ネイティブ愛用!”The thing is 〜.”の意味と使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、”The thing is 〜.”の意味と使い方についてお話します。

この記事を読めば、話している内容をスムーズにまとめることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を見てみよう

ナオミ
I’d love to attend the party. But the thing is I might be late.
ぜひパーティーに出席したいです。でも問題が、遅れるんだよね。
マイク
That’s no problem as long as you attend.
出席してくれるなら大丈夫だよ。

 

ナオミ
I really like this house.
この家気に入ったわ。
リョウ
Then why don’t you buy it?
じゃあ購入したら?
ナオミ
Yeah. The thing is I can’t afford to.
そうだね。問題が、そんなお金に余裕がないんだよね。

 

 

“The thing is 〜.”の意味は?

“The thing is 〜.”で「問題は、〜。」という意味です。

他の単語で置き換えるなら、”The problem is 〜.”といった感じです。

このフレーズをつけなくても会話は成立しますが、会話の内容で、一番重要なところを強調したい場合によく使われます

また、カジュアルな表現になるので、フォーマルやビジネスの場では使わないようにしましょう。

 

 

“the thing”のあとに”about”を付けられる

マイク
The thing about my job is my boss asks me to work overtime everyday.
僕の仕事での問題が、上司から毎日残業するように頼まれるんだよ。

 

応用ですが、”the thing”のあとに前置詞”about”をつけて、問題の内容を補足することもできます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”The thing is 〜.”の意味と使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級から中級】無料で使えるオススメの人気英会話アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中