自分たちで賃貸!ゴールドコースト、サーファーズパラダイスでのシェアハウス体験談

こんにちは、リョウです。

朝起きて、仕事に行き帰ってきて、またRYO英会話ジムの仕事をして、そんな忙しい日々を過ごす中、ふと昔のオーストラリア生活を思い出した。

あまり思い出すことはなかったけど、ここ最近、自分の経験をブログにし初めてから思い出すことが多くなってきた。

僕がオーストラリアに行ったのは、2010年のこと。

まだ大学生で就職する前にどうしてもオーストラリアに行って本場の英語を身につけたかった。

だから僕は、卒業半年前にもかかわらずオーストラリアにいくことを決意した。

親からは、卒業してから行けばいいやん。

卒業すれば、好きにすればいい。

まずは卒業して。

そんな風に言われたことを覚えている。

何か物事をやろうとするとき、自分はやりたいと持ったら先延ばしにできない性格だ。

だから、親には、今やりたいから行かせて、とちょっと強引だったが、1年のオーストラリアワーキングホリデーにいくことになった。

もともとは、僕はカナダに行きたかった。

でも当時付き合っていた彼女はオーストラリアがいいと言い張った。じゃあ、ジャンケンだ。

結果は、負け。そんな簡単でいいのかと思ったが、所詮カナダへ行きたいという思いもその程度だったのかもしれない笑。

正解だったのかはわからないが、振り返ってみるとオーストラリアへ行ってすごくよかった。

今まで自分が経験したことのなかったシェアハウス生活は最高だった。

普通は、すでに現地の人が所有している、もしくは賃貸しているシェアハウスに住まわせてもらうのだが、ぼくたちは、ユニークな人たちを選んで、彼らと住んでみたかったので、自分たちでユニットを借りて、シェアハウス生活を始めた。

ピンク色のが当時住んでいたアパート。隣にすぐ湖があって、大変景色がよかった

 

隣にいる女性は当時の彼女の親友です笑。しかし、ぼくのファッションださw

 

いつもみんなが集まるリビングルーム

 

いつもここのリビングに集まって、話の浅い会話から深い会話までした。

集まったメンバーは、それぞれいろんな目的を持ってオーストラリアにきていた。

でも、知り合う確率の低い、オーストラリアで知り合った日本人ということで、不思議と強い仲間意識があって、たくさんのことを話せた。

それぞれみんななりたい自分を模索している旅のような感じで、そんな日々が、青春でとても楽しかった。

 

一番右にいるのは、韓国人。彼は今バンコクに移住し、韓国レストランを経営している。

オーストラリアにいるときから、どこか普通の韓国人とは違うところが魅力的だった。

いつも彼といたのだが、考え方がいつも新しいことを求めていて、挑戦的だった。

そんなところが僕は好きだった。大学を卒業しても一般企業には1年ほどしか勤めず、退職してすぐに親戚と起業した。

人生に対して、挑戦的な彼がとてもうらやましかった。

今は、バンコクで奥さんと子供と一緒に幸せに暮らしている。

 

シェアメイトの誕生日会

 

僕たちが住んでいたアパートでパーティーをするとなると、いつもたくさんの人たちが集まった。

シェアメイトの友達やその友達がパーティーがあると聞きつけて、みんな集まってくるのだ。

この場が、いつも人と人との出会いの場だった。

日本人だけでなく、ヨーロッパ人やオーストラリア人、アメリカ人、中国人、韓国人とみんな国籍関係なく、文化の違いや価値観の違いを語り合った。

 

 

こんなオーストラリアのシェアハウス生活も、その時はなんでもなかったけど、今となっては宝物の経験だと思える。

思い切って挑戦した先に必ず、新鮮さや楽しさがある。

人生まだまだ長い。

年を重ねても、心の若さは失いたくないし、そんな新鮮さを常に持ちながらこれからも生きていきたい。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、オーストラリアでのシェアハウス生活でした。

オーストラリアのワーホリを考えられている方は、参考までに僕がいいと思うエージェント、留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】をオススメします。

カウンセリングが無料ですし、スタッフの方はみんなワーホリ経験者!

ご興味があれば、一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

それでは、See you around!

 

 

なんで僕が?オーストラリア、ゴールドコーストで7人から集団リンチに会う。初めて海外の怖さを知った世間知らずな自分

2018.03.01

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中