前置詞じゃない?間を埋める言葉”like”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。

今日は前置詞じゃない?間を埋める言葉”like”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めばさらに英語を自然に話せるようになります。

それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

前置詞じゃない?間を埋める言葉”like”の意味とその使い方

彼とのデートはどうだったか聞かれて…

ナオミ
Oh my gosh. It was, like, the worst date I’ve ever been on.
ありえない。今までのデートの中で最悪だったわ。

 

なんで東京にきたのか聞かれて…

リョウ
Because, like, Tokyo is the best city in Japan.
東京は日本で一番の都市やから。

 

いかがでしたでしょうか。よく文を見ると前置詞としての”like”「〜のような」としての意味ではないのがわかります。1つ目は「〜のような」という意味でも通用しますので誤解を与えてしまいそうですが話者は特に意味をなさないlikeとして使っていることになります。前置詞のlikeであれば以下例文のようになりますね。

アイヴァン
He is like my ex.
彼は私の元彼に似てるわ。

 

このようにlikeは“similar to”のような意味になるのが前置詞です。ただし今回ご紹介しているのはそれではなく何も意味をなさない言葉のlikeでおもに若者(35際以下)がよく使うスラングのようなものです。カジュアルに使われるので友達や同年代の間で使われるのが普通です。特に女性がよく使う傾向があります。

なのでビジネスやフォーマルな場面でこういった表現を使うのは子供っぽく感じられます。さらにたくさんlikeを文に入れてしまうとあなたが何を話しているのかよくわかっていないようにも聞こえます。

マイク
I met up with, like, Kate and, like, she was, like, doing great.
ケイトと会ったんだけど元気にしてたよ。

 

「うーん」や「えーと」の意味でも使う

リョウ
I didn’t mean to say, like, you are not smart.
えーと、君が頭良くないって言うつもりななかったんだ。

 

このように”um”や”uhhh”と同じ意味でlikeを使うこともできます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が前置詞じゃない?間を埋める言葉”like”の意味とその使い方でした。

それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。