3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

成功のカギは「人事」英語:ビジネスで使えるフレーズとポイント解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

「人事」はビジネスにおいて欠かせない要素であり、組織内での人材管理や労務に関する重要な機能を担っています。今回は、ビジネス英語における「人事」の表現とその使い方に焦点を当て、実践的な表現を紹介します。

 

 

「人事」の英語表現と使う場面の解説

Human Resources (HR)

一般的で形式張った場面で使用。企業全体の人事機能を指す。

Personnel Department

よりフォーマルな文脈で使用され、特定の企業や組織の人事部門を指す。

Staffing and Recruitment

主に採用や人材確保に焦点を当てた場面で使用。

 

 

無料トライアル実施中

例文

アイヴァン
I need to discuss a personal matter with someone from Human Resources.
私は人事の担当者と個人的な問題について話す必要があります。

 

 

ナオミ
来週、人事部門が全従業員向けの研修セッションを実施します。

 

 

リョウ
The success of our projects depends heavily on the efforts of the Staffing and Recruitment team.
当社のプロジェクトの成功は、主に人事チームの努力に依存しています。

 

 

 

似たような表現

Personnel Management(人事管理)

「Personnel Management」は、「人事」よりも広い範囲を指し、組織全体の人材に関する戦略的な計画や運営を含みます。これは、採用、配置、トレーニング、評価など、組織内での従業員の生涯全体にわたる管理に焦点を当てています。単なる雇用関係だけでなく、従業員の発展や組織の目標にも関わる包括的な概念です。

Employee Relations(従業員との関係)

「Employee Relations」は、従業員と組織との相互作用やコミュニケーションに焦点を当てた概念です。これは、労使関係、コミュニケーション戦略、労働条件の確立などを含みます。従業員が満足し、効果的に仕事に取り組むためには、良好な従業員との関係が欠かせません。したがって、これは組織内の協力とコミュニケーション戦略の一環となります。

Workforce Planning(人材計画)

「Workforce Planning」は、組織が将来的な目標や業務の変化に備えて、効果的な人材を戦略的に計画するプロセスです。これは、将来の需要に応じて必要なスキルや資格を分析し、適切な人材を確保するための戦略を策定することを含みます。組織が変化する環境に適応し、成功するためには、適切な人員を戦略的に配置する必要があります。

 

 

関連する語彙とその例文

Performance Appraisal

  • 例文:”The annual performance appraisal is a crucial process for employee development and feedback.”
  • 「年次のパフォーマンス評価は、従業員の成長とフィードバックのための重要なプロセスです。」

Onboarding

  • “Our onboarding program ensures that new hires quickly adapt to the company culture.”
  •  「当社のオンボーディングプログラムは、新入社員が迅速に企業文化に適応することを保証します。」

“Onboarding”は、新しい従業員が組織に参加し、仕事や環境に適応するプロセスを指します。これは、入社手続きや研修など、新入社員が職場の文化や業務に慣れ、円滑に業務に参加できるようにサポートされる一連の活動や取り組みを含みます。オンボーディングは、新入社員が迅速かつ効果的に組織に統合され、最良のパフォーマンスを発揮できるようにするための重要な過程です。

 

 

押さえておきたいポイント

  • フォーマルな文脈では「Human Resources」が一般的。しかし、具体的な部門を指す場合は「Personnel Department」が使用されることもある。
  •  「Staffing and Recruitment」は新しい才能の獲得やプロジェクトの成功に密接に関連している。

 

 

 

 

関連する記事

 

 


 

この記事では、ビジネスで頻繁に使われる「人事」に関する英語表現とその使い方を解説しました。適切な表現を使いこなすことで、効果的なコミュニケーションと円滑な人事プロセスを実現できるでしょう。ビジネス環境での成功に向けて、ぜひこれらの表現を活用してみてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム