3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

スッキリ!illやsickの違いとその使い分け

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”ill”や”sick”の違いとその使い分けについてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

“sick”の2つの意味と使い方

吐き気がする

船酔いをしてしまい…

マイク
I’m feeling sick right now.
今吐きそう。

 

 

このように船酔いや2日酔いで吐き気がするときや気持ち悪いときによく使われます。ちなみに船酔いや車酔いは、“seasick”や”carsick”と表現します。

ナオミ
I got seasick earlier.
さっき船酔いしたんだ。

 

 

具合が悪い

同僚へ…

スタローン
You look sick today.
今日は具合悪そうだね。

 

 

ある同僚が事務所にいなくて…

マイク
He’s been sick for a week.
彼は1週間ほど病気だよ。

 

 

もう一つの意味は「具合が悪い」です。動詞には色々おけましてseemやlook、becomeそして”feel”、”be”を状況によって使うことができます。

 

 

無料トライアル実施中

“feel sick”と”be sick”の違いは?

“feel sick”の場合は「感じる」状態であることからウィルスにかかった病気以前のことを指すので、一時的なものに限りします。例えば、頭痛や気持ちが悪かったり、吐き気がしたりという状態です。一方で”be sick”は「病気の状態」であることからインフルエンザのようなウィルスにかかった比較的短い期間で治る病気を指します。

 

 

“ill”の意味と使い方

重い病気

姉について…

リョウ
Naomi is ill in the hospital with a chest infection.
ナオミは肺感染症の病気で病院にいるんだ。

 

 

彼女について…

マイク
She’s mentally ill.
彼女は精神病なんだ。

 

 

“sick”に比べると硬い表現になります。”sick”が比較的短期で治る病気に使うのに対して、illはガンや感染症などの重く治るのに時間のかかる病気に使われます。

 

 

“ill”の直後に名詞をおけない

ロバート
My wife has to look after our ill child this week.
今週、妻は病気の子供を面倒みないといけないんだ。

 

このように“ill”は名詞の直前におくことができませんが、”sick”の場合は”sick child”とすることができます。

 

 

“I’m sick and tired of 〜.”もついでに押させておこう

マイク
I’m sick and tired of eating salad everyday.
毎日サラダばっかり食べるのはうんざりだよ。

 

 

イディオム表現になりますがこのように“sick”は何かに飽き飽きしたときも使われます。“tired”を省いてシンプルに”I’m sick of 〜.”と言うこともできますよ。詳しくは別の記事でまとめているのでよかったらどうぞご覧ください。

 

 

イギリス英語では使い方が変わるよ

バスに乗っていて…

ナオミ
I think I’m going to be sick.
吐きそうかも。

 

 

同僚について…

リョウ
Mike looks ill today. I think he should go home by lunchtime.
マイクは今日具合悪そうだね。昼食までに帰宅したほうがいいと思うな。

 

 

イギリスでは「具合が悪い」という意味で”ill”がよく使われ、また“sick”は「吐き気がする」という意味で使われます。

 

 

 

 

sickに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”ill”や”sick”、”disease”の違いとその使い分けについてでした。それでは、See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム