3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

営業マン必見!「案件」の英語表現とその使い方トップ4

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

ビジネスで使う「案件」の意味とは?

「案件」とは、ビジネスや商売、営業活動において取り扱われる特定のプロジェクトや取引、顧客の依頼事項などを指します。この言葉は、業務の進捗や成果を左右する重要な要素として扱われます。

例えば、新規顧客からの依頼であったり、社内で進めているプロジェクトのことを「案件」と呼びます。案件の進行状況や結果は、ビジネスの成功に直結するため、その管理や遂行には高い注意が必要です。

案件の重要性

ビジネスにおいて「案件」が重要な理由は以下の通りです:

  1. 収益の源泉:
    案件は直接的に会社の収益に影響を与えます。特に新規の大きな案件や長期的なプロジェクトは、会社の成長に大きく寄与します。
  2. 顧客満足度の向上:
    案件をスムーズに遂行し、顧客の期待に応えることで、顧客満足度が向上し、リピーターや口コミによる新規顧客獲得に繋がります。
  3. リソースの効率的な活用:
    案件を適切に管理することで、人的リソースや時間、資金などのリソースを効率的に配分でき、業務全体の効率が向上します。

このように、「案件」はビジネスの成否を分ける重要な要素であり、その管理と遂行は非常に重要です。本記事では、「案件」を英語でどのように表現し、実際のビジネスシーンでどのように使うかを詳しく解説します。

 

 

無料トライアル実施中

案件を表す英語の表現

ビジネスシーンで「案件」を表す英単語はさまざまありますが、代表的なものとして以下の4つが挙げられます。それぞれの単語の意味と使い方を見てみましょう。

1. Project

意味: プロジェクト、計画

使い方: “Project” は、特定の目的を持って行われる計画や業務を指します。一般的に、複数のタスクや活動が連携して進行するものを意味します。

例文:
  • “We have a new project to develop a mobile application.”
    (私たちは新しいモバイルアプリを開発するプロジェクトがあります。)
  • “The project is expected to be completed by the end of the year.”
    (そのプロジェクトは年末までに完了する予定です。)

2. Case

意味: ケース、事例

使い方: “Case” は、特定の事象や問題、事件などを指します。ビジネスでは、特定の顧客の依頼や問題を扱う際に使われます。

例文:

3. Deal

意味: 取引、契約

使い方: “Deal” は、商取引や契約を指します。特に、売買やビジネスの交渉に関連する文脈で使われます。

例文:

4. Opportunity

意味: 機会、好機

使い方: “Opportunity” は、ビジネス上の好機や成長の機会を指します。新しい市場や顧客獲得のチャンスなどに使われます。

例文:

これらの単語は、それぞれ異なるニュアンスを持ちながらも、「案件」を指す際に適切に使い分けることで、ビジネスコミュニケーションをより効果的に行うことができます。

 

 

実際の使い方

以下に、「案件」を表す各単語を使った例文を紹介し、その文中での使い方を説明します。

1. Project

例文: “We have a new project to develop a mobile application.”

  • 和訳: 私たちは新しいモバイルアプリを開発するプロジェクトがあります。
  • 説明: この例文では、「プロジェクト」として新しいモバイルアプリの開発計画を指しています。複数のタスクやステップを含む広範な計画や業務に適しています。

例文: “The project is expected to be completed by the end of the year.”

  • 和訳: そのプロジェクトは年末までに完了する予定です。
  • 説明: ここでは、「プロジェクト」の進行状況と完了予定を述べています。具体的な期間や期限が設定されていることが多いです。

2. Case

例文: “We need to discuss the Smith case at the next meeting.”

  • 和訳: 次の会議でスミス氏のケースについて話し合う必要があります。
  • 説明: この例文では、「ケース」としてスミス氏に関連する特定の事例や問題を指しています。特定の顧客や問題に焦点を当てる際に使われます。

例文: “This case requires immediate attention.”

  • 和訳: このケースは直ちに対応が必要です。
  • 説明: ここでは、「ケース」として直ちに対応が必要な問題を指しています。緊急性や重要性を強調する際に使われます。

3. Deal

例文: “We closed a big deal with the new client.”

  • 和訳: 私たちは新しいクライアントとの大きな取引をまとめました。
  • 説明: この例文では、「取引」として新しいクライアントとの大きな契約をまとめたことを表しています。商取引や契約の成立に焦点を当てています。

例文: “The deal is expected to bring significant profits.”

  • 和訳: その取引は大きな利益をもたらすと期待されています。
  • 説明: ここでは、「取引」がもたらすと期待される大きな利益について述べています。ビジネスの成功や収益に関連する文脈で使われます。

4. Opportunity

例文: “This is a great opportunity to expand our business.”

  • 和訳: これはビジネスを拡大する絶好の機会です。
  • 説明: この例文では、「機会」としてビジネスを拡大するチャンスを指しています。成長や発展の好機に関連する文脈で使われます。

例文: “We should seize the opportunity to enter the Asian market.”

  • 和訳: 私たちはアジア市場に参入するこの機会をつかむべきです。
  • 説明: ここでは、「機会」としてアジア市場に参入するチャンスをつかむべきだと述べています。新しい市場や顧客獲得の可能性に焦点を当てています。

これらの例文を参考にすることで、各単語を文中でどのように使うかが明確になり、実際のビジネスシーンで効果的に活用することができます。

 

 

ビジネスシーンでの応用例

ビジネスメールで「案件」を適切に表現することは、プロフェッショナルなコミュニケーションを確立するために非常に重要です。以下に、ビジネスメールでの「案件」の適切な使い方を例文付きで紹介します。

1. Project

例文: “We have a new project that we need to discuss.”

  • 和訳: 新しいプロジェクトについて話し合う必要があります。
  • 説明: この文では、新しいプロジェクトについて話し合う必要があることを伝えています。ミーティングやディスカッションのアジェンダとして使うのに適しています。

例文: “I would like to update you on the current status of our project.”

  • 和訳: 進行中のプロジェクトの現状について報告したいと思います。
  • 説明: ここでは、進行中のプロジェクトの現状について報告したい旨を伝えています。プロジェクトの進捗報告や情報共有に使います。

2. Case

例文: “We need to review the Smith case in our next meeting.”

  • 和訳: 次の会議でスミス氏に関する案件を見直す必要があります。
  • 説明: この文では、次の会議でスミス氏に関する案件を見直す必要があることを伝えています。特定の顧客や問題についての議論に適しています。

例文: “Could you provide more details about this case?”

  • 和訳: この案件についての詳細を教えていただけますか?
  • 説明: ここでは、特定の案件についての詳細情報を求めています。追加情報や説明を求める際に使います。

3. Deal

例文: “We have finalized the deal with our new partner.”

  • 和訳: 新しいパートナーとの取引が成立しました。
  • 説明: この文では、新しいパートナーとの取引が成立したことを伝えています。取引の成立や契約の締結に関する報告に使います。

例文: “We need to negotiate the terms of the deal.”

  • 和訳: 取引条件の交渉が必要です。
  • 説明: ここでは、取引条件の交渉が必要であることを伝えています。交渉や契約内容の確認に使います。

4. Opportunity

例文: “We have an exciting opportunity to collaborate with a leading tech company.”

  • 和訳: 先進的なテクノロジー企業と協力する興味深い機会があります。
  • 説明: この文では、先進的なテクノロジー企業と協力する興味深い機会があることを伝えています。新しい協力関係やビジネスチャンスの提示に適しています。

例文: “This opportunity could significantly boost our market presence.”

  • 和訳: この機会は、市場での存在感を大幅に高める可能性があります。
  • 説明: ここでは、この機会が市場での存在感を大幅に高める可能性があることを伝えています。ビジネスの成長や拡大の可能性を強調する際に使います。

 

 

まとめ

記事の内容を振り返り

この記事では、ビジネスや商売、営業の「案件」を英語でどのように表現するかについて詳しく解説しました。まず、「案件」を表す4つの代表的な英単語(”Project”、”Case”、”Deal”、”Opportunity”)の意味と使い方の違いを説明しました。その後、各単語を使った実際の使い方として、ビジネスメールでの表現例と会話での自然な使い方をシチュエーション別に紹介しました。

それぞれの単語が持つニュアンスを理解し、適切な文脈で使い分けることで、ビジネスシーンでのコミュニケーションがより効果的になることを目指しました。

読者への感謝

この記事を通じて、ビジネスシーンで「案件」を英語で表現する方法を学び、実践できるようになったことを願っています。読んでいただき、本当にありがとうございます。皆さんのビジネス英語のスキル向上に少しでも貢献できたなら幸いです。今後もさらに役立つ情報を提供していきますので、どうぞよろしくお願いします。

ぜひ、この記事の内容を日々のビジネスコミュニケーションに活かしてください。そして、何か疑問や質問があれば、お気軽にコメントやお問い合わせをお寄せください。読者の皆さんのサポートが私たちの励みです。ありがとうございました!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム