海外マニラ勤務から独立を決断!未知の可能性を広げ、自分が描く未来にまた一歩近くために…

こんにちは、リョウです。突然ですが、今年入ってから計画している独立について、シェアしたいと思います。

自分の中に留めておけばよい内容かもしれません。

ただ、独立にあたって、RYO英会話教室の規模も今より少し大きくしようと考えているため、ブログを読んでくださったり、レッスンを受けていただいている方に状況を知ってもらいたくて書きました。

また、フィリピンで働く日本人現地採用の方が少しでも、こういう生き方もあるんだな、って感じてもらえたり、独立を考えている人に少しでも勇気を与えられたら嬉しいです。

 

 

サラリーマンとしてのキャリアは、満足!

フィリピンに来て6年がもう経ちました。こちらに来たときに僕なりに、キャリアとしての目標を、漠然とですが、立てていました。

「英語と日本語を自由自在に使って、自分でビジネスができるレベルまで持っていくこと」

です。

この6年間で、たくさんのことを学びました。カスタマーサポート、翻訳、通訳、教材開発、カウンセリング、講師、英語を使って、業務を遂行する力とそのコミニケーション能力、英語研修のマネージメント、チームリーダーなど、本当に多岐にわたる仕事や業務を経験させてもらいました。

さらに個人としても、仕事以外でブログを始めたことで、コンテンツマーケティングの方法、読者が求めるニーズ、文章を書く力、サイトやオンライン英会話の立ち上げ方法を学ぶこともできました。

残念ながら、会社勤めで得た仕事の能力としては、どれも中途半端なところで終わっています。ただ、僕の中では、これからこのRYO英会話を運営していったり、他のオンラインビジネスを立ち上げる上で、必要なスキルは学んだと思っています。

もともと、サラリーマンでずっとやっていこうとは考えていなかったので、そろそろ辞めるタイミングが近づいてきているなー、と感じています。

特にサラリーマンが嫌とか、今の仕事が嫌いとか、そういう理由で独立したいのではなく、もっと自分の可能性を広げたいというところと、親の影響もあって、独立したいのです。

ただ、不安や恐れなどをもちろん感じますが、これも試練かと自分で思って日々向き合いながら進んでいます。

 

 

実業家としてやっていくことを決断

ただ、「英語と日本語を自由自在に使って、自分でビジネスができるレベルまで持っていくこと」

というのは、漠然と考えていたことだったので、もちろんなんども日本へ帰国しようと思ったこともありました。でも、そう思ったときに、いつも感じることがあって、

「今帰って日本で、またサラリーマンかぁ。」

「違う海外で働いてもいいけど、またサラリーマンになるのか。」

「まだ英語をそこまで自由自在に使いこなせていないぁ。」

と、満足しないような、しっくりこない感覚に陥っていました。

小さい頃から個人でビジネスをすることに憧れを感じてきました。それは、僕の父や親戚がすべて実業家または開業医なので、それに大きく影響を受けているからだと思います。

もちろん、収益にも波はあると思いますが、すべてを背負っていく姿や人生の困難な状況にも立ち向かう姿は、大変感銘を受けるときが何度もありました。

人生一度きりなんだから、自分がやってみたいと思ったことは全部やりたいです。

だから、僕は、独立して未知の可能性を広げていきたいと思います。

 

 

独立のチャンスを与えてくれた人

オンラインビジネスで独立のチャンスを与えてくれたのは、僕の友人であるカズさんという方です。おそらく彼に会っていなかったら、今の僕はいないかなとも思っています。

カズさんとは、フィリピンに来てからすぐにひょんなきっかけで出会い、それからずっとよき兄貴、自分が追いかけていきたい人でい続けてくれています。カズさんも僕と同じようにサラリーマンでしたが、32歳のときに独立を夢をみて、独学でオンラインビズネスやプログラミングの方法を学び、独り立ちしていきました。

かっこいいなぁーって思いました。

それと同時に僕もやったらできるかもって、大きな大きな可能性を与えてくれました。

実は、カズさんが独立したとき、その後ろ姿をどうしてもみたくて、一緒に部屋を借りて1年間住んだこともあります。RYO英会話教室をオンラインで立ち上げたのもその時です。

ちょっと汚いですが、カズさんと一緒に住んだマンション

 

今、カズさんは海外を自由に飛び回りながら、したいときに仕事をするというライフスタイルを実現しています。

そんな彼の姿をみて、僕も絶対に独立してやるっ!、て思わせてくれました。

 

 

本格的に個人事業をスタートする時期

2018年の3月に退職の旨を伝えて、5月で会社を退職したあと、2ヶ月はフィリピンで準備期間に入る予定です。こちらで、講師採用体制を整える予定です。信頼できるコーチを数名採用して、トレーニングします。

その後は、日本でスカイプで定期的なミーティングをしながら、質管理に努めていきます。また、教材や英会話サービス自体の質上げに注力したいと考えています。それと同時に今計画している他のオンラインビジネスも構築していきます。

初めは、絶対に苦労するだろうと思います。

1年は、家にこもってやりますから精神的に不安定にならないようにできるだけ、瞑想を定期的にしたり、ある程度外へ出たり、アイディアが豊富に思い浮かぶようにケアしていきたいです。

2年以内に資金力を求めているところまでつけて、アメリカ、イギリス、カナダなど英語圏に訪れて、そこで得た経験をブログ記事で伝えたり、ユーチューブ配信をしていきます。

また海外の方とコラボして、記事や動画の配信も考えています。

 

 

フィリピンと日本を自由に行き来できる環境を作る

独立する理由の一つとして、フィリピンと日本を自由に行き来できる環境を作りたいというのがあります。

結婚したことで妻のアイヴァンにも日本とフィリピンをいつでも行きたいときに、帰国してもらいたいし、また僕もフィリピンでサラリーマンをしている限り、仕事に縛られてしまっているので、帰りたいときに帰れません。

いままで、一時帰国したいときが何度もありましたが、その度に帰れず無念な気持ちになりました。

なので、場所に縛られない環境を作るために、当分の間はオンラインビジネスで生計を立てていくつもりです。ある程度収益が安定してきたら、日本には、不定期で帰国しながらフィリピンを拠点に移したいと思います。

 

 

アイヴァンのキャリアアップと永住ビザに向けて

最後は、妻アイヴァンのキャリアアップと永住ビザ取得の目的もあり、日本に帰国することにしました。

すでに、7年間、講師としてフィリピンで働いていて、自慢になってしまいますが、結構な人気講師です。教え方もうまいし、生徒さんみんなから気に入られる人間性も備わっています。

彼女なら、日本で絶対にやっていけるって、信じています。

だから、日本水準で講師としての経験を積んでもらって、両親にも十分にサポートしてほしいです。

そして、永住ビザです。

これは、今でなくても正直いいのですが、将来の僕たちの子供のために取得してもらいます。彼女はすでに29歳で、そろそろ子供も欲しい時期。30代前半で永住ビザをとっておけば、子供といつでもフィリピンや日本に、日数を気にせずに滞在することができます。

二人ともが、両方の国で快適に暮らすためにできるだけのことは今のうちに必ずやります。

 

 


 

以上が、独立にあたっての所感でした。それでは、See you next time!

 

 

【タガイタイにて】海外旅行記事と講師採用についての今後の展望

2018.03.05

RYO英会話教室の2017年を振り返って、2018年の抱負

2017.12.16
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    RYO英会話教室

    運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。