確実な成果を出すならRYO英会話ジム

アメリカ留学を考えているなら絶対に知っておきたい10のこと

RYO英会話ジムです。今日はアメリカ留学を考えているなら絶対に知っておきたい10のことについてお話します。これから留学を考えている方や今年その予定がある方は、必見です。また英語を学んでいる方も留学を視野に入れてみるのはどうでしょうか。年齢は関係ありません!それではまいりましょう。

 

 

はじめに

簡単な決断ではありません。アメリカに留学することは、家を離れ、まったく新しい環境と文化に浸るという勇気ある選択です。

しかし、このような旅は、留学生にユニークな機会を提供することで、将来本当に報われる可能性があります。 英語力の向上に加えて、取得できる学位は世界中で高く評価されます。

しかし、留学を決意する前に、アメリカでの学生生活がどのようなものか知りたいと考える学生は少なくありません。 以下では、アメリカ留学について知っておくべき最も重要なことのいくつかを見ていきます。

 

 

無料トライアル実施中

1.あなたは一人じゃない

アメリカ留学の旅を始めるとき、自分が一人ではないことを知って安心することができます。 実際、アメリカは、海外で学位を取得することを選択した学生にとって最も人気のある目的地です。 現在、110 万人を超える留学生がアメリカに住み、勉強しています。

これを考慮して、全国の大学は、海外からの学生をサポートするプログラムの構築と開発に多大なリソースを費やしてきました。 ASUやUConn のような大規模な学校では、何百もの異なる国から何千人もの学生がキャンパスに集まります。

オリエンテーションに到着したその日から、あなたと同じような経験をしている留学生の仲間と出会うことになります。 これにより、多くの学生がコミュニティとサポート グループをすぐに構築できます。

  • 110万以上
    • アメリカに住んで勉強している留学生
  • 13,000+
    • ASUで学ぶ136カ国からの留学生
  • 3,400+
    • UConnで学ぶ110か国以上からの留学生

 

 

2. メジャーとマイナーで独自の学位をカスタマイズできる

まず、学生がアメリカ留学で最も気に入っていることの 1つは、学位のカスタマイズです。 米国の大学生は、専攻を 1つまたは 2つ選択して集中することができます。

第二に、学位に未成年者を追加することで、独自の大学体験を作ることができます。 「マイナー」は、二次的な研究分野としても知られています。 たとえば、ビジネスを専攻している場合は、心理学や音楽などの別の科目を副専攻にすることができます。 つまり、自分の興味や目標に最も適した専攻と副専攻で学位をカスタマイズできます。

最後に、特定の分野でのスキルの開発を支援することにより、学位の価値を高める集中に専攻を集中させることができます。 たとえば、ペース大学の経営学士プログラム (BBA) は、公会計からスポーツ マーケティングまで、15の異なる集中力を提供します。

 

 

3. 勉強したいことがすぐにわからなくても大丈夫

米国の多くの大学では、学部生が学士号の「一般教育」を修了する必要があります。 一般教育カリキュラムを通じて、学生は数学、科学、歴史、芸術にまたがる分野の知識の基礎を築きます。

一般的な教育要件を完了するには、通常、約 1.5年 (または 3学期) かかります。 この時間帯は、学生が専攻したい分野を探求したり、変更したりできる時期です。オリエンテーションに到着した日に何を勉強したいのかわからなくても、焦る必要はありません。 また、学生の約 20 ~ 50%は、取得する学位について「未定」です。

一般教育のカリキュラムでは、学生が専攻を変更することを選択した場合、専攻を変更するための少しの時間も与えられます。

 

 

4.旅行や友人や家族を訪ねる時間がある

アメリカに留学する学生は、休みが組み込まれた寛大なスケジュールのおかげで、国の教育システムを楽しむことができます。平均的な学期の長さは 15週間です。つまり、2学期のカレンダーでは、学生が教室にいるのは半年強だけです。

夏休みは通常5月から8月まで続き、学生は家に帰って友人や家族に会ったり、アメリカ中のアトラクションを訪れたり、インターンシップに参加して専門的な経験を積んだりすることができます。

学生には、通常12月中旬から 1 月中旬までの1 か月間の冬休みと、1週間の秋休み (感謝祭前後) と春休み (3月または 4月) があります。

 

 

5. 天気は全国で大きく異なる

言うまでもないかもしれませんが、アメリカは巨大です — 陸地で世界で 4番目に大きい国です。 その大きさを考えると、米国に10の異なる気候帯があることはおそらく驚くことではありません。

アメリカへの留学を計画している留学生は、事前にその国の主要な気候地域に精通しておくとよいでしょう。たとえば、北東部は、非常に寒く雪の多い冬を伴うかなり多様な気候が特徴です。 一方、アリゾナ州立大学があるアメリカ南西部は、年間を通して乾燥した晴れた気候で暑い気候です。 勉強したい場所によっては、それに応じたバッグや服を詰める必要があります。

 

 

6.クラブに参加して大学での経験を強化する

アメリカに留学する多くの留学生は、キャンパス内の学生クラブに参加して、アメリカの大学での経験を最大限に活用しています。

大学は、留学生を念頭に置いて作られたものを含め、学生が参加できる何百ものクラブを提供することがよくあります。 クラブへの入会は完全に任意ですが、留学生にはお勧めです。

どのクラブがあなたにぴったりかを決めるときは、あなたの情熱を指針にしてください。 歌いたいですか? ダンス? アニメを見たり描いたりするのは好きですか? ハリー・ポッターのファンと一緒にクィディッチをプレイしたいですか? 学生クラブはあらゆる種類の興味のために存在します。

クラブに参加することで、学生は自分の興味のあることを経験するだけでなく、ネットワークを作り、生涯にわたる友情を築き、そして最も重要なこととして、楽しい時間を過ごすことができます!

 

 

7.今までにない大学スポーツを経験できる

米国の大規模な大学には、多くの場合、印象的なスポーツや陸上競技の伝統があります。 たとえば、UConnの女子バスケットボール チームである Huskiesは、米国でトップ 10にランクされることが多く、11回の国内選手権で優勝しています。

UConn のような大学では、学生がスクールカラーのドレスを着て、他大学との試合に参加するのが一般的です。「テールゲーティング」は特にアメリカで一般的です。これは、学生が試合前に駐車場に集まり、バーベキューをしたり、ゲームをしたり、社交をしたりする活動です。

UConn Huskies スポーツ チームの学校の誇りは非常に強いため、UConn キャンパス周辺ではファン フードが「ハスキーマニア」と呼ばれるようになりました。 スポーツが好きかどうかに関係なく、アメリカでは大学の色、ロゴ、マスコットをあしらった服を着ることが人気です。

 

 

8. アメリカの大学は学生の参加を奨励している

「ソクラテスセミナー」として知られる米国での教育は、多くの場合、教授と学生の共同作業です。 米国の大学の授業では、教授がほとんどまたはすべての話をする講義ではなく、対話が重視されます。

学生は、質問をしたり、アイデアをブレインストーミングしたり、読書や課題に対する反応を共有したり、フィードバックを提供したりすることが奨励されています。このスタイルの指導は、生徒の自信の成長をサポートし、公の場で話す能力を向上させます。

 

 

9. 1回のテストで成績が決まることはない

教育スタイルが異なるのと同じように、米国の大学での成績評価も全体論的であり、テストや試験の得点だけではありません。 場合によっては、これは米国に留学している学生にとっては調整される可能性があります。

多くの場合、参加 — アイデアを共有したり、クラスで発言したりするかどうか — は、全体的な成績の要因となります。 授業への出席、宿題、論文、プレゼンテーション、グループ プロジェクトなども同様です。

クラスの最終成績は、テストの点数によって部分的に決定される場合がありますが、パフォーマンスのこれらの他の側面も非常に重要であると考えられています。

 

 

10. 1年生の時に寮の部屋を共有する必要がある

英国では留学生として自分の寝室を持つのが普通ですが、米国では 1年次 (1 年次) に寮の部屋を少なくとも1人の他の人と共有する可能性が非常に高くなります。 アメリカでの「寮生活」は、確かに一部の学生にとっては適応になる可能性があり、スペースを共有することには長所と短所があります。

一方では、最も快適な学習環境と生活環境を作るために、ルームメイトとコミュニケーションを取る必要があります。 スケジュールを調整し、電化製品を共有し、お互いのスペースとプライバシーを尊重する方法を学びます。

一方、ルームメイトがいることは、アメリカでの新しい生活を大きく後押ししてくれます。 あなたは会社、社交の場を持つことから恩恵を受け、毎日あなたの対人スキルを築き上げます。

1年生が終わると、より多くの住居の選択肢が利用可能になり、多くの学生がキャンパスを離れて近くのアパートやタウンハウスに引っ越すことを選択します。

 

 

今日お話した内容

 

 

 

 

アメリカ留学に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がアメリカ留学を考えているなら絶対に知っておきたい10のことでした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム