3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

これで完璧!「so that構文」の基本と使い方を徹底解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

イントロダクション

こんにちは!みなさん。今日は英語学習において非常に役立つ「so that」構文について学びましょう。皆さんは、英語の会話や文章を読んでいるときに「so that」を目にしたことがあるかもしれません。この構文は、目的や結果を表現するために使われる非常に重要なフレーズです。

英語が母国語でない私たちにとって、「so that」の使い方を理解し、自然に使えるようになることは大きなステップアップになります。この記事では、「so that」の基本的な意味と使い方を例文を交えてわかりやすく解説していきます。また、実際の日常会話やビジネスシーンでどのように使われるかも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは、早速「so that」構文の世界に飛び込んで、一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「so that」の基本的な意味と役割

「so that」は、英語で目的や結果を示すために使われる接続詞です。日本語では「~するために」や「~するように」という意味に相当します。この構文を使うことで、行動の目的やその結果を明確に伝えることができます。

例えば、「I study hard so that I can pass the exam.」という文は、「試験に合格するために一生懸命勉強します」という意味になります。この場合、「so that」が目的を示しています。

 

 

「so that」の使い方

目的を示す場合の使い方

「so that」を使って目的を示す場合、その行動がなぜ行われるのか、何のために行われるのかを説明します。この場合、文の主語は「so that」の後の内容が目的であることを示します。

例文:
  1. I exercise every day so that I can stay healthy.
    • 日本語訳: 健康を保つために毎日運動します。
    • 説明: ここでは「so that」が「健康を保つために」という目的を示しています。
  2. She studies hard so that she can get into a good university.
    • 日本語訳: 良い大学に入るために一生懸命勉強します。
    • 説明: ここでは「so that」が「良い大学に入るために」という目的を示しています。

結果を示す場合の使い方

「so that」を使って結果を示す場合、その行動の結果として何が起こるのか、何が達成されるのかを説明します。この場合、文の主語は「so that」の後の内容が結果であることを示します。

例文:
  1. He left early so that he could avoid the traffic.
    • 日本語訳: 交通渋滞を避けるために早く出発しました。
    • 説明: ここでは「so that」が「交通渋滞を避ける」という結果を示しています。
  2. They spoke quietly so that they wouldn’t wake the baby.
    • 日本語訳: 赤ちゃんを起こさないように静かに話しました。
    • 説明: ここでは「so that」が「赤ちゃんを起こさない」という結果を示しています。

使い方の違い

目的を示す「so that」と結果を示す「so that」の使い方の違いを見ていきましょう。

目的を示す場合の例:
  • I saved money so that I could buy a new car.
    • 日本語訳: 新しい車を買うためにお金を貯めました。
    • 説明: ここでは、お金を貯める目的が新しい車を買うことであることを示しています。
結果を示す場合の例:
  • She whispered so that nobody could hear her.
    • 日本語訳: 誰にも聞こえないように彼女はささやきました。
    • 説明: ここでは、彼女がささやいた結果として誰にも聞こえないことを示しています。

このように、目的を示す「so that」と結果を示す「so that」では、行動の理由や目的が焦点となるか、行動の結果が焦点となるかという違いがあります。文脈によってどちらの意味合いで使われているかを理解することが重要です。

次のセクションでは、具体的な例文を使って「so that」をさらに詳しく見ていきましょう。

 

 

「so that」を使った例文集

ここでは、「so that」を使った例文をいくつかのシチュエーション別に紹介します。例文ごとに日本語訳を添えて、理解を深めましょう。

日常生活での「so that」の使い方

  1. He wore a jacket so that he wouldn’t get cold.
    • 日本語訳: 彼は寒くならないようにジャケットを着ました。
    • 説明: 寒さを避けるための目的を示しています。
  2. I always set an alarm so that I wake up on time.
    • 日本語訳: 時間通りに起きるためにいつも目覚ましをセットします。
    • 説明: 時間通りに起きる目的を示しています。
  3. She saved money so that she could travel abroad.
    • 日本語訳: 彼女は海外旅行をするためにお金を貯めました。
    • 説明: 旅行の目的を示しています。

ビジネスシーンでの「so that」の使い方

  1. We scheduled the meeting early so that everyone could attend.
    • 日本語訳: 全員が参加できるように会議を早めにスケジュールしました。
    • 説明: 全員の参加を目的としています。
  2. He prepared a detailed report so that his boss could understand the project.
    • 日本語訳: 上司がプロジェクトを理解できるように詳細な報告書を作成しました。
    • 説明: 上司の理解を目的としています。
  3. They hired extra staff so that they could meet the deadline.
    • 日本語訳: 締め切りに間に合うように追加のスタッフを雇いました。
    • 説明: 締め切りを守るための目的を示しています。

学習・教育の場での「so that」の使い方

  1. The teacher gave extra homework so that students could practice more.
    • 日本語訳: 生徒がもっと練習できるように先生は追加の宿題を出しました。
    • 説明: 練習量を増やす目的を示しています。
  2. She studied every night so that she could pass the exam.
    • 日本語訳: 試験に合格するために彼女は毎晩勉強しました。
    • 説明: 試験合格の目的を示しています。
  3. He asked questions in class so that he could understand the material better.
    • 日本語訳: 彼は授業中に質問をして内容をよく理解できるようにしました。
    • 説明: 理解を深める目的を示しています。

旅行・外出時の「so that」の使い方

  1. She packed a map so that she wouldn’t get lost.
    • 日本語訳: 迷わないように地図を持って行きました。
    • 説明: 道に迷わないための目的を示しています。
  2. They left early so that they could catch the first train.
    • 日本語訳: 始発電車に乗るために早く出発しました。
    • 説明: 始発電車に乗る目的を示しています。
  3. He took a camera so that he could take photos of the scenery.
    • 日本語訳: 景色の写真を撮るためにカメラを持って行きました。
    • 説明: 写真を撮る目的を示しています。

このように、「so that」を使うことで、目的や結果を明確に表現することができます。さまざまなシチュエーションで活用し、自然な英語表現を身につけましょう。

 

 

「so that」を使った日常会話例

会話例 1:

  • A: Why are you leaving so early?
  • B: I’m leaving early so that I can avoid the traffic.
  • A: That’s a good idea. The traffic gets really bad during rush hour.
  • 日本語訳:
    • A: どうしてそんなに早く出発するの?
    • B: 交通渋滞を避けるために早く出発するんだ。
    • A: それはいい考えだね。ラッシュアワーは本当に渋滞がひどいから。

会話例 2:

  • A: Did you bring your umbrella?
  • B: Yes, I did. I brought it so that I wouldn’t get wet if it rains.
  • A: Smart thinking! The weather forecast did say it might rain.
  • 日本語訳:
    • A: 傘持ってきた?
    • B: うん、持ってきたよ。雨が降ったら濡れないようにね。
    • A: 賢いね!天気予報で雨が降るかもしれないって言ってたからね。

会話例 3:

  • A: Why are you studying so late?
  • B: I’m studying late so that I can finish my project on time.
  • A: I see. Good luck with your project!
  • 日本語訳:
    • A: どうしてこんなに遅くまで勉強しているの?
    • B: プロジェクトを時間通りに終わらせるために勉強しているんだ。
    • A: なるほど。プロジェクト頑張ってね!

 

 

「so that」を使ったビジネス会話例

会話例 1:

  • Manager: Can you send me the report by noon?
  • Employee: Sure, I’ll finish it by noon so that you have time to review it before the meeting.
  • Manager: Thank you. That will be very helpful.
  • 日本語訳:
    • マネージャー: 正午までに報告書を送ってくれる?
    • 従業員: もちろんです。会議前にレビューする時間があるように正午までに仕上げます。
    • マネージャー: ありがとう。それはとても助かるよ。

会話例 2:

  • Client: Why are we implementing this new system?
  • Consultant: We’re implementing it so that we can improve our efficiency and reduce costs.
  • Client: That makes sense. Thank you for explaining.
  • 日本語訳:
    • クライアント: どうしてこの新しいシステムを導入するのですか?
    • コンサルタント: 効率を改善し、コストを削減するために導入します。
    • クライアント: 理にかなっていますね。説明してくれてありがとう。

会話例 3:

  • Colleague A: Can you double-check this document?
  • Colleague B: Yes, I’ll double-check it so that we don’t have any errors in the final version.
  • Colleague A: Great! We need it to be perfect for the presentation.
  • 日本語訳:
    • 同僚A: この書類を再確認してくれる?
    • 同僚B: はい、最終版にミスがないように再確認します。
    • 同僚A: ありがとう!プレゼンのために完璧にする必要があります。

これらの会話例を通して、「so that」がどのように使われるかを学びましょう。日常会話やビジネスシーンで目的や結果を明確に伝えるために、「so that」を自然に使えるように練習してください。

 

 

まとめと練習問題

まとめ

この記事では、「so that」構文の基本的な使い方について学びました。「so that」は、目的や結果を示すために使われる接続詞であり、英語の会話や文章で頻繁に使われます。目的を示す場合は「~するために」、結果を示す場合は「~するように」と日本語に訳されます。

  • 目的を示す「so that」:
    • : She saved money so that she could travel abroad.
    • : 彼女は海外旅行をするためにお金を貯めました。
  • 結果を示す「so that」:
    • : He spoke loudly so that everyone could hear him.
    • : 彼は皆が聞こえるように大声で話しました。

これらの使い方を理解し、練習することで、英語表現の幅を広げることができます。

練習問題

次の練習問題に取り組んで、「so that」構文の使い方を確認しましょう。

問題 1: 次の文を「so that」を使って書き換えましょう。

  1. I set an alarm. I want to wake up early.
  2. She studied hard. She wanted to pass the exam.
  3. They arrived early. They didn’t want to miss the train.

問題 2: 次の日本語文を英語に訳しましょう。

  1. 彼は健康を保つために毎日運動します。
  2. 私たちは、全員が会議に参加できるように早めに会議を設定しました。
  3. 彼女は雨が降ったら濡れないように傘を持って行きました。

問題 1:

  1. I set an alarm so that I can wake up early.
  2. She studied hard so that she could pass the exam.
  3. They arrived early so that they wouldn’t miss the train.

問題 2:

  1. He exercises every day so that he can stay healthy.
  2. We scheduled the meeting early so that everyone could attend.
  3. She brought an umbrella so that she wouldn’t get wet if it rained.

これらの練習問題を通じて、自分の理解度をチェックし、「so that」構文をしっかりと身につけましょう。継続的に練習することで、自然な英語表現ができるようになります。頑張ってください!

 


この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました!皆さんの英語学習に少しでも役立てれば嬉しいです。「so that」構文をしっかりと理解して、英語の表現力をさらに高めてくださいね。これからも一緒に英語を楽しく学んでいきましょう!

何か質問やリクエストがあれば、ぜひコメントで教えてください。皆さんのフィードバックをお待ちしています。次回の記事もお楽しみに!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム