ネイティブ愛用!”The thing is 〜.”の意味と使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は”The thing is 〜.”の意味と使い方についてお話します。この記事を読めば話している内容をスムーズにまとめることができます。それではまいりましょう。

 

 

まずは会話を見てみよう

会社のパーテイーについて話していて…

ナオミ
I’d love to attend the party. But the thing is I might be late.
ぜひパーティーに出席したいです。でも問題が、遅れるんだよね。
マイク
That’s no problem as long as you attend.
出席してくれるなら大丈夫だよ。

 

家を探していて…

ナオミ
I really like this house.
この家気に入ったわ。
リョウ
Then why don’t you buy it?
じゃあ購入したら?
ナオミ
Yeah. The thing is I can’t afford to.
そうだね。問題がそんなお金に余裕がないんだよね。

 

 

“The thing is 〜.”の意味は?

“The thing is 〜.”で「問題は、〜。」という意味です。他の単語で置き換えるなら、”The problem is 〜.”といった感じです。このフレーズをつけなくても会話は成立しますが、会話の内容で一番重要なところを強調したい場合によく使われます。またカジュアルな表現になるのでフォーマルやビジネスの場では使わないようにしましょう。

 

 

“the thing”のあとに”about”を付けられる

マイク
The thing about my job is my boss asks me to work overtime everyday.
僕の仕事での問題が、上司から毎日残業するように頼まれるんだよ。

 

応用ですが”the thing”のあとに前置詞”about”をつけて、問題の内容を補足することもできます。

 

 

問題に関連する記事

会議で使える”move on”の意味とその使い方

2020年8月23日

aboutはいる?”discuss 〜”の意味とその使い方

2020年7月16日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”The thing is 〜.”の意味と使い方でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。