ファーストフォード店で「店内で食べます。」って英語で何て言うの?アメリカやイギリス、カナダで表現の仕方が違うことを学んで、注文もスムーズ!

「店内で食べます。」と英語で伝えたいときは、”For here, please.”と言います。ファーストフード店で注文する際に便利な英会話フレーズです。

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

【注文した後に】

リョウ
For here, or to go?
こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?
ナオミ
For here, please.
店内で食べます。

 

 

“For here or to go?”

マクドナルドやその他のファーストフード店に行った際に必ず聞かれるのが、「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」。海外でも言語は違っても聞かれることは同じです。

アメリカの場合、「テイクアウト」を”to go”、そして店内で食べることを”for here”と表現します。店員さんは、”For here, or to go?”、「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」と聞きますが、これはもともと”Is this order ‘for here’ or ‘to go’?”や”Will it be to go or for here?”という文からきています。

 

 

形容詞的に”take-out”を使える

日本では、「テイクアウト」という言葉は一般的ですが、こちら和製英語ではなく、海外でも通じるのでしょうか。答えは、通じます。なので、”For here or to go?”と聞かれて、”Take-out, please.”「お持ち帰りでお願いします。」と使うことはできます。

また、注文する際にテイクアウトであることを伝えたいのであれば、”take-out”を形容詞的に使うこともできます。

二人の会話を見てみましょう。

 

ナオミ
What would you like to order?
ご注文は何になさいますか?
マイク
I’d like a take-out cheeseburger meal.
チーズバーガーセットをお持ち帰りでいただきます。

 

 

名詞的にも”take-out”を使える

“take-out”という単語は便利で、なんと名詞的にも使えちゃいます。友人との会話でよく使います。二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
Why don’t we have some take-out at the Japanese restaurant tonight?
今夜、日本食屋さんでお持ち帰りしない?
マイク
Yeah, that’s what I was thinking, too.
うん、それ俺も考えてた。

 

 

国によって言い方が変わる

国によって、それぞれ言い方が変わるので、現地に行って混乱しないようにそれぞれ押さえておきましょう。

 

【イギリス、オーストラリア】

ナオミ
To eat in or take away?
こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?
マイク
To eat in, please
店内で食べます。

 

【カナダ】

ナオミ
For here or to carry out?
こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?
マイク
To carry out, please.
お持ち帰りでお願いします。

 

【フィリピン】

ナオミ
Dining or take-out?
こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?
マイク
for dining, please.
店内で食べます。

 

 


 

いかがでしたか?ファーストフード店に行けば必ず聞かれるので、是非使ってみてください。それでは、また会いましょう。

 

 

ご紹介、レストランで注文するときに重宝する"I'll have 〜."の意味と簡単な使い方!

2016.07.08

注文した後に「以上です。」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使って注文をスムーズに終えることができる!

2016.04.22

レストランで「おすすめの〜はありますか?」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使っておすすめの料理をものを聞くことができる!

2016.03.31
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。