一人旅!マニラ最古の歴史を感じるイントラムロスのおすすめの行き方と治安について【訪れるべき観光スポット】

こんにちは、リョウです。

今日は、一人旅!マニラ最古の歴史を感じるイントラムロスのおすすめの行き方と注意点【訪れるべき観光スポット】についてお話します。

この記事を読めば、フィリピン旅行がさらに楽しむことができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

イントラムロスとは?

イントラムロス(Intramuros)は16世紀にスペイン人たちによって建てられたフィリピンの首都マニラの最古の地区として有名であり、スペイン語で直訳すると「壁の内側で」ですが「壁で囲まれた都市」や「要塞」という意味で当時は中国海賊の攻撃を防ぐためいに高い壁が築かれたそうです。

今残っているイントラムロスは、実は元のほんの一部で第二次世界対戦時にアメリカの爆撃によって大部分が廃墟と化して取り壊されてしまいました。

開発が進む中イントロムロスだけはスペイン統治時代の影響がマニラで唯一保たれている場所となっています。

イントラムロス内は、マニラ市立大学などの高等教育期間の拠点となっているので、観光スポットなだけに不思議な光景ですがたくさんの大学生や高校生が歩いているのを普通に見かけます。

観光に役立つ情報を発信しているPrimerさんがイントラムロス内の見所の記事をすごくわかりやすくまとめているのでよかったらどうぞ見てみてください。

 

 

おすすめの出発時間や移動手段は?

基本情報
  • 朝10〜11時ごろに出発するのがベスト
  • 所要時間は都心部(マカティやBGC)から30〜40分程度
  • タクシー予約アプリのGrabを使うこと

出発先がマカティやBGCやまた空港近くのホテルだと30分ほどかかり、タクシーを利用する場合は朝10〜11時頃に出発して帰りは4時までに帰るぐらいが一番いいかと思います。

なぜかというとこの時間帯が一番渋滞を避けることができスムーズに移動ができるからです。

また移動手段については、マニラやセブでの移動手段に利用したいタクシー予約アプリ2選の記事にも書いてありますが、普通のタクシーを使わずにタクシー予約アプリで拾って移動するのを強くオススメします。

理由は普通のタクシーだと稀なことではありますがしつこい交渉やぼったくり、そして盗難すら起こる可能性があるからです。

特に日本人は親切で騙しやすいという印象もあるみたいなのでできるだけ安全な行き方を選んで旅先での余計なトラブルは避けましょう。

 

 

周遊方法は乗り物がオススメだけどぼられるかも?

利用できる乗り物
  • 2人用馬車(500ペソ/30分)
  • 自転車タクシー(350ペソ/30分)

僕は自転車タクシーで移動しましたが「30分で」350ペソというところを見過ごしてしまい降りるときに値段を伝えられぼったくられた気分でしたw

また自転車タクシーの場合は2人だと2倍要求してくる可能性もなきしもあらずなので、その辺りは乗る前にできる限りしっかり確認しておきましょう。

運転手もしっかりと説明しないのでおそらく僕のように気づかずに同じような気分になった方はいるかと思います。

フィリピンにしては高めの値段設定なので完全に外国人向けの値段ですね。

イントラムロス内は意外と広いので体力に自信がある人でないと歩きで周るのは少ししんどいので、上記でお伝えしたことを考慮して馬車や自転車タクシーを利用してみるのはアリです。

僕は自転車タクシーを利用して2時間ほどで全て周ってもらい合計1400ペソなので日本円で約3000円でしたが、全部しっかりと見学せずに2時間なので普通に見ながら周遊するとおそらく3時間はかかるかと思います。

 

 

イントラムロス内はこんな感じでした

http://primer.com.ph/feature/2018/04/21/inside-intramuros-a-tour-in-manilas-walled-city/

このローカルのアイスクリームは最高に美味しかったです

ここはゴルフ場となってます

周りが都会すぎて不思議な空間になってます

 

 

 

イントラムロス周辺で観光できるスポットは?

近場の観光スポット6選
  1. ラサール公園 – ホセリサールという国民的英雄が処刑された歴史的な場所
  2. ハーバービュー – マニラ湾を見渡せるシーフードレストラン
  3. マラテ – 世界のバックパッカーが集まる繁華街
  4. チャイナタウン – 激安でたくさんの商品が購入できる中華街
  5. オーシャンパーク – 海底トンネルが人気な水族館
  6. モールオブアジア – フィリピン最大級のモール

上記場所や移動する際は、どれもタクシーだと10分以内で到着する距離ですが、道端でタクシーを拾うのではなく先ほどご紹介したタクシー予約アプリGrabで移動することをオススメします。

 

 

イントラムロス周辺の治安について

イントラムロス周辺の治安については、統計的な数字をご紹介できないのが残念ですが、感覚的なところでお伝えするとマニラの都心部(マカティやBGC)が日本の治安とほぼ同じぐらいとすれば、イントラムロス周辺は危険な雰囲気を肌で感じるレベルです。

古い建物が多く比較的汚く衛生面も低く感じられるかと思います。

なのでもちろん大金は持ち歩かないこと、クレジットカードや高いアクセサリーや衣服はできるだけ避けましょう。

 

 

おすすめの旅行代理店

https://ja.foursquare.com/v/friendship-tours-and-resorts/4cc9121e6fbc199c94f4617d

完全に個人で行くのに不安がある方はマニラに滞在する人なら絶対に知っている旅行代理店フレンドシップツアーを利用してみることを検討してみてください。

日本語対応デスクもあるので英語が苦手な方でも安心してツアーの内容を聞いたりスムーズに予約することができます。

イントラムロスを周遊するなら半日マニラ市内観光がベストで1人だと日本円で約1万円と少し高額ですが、滞在しているホテルへの送迎もありスムーズな観光をしたい方はぜひ検討してみてください。

https://friendshipmanila.com/d_tours/manila.html

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、一人旅!マニラ最古の歴史を感じるイントラムロスのおすすめの行き方と注意点【訪れるべき観光スポット】でした。

それでは、See you around!

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【2019年度】ワーホリで行ける22カ国一挙公開

2019.01.29

行って気づいた!マニラやセブ旅行に安心で快適な持ち物7選

2019.01.21

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中