和製英語?「テレワーク」の英語表現4選とその使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は和製英語?「テレワーク」の英語表現とその使い方についてお話します。コロナの影響で家から仕事をするという経験をもうすでにした方は多いのではないでしょうか。日本に限らず実はアメリカでもそこまで馴染みのない働き方で2018年度の統計によると24%の人のみがテレワークを経験したそうです。それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

和製英語?「テレワーク」の英語表現とその使い方

同僚とランチをしていて…

リョウ
My boss suddenly asked us to telecommute
上司から突然家から働くように言われたわ。

 

同僚と電話をしていて…

ナオミ
Teleworking is not easy.
テレワークって簡単じゃないわ。

 

明日から家で働くことになり…

マイク
I have never experienced in working remotely though.
遠隔で働いた経験一度もないんだけど。

 

家から働き出した同僚に…

リョウ
How’s working from home?
家から働くのはどう?

 

いかがでしたか?いろいろな言い方が実はあります。テレワークに関しては和製英語だと思っていた方もいるかもしれませんが、英語圏でも使われる単語です。意味は「(電話やパソコンなどを使って)家から仕事をする」です。そして”telework”だけでなく“telecommute”も使われます。”commute”は「通勤する」という意味です。さて、どちらがより使われるのか調べてみました。以下の通りです。

使用頻度

圧倒的に”telework”が多い結果となりました。一番定番なのが”work from home”ですね。とてもシンプルな言い方なのでこちらも”telework”と同じぐらい使われています。そして3つ目の例文で紹介している”working remotely”ですが、日本語でもリモートワークという言葉が普及してきていますが、英語圏でも同じ言い方をします。ただしポイントとしては「家だとは限らない」ということです。大抵の場合、家で働くことになりますが、”remotely”「遠隔で」という意味からco-working spaceやcoffee shopから働くときも”work remotely”を使うことができます。それでは、全体を通しての使用頻度をみてみましょう。

使用頻度

こういう結果となりました。テレワークという単語に関しては一時トレンド的になっていますね。本当に驚くほど急に使用頻度が上がっていますね。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

workに関連する記事

めっちゃ簡単”work for”と”work at”そして”work in”の違いと使い分け

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、和製英語?「テレワーク」の英語表現4選とその使い方でした。それでは、See you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせに飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・質の高い講師陣

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter