ネイティブはこう発音する!”That/It would be”の3つの音変化

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日はサイトをよく訪問していただいている方から音のリンキングについて質問がありました。よい質問でしたのでみなさんへ共有も含めて記事にさせていただきました。それではまいりましょう。

 

 

質問の内容

『do you, did you』のページにthat would be great. があります。ここの”would”の”d”は発音されてますか?

ネイティブ発音の”do you”や”did you”が聞き取れないのはなぜ?「ドゥーユー」を卒業!

2016年9月30日

私の聞こえる音と考えは”tha be great” で予想する理由は以下の通りです。

  1. would→d から that dの “t”消失
  2. d be から “d ” tha d be から “d”消失

 

よって “tha be great.” に聞こえます。どうでしょうか?リンキングを学んだら音を正確に知りたくなりました。お忙しいと思いますがどうか回答を宜しくお願いします。

 

 

まずは聞いてみよう

リョウ
That would be great!
  • パターン1

 

  • パターン2

 

パターン3

 

 

“It/that would be”の発音には3パターンある

ご質問いただいた理解で間違いないです。ただもう少し詳しくお伝えすると、“that/it would be”の発音には、3パターンあります。“would”の発音に関しては、他の記事でまとめており、そこでは、早くなると”would”が”d”だけの発音になるとお伝えしました。詳しくは下記記事よりご覧ください。

ネイティブはこう発音する!”would”が聞き取れないのはなぜ?

2017年7月9日

 

でも”that/it would be”の場合は、他のと少し異なります。まず“it”の”t”が”i”と”would”の”o”(この場合”w”ではなく”o”の影響を受ける)の母音に囲まれることで、”t”の音が消えます。

“that”も同じ要領です。そして“would”の部分ですが、普通の早さだと、”be”の”b”が直後にくることで、”would”の”d”の音が弱まり、”b”の音と重なるように「イウッビー」や「ダウッビー」のように発音します。(パターン1)またこれらがもう少し早くなると「イルビー」または「ダルビー」のように発音します。(パターン2)日常会話では、これらの音をよく聞くことが多いです。さらにご質問いただいたように、ネイティブでカジュアルに早く話す人になると、”w”も消えて、「イッビー」や「ダッビー」のような音になります。(パターン3)ちなみに”Did you”と”Do you”の発音記事で紹介している”That would be”は、パターン1です。

 

 

リエゾンに関する記事

ネイティブ発音を身に着けるなら必ず知っておきたいリエゾン記事3選

2017年5月8日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”That/It would be”の3つの音変化でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。