スッキリ!”ill”や”sick”の違いとその使い分け

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”ill”や”sick”の違いとその使い分けについてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“sick”の2つの意味と使い方

吐き気がする

マイク
I’m feeling sick right now.
今吐きそう。

 

このように船酔いや2日酔いで吐き気がするときや気持ち悪いときによく使われます

ちなみに船酔いや車酔いは、“seasick”や”carsick”と表現します。

ナオミ
I got seasick earlier.
さっき船酔いしたんだ。

 

 

具合が悪い

スタローン
You look sick today.
今日は具合悪そうだね。
マイク
He’s been sick for a week.
彼は1週間ほど病気だよ。

 

もう一つの意味は「具合が悪い」です。

動詞には色々おけまして“seem”や”look”、”become”そして”feel”、”be”を状況によって使うことができます。

 

 

“feel sick”と”be sick”の違いは?

“feel sick”の場合は「感じる」状態であることからウィルスにかかった病気以前のことを指すので、一時的なものに限りします。

例えば、頭痛や気持ちが悪かったり、吐き気がしたりという状態です。

一方で”be sick”は「病気の状態」であることからインフルエンザのようなウィルスにかかった比較的短い期間で治る病気を指します。

 

 

“ill”の意味と使い方

重い病気

リョウ
Naomi is ill in the hospital with a chest infection.
ナオミは肺感染症の病気で病院にいるんだ。
マイク
She’s mentally ill.
彼女は精神病なんだ。

 

“sick”に比べると硬い表現になります。

“sick”が比較的短期で治る病気に使うのに対して、“ill”はガンや感染症などの重く治るのに時間のかかる病気に使われます。

 

“ill”の直後に名詞をおけない

ロバート
My wife has to look after our ill child this week.
今週妻は病気の子供を面倒みないといけないんだ。

 

このように“ill”は名詞の直前におくことができませんが、”sick”の場合は”sick child”とすることができます。

 

 

“I’m sick and tired of 〜.”もついでに押させておこう

マイク
I’m sick and tired of eating salad everyday.
毎日サラダばっかり食べるのはうんざりだよ。

 

イディオム表現になりますがこのように“sick”は何かに飽き飽きしたときも使われます。

“tired”を省いてシンプルに”I’m sick of 〜.”と言うこともできますよ。

詳しくは別の記事でまとめているのでよかったらどうぞご覧ください。

人間関係や状況に「うんざり」なときに使える英語表現3選とその使い方

2016年9月29日

 

 

イギリス英語では使い方が変わるよ

ナオミ
I think I’m going to be sick.
吐きそうかも。
リョウ
Mike looks ill today. I think he should go home by lunchtime.
マイクは今日具合悪そうだね。昼食までに帰宅したほうがいいと思うな。

 

イギリスでは「具合が悪い」という意味で”ill”がよく使われ、また“sick”は「吐き気がする」という意味で使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”ill”や”sick”、”disease”の違いとその使い分けについてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。