スッキリ!”get to”とgo to”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はスッキリ!”get to”とgo to”の違いとその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

“go”と”get to”のコアイメージ

コアイメージ
  • “go”は「出発から到着まで」の動作
  • “get to”は「到着」の動作

核心をつくとこのような違いがありますが、これだけではイメージしくにいと思うので具体的にどういった場面で使えるのか見ていきましょう。その際にこれらのコアイメージをもう一度思い出しながら違いを確認してみてください。

 

 

“go”の3つの使い方

1. ある場所から特定の場所へ行くとき

スタローン
I went to Kyoto yesterday.
昨日京都に行ったんだ。

 

 

このように自宅から京都までの移動全体を指すときに使われます。

 

2. 去るとき

マイク
Let’s go to the restaurant at 7.
7時にそのレストランに行こう。

 

 

このように”go”には「出発」の動きにフォーカスして使われるケースもよくあり動詞”leave”と置き換えが可能です。

 

3. 交通手段について話すとき

ナオミ
How do you go to work?
どうやって職場までいきますか?
リョウ
I go there by car.
車で行きます。

 

このようにどの交通手段を利用して行くのかを話すときにも使われます。

 

 

“get to”の2つの使い方

1. 到着するとき

ナオミ
I usually get there first.
たいてい私がそこへ最初に着くの。

 

コアイメージの通り到着の動作に焦点を当てたい場合に使われており、話題の中心が「誰が先に着くのか」なので「到着」にフォーカスしたニュアンスがない”go”を使うと不自然になってしまいます。

 

2. 着くまでにいくらかの労力が伴うとき

マイク
How do you get to Kinkaku-ji?
金閣寺までどうやって行きますか?

※直訳では「金閣寺までどうやって到着しますか?」ですが意訳してます。

 

 

このように到着するまでにいくらかの労力がかかる(マップを見たり、人に聞いたり、調べたりなど)場合は、”get to”が使われます。代わりに”go to”を使うこともできますが、先ほど紹介したように交通手段(バス、電車など)の話にフォーカスが当てられます。

 

“get to home”は間違い?

“get home”や”get there”のように”home”「家に」と”there”「そこへ」にはすでに前置詞toのニュアンスが含まれている(副詞)ので”to”をつける必要はありません。また”go to”にも同じことが言えます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、スッキリ!”get to”とgo to”の違いとその使い方でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。