実は、アイヴァンのいとこはアメリカ人とオーストラリア人

こんにちは、リョウです。

今日は、フィリピン生活についてゆるーくシェアしたいと思います。

先日、オーストラリアに住む、アイヴァンのいとこ、EJと一緒にランチに行ってきました。

日本食が食べたいということで、グリーンベルトモールにあるトンテキ屋で食事をして、そのあと、サンマルクカフェでお茶してきました。

サンマルクカフェにて

海外に住むアイヴァンの親戚に会うのは、これでもう3度になります。

初めてあったのは、EJのお姉さん、マリアで、その次はアメリカに住むジャスティン。

年に1度は、フィリピンに訪れて親戚に会いに来ます。

関取にて:右奥がマリア。右手前がアイヴァンのお兄さんですが、こうやってみると3人とも似てますね(笑)

 

グリーンベルトにて:一番左にいるのがジャスティン

こんなアイヴァンの環境に、初めはすごく違和感を感じました。

それと同時に、正直とても興味深かったのを覚えています。

日本に生まれ、日本に育った僕には、常識を超えた環境だったからです。

普通、親戚は日本に住んでいるのが当たり前で、海外に住んでいたとしてもリタイアメントライフや仕事といったことが多いかと思います。

僕の家族や親戚でいうと、海外で住んでいるのは僕一人だけです。

周りからすれば変わったタイプの人間だと思われていると思います(笑)

アイヴァンの親戚はというと、半分ぐらいは、いとこたちの両親が若い頃にアメリカやカナダ、オーストラリアに移住しています。

中には、こちらで出会ったアメリカの旦那さんと一緒に帰国した親戚の方もいます。

海外への移住が成功するのも、英語が堪能なところや環境にすぐに適応できる国民性だからなんでしょうね。

日本人の私たちは、先進国の中でも特に安全で快適な国に住んでいる影響で、日本以外の国に本当の意味で、順応して住める人はあまりいないのでは?と思ったりします。

 

話が脱線しましたが、そういう背景があり、EJやマリア、ジャスティンはオーストラリアやアメリカで育っているので、心は完全に欧米人です。

心だけでなく体つきも完全に欧米化していて、面白い。

特にEJは、フィリピンではあまり見ない長身で体がとてもでかい。

身長はおそらく185センチほどあるんじゃないかな。

そして、その中に僕のような海外で働く生粋の日本人が入って、なんか変な組み合わせです(笑)

それぞれが全く違う環境で生まれ育って、価値観ももちろん違うはず。

でも、英語という共通言語を通じて感じたことや考えを、伝え合い、そしてなぜか分かり合えてしまうのが、面白くて、そして嬉しい。

南蛮亭にて:ジャスティンはアメリカとフィリピンのハーフ

そういったところに国際言語である、英語の醍醐味があるんだなと改めて感じました。

 

同じ地球に住んでいれば、同じ仲間。

そういう風に思えるようにもなってきました。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、アイヴァンの海外に住む愉快な仲間たち、いとこでした。

それでは、See you around!

 

 

タガイタイの"Wind Residences"コンドミニアム付近のスタバがオシャレな件

2018.03.04

フィリピン、アラバンのフェスティバルモールにちょこっと行ってきた

2018.03.03

国際交流が生まれる、マカティKLタワーのサウナが最高!

2018.02.12
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中