
    • ややフォーマルで、ビジネスシーンや書面でよく使われる。
    • 例: I have a question regarding your proposal.
  3. concerning
    • 特定の問題やトピックについて話す際に使う。
    • 例: There are some issues concerning the new project timeline.
  4. in regard to
    • 非常にフォーマルで、公式な文書やビジネスコミュニケーションで使われる。
    • 例: In regard to your recent inquiry, we will provide a detailed response soon.
  5. with respect to
    • ややフォーマルで、特に報告書や公式な文書で使われる。
    • 例: With respect to the recent audit, we have identified several areas for improvement.
  6. in connection with
    • 特定の関連事項について述べる際に使うフォーマルな表現。
    • 例: We are investigating issues in connection with the recent system outage.
  7. on
    • カジュアルな場面で広く使える。
    • 例: What’s your opinion on this new app?
  8. as for
    • 会話の中で特定のトピックを引き合いに出す際に使う。
    • 例: As for dinner, how about we try that new Italian place?

シチュエーション別の使い分けのポイント

英語で「について」や「に関して」を表現する際には、シチュエーションに応じて適切な表現を選ぶことが重要です。以下に、場面別の使い分けのポイントをまとめます。

  1. 日常会話
    • 「about」や「on」を使うと自然でカジュアルな印象になります。
    • 例: What do you think about this movie? / I read an article on climate change.
  2. 友達との会話
    • 「as for」や「regarding」を使うと、少し特定のトピックについて話すことができます。
    • 例: As for the weekend, do you have any plans? / Regarding your idea, I think it’s great!
  3. ビジネスシーン
    • 「regarding」、「concerning」、「in regard to」を使うと、フォーマルな印象を与えます。
    • 例: Regarding the upcoming project, we need to finalize the budget. / There are issues concerning the timeline.
  4. 書面でのコミュニケーション
    • 「regarding」、「with respect to」、「in connection with」を使うと、公式な文書やメールでのやり取りがスムーズになります。
    • 例: With respect to the recent audit, we have identified several areas for improvement. / We are investigating issues in connection with the recent system outage.

これらの表現をシチュエーションに応じて使い分けることで、英語のコミュニケーションがより効果的かつ自然になります。ぜひ、日常会話やビジネスシーンでこれらの表現を活用してみてください。

 

 

最後に

この記事をお読みいただき、ありがとうございます。日本語の「について」や「に関して」を英語でどのように表現するかについて、少しでも理解が深まったことを願っています。英語の表現は多岐にわたりますが、適切な使い分けを知ることで、日常会話やビジネスコミュニケーションが一層スムーズになります。

英語学習は継続が大切です。今回学んだ表現を実際の会話やメールで積極的に使ってみてください。最初は少し難しいかもしれませんが、練習を重ねることで自然に使えるようになります。

これからも、皆さんが英語を楽しく学び、自信を持って使えるようになることをサポートしたいと考えています。質問や疑問点があれば、ぜひコメントやメッセージで教えてください。皆さんの英語学習の役に立つ情報を提供していけるよう、これからも努力していきます。

最後に、この記事を最後までお読みいただき、心から感謝いたします。皆さんの英語学習がより楽しく、実りあるものとなりますように。また次回の記事でお会いしましょう!

Thank you and happy learning!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム