一撃でネイティブ発音”could I”や”should I”の発音方法

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。本日は”could I”と”should I”のネイティブ発音についてご紹介します。今日からなかなか聞き取れなかった”could I”や”should I”のネイティブ発音が、サラっと聞き取れるようになります。

それでは、まりましょう。

 

 

まずは音を聞いてみよう

リョウ
Could I have some water?
水をいただいてもよろしいですか?
ナオミ
Certainly.
かしこまりました。

 

 

 

スタローン
I’m already 50 years old. Should I give up on my dreams?
もう俺50歳だよ。夢あきらめたほうがいいかな?
リョウ
I would think that age doesn’t matter. I believe that you can make it!
年齢は関係ないと思いますよ。あなたならきっと成功しますよ!

 

 

 

“could I”と”should I”の発音の仕方

いかがでしたか?「クドアイ」や「シュドアイ」と違って聞こえたかと思います。なぜなら”could”や”should”の“d”「ド」“I”「アイ」の「ア」の音がくっついて「ダ」という音に変化するんです。なのでネイティブは“could I”「クダイ」と、そして“should I”「シュダイ」と発音するのです。ちなみに今回この例文では紹介していませんが、“would I”「ウドアイ」も同じで「ウダイ」のように発音します。

 

 

真似してみよう

それでは音声を聞いて音を真似してみましょう。

リョウ
Could I go home early today?
今日は早く帰宅してもよろしいですか?

 

 

 

リョウ
What should I do?
どうしたらいいの?

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?以上が一撃でネイティブ発音”could I”や”should I”の発音方法でした。それではまた会いましょう!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。