この英語正しい?”I’m loving it.”や”I’m liking him”の使い方と意味

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”I’m loving it.”や”I’m liking him”の使い方と意味についてお話します。”I’m loving it.”は、少し前にマクドナルドのCMで話題になりましたね。なぜ今回これらを取り上げたかというと、”love”や”like”は状態動詞で、進行形にして使えないけど、使われているからです。またネイティブが実際にどういうニュアンスで使っているのかお伝えします。

それでは、参りましょう。

 

 

マクドナルドのCMを見てみよう

“I love it”と言っても特にかわらなさそうなところですが、あえて”ing”を使って、”I’m loving it.”と表現しています。なぜ違うのかわからなくても”I’m loving it.”のほうが動きがあってリズミカルな感じがしませんか。

 

 

“loving”や”liking”は文法的に間違い?

過去のマクドナルドのCMや最近では、”like”も”ing”をつけて、”I’m liking this”のように使う人がいます。文法的なところで言うと、厳密には”like”や”love”そして、”want”、”feel”などの状態動詞は、現在進行形にできないというのが原則です。現在ではそういった状態動詞をあえて現在進行形で使って微妙な感情の違いを表現するのが自然になってきています。

 

 

気持ちを強調したいときに使える

ではどう違うのでしょうか。”I love it.”も”I’m loving it.”も「今の気持ち」を伝えています。でも”ing”を使う場合は、その気持ちをさらに強調したいときに使います。

まだちょっとわかりにくいですよね。気持ちを強調したいときって、どんなときか例を見ながら、ニュアンスを掴んでみましょう。

  • “love”の場合
マイク
What do you eat for breakfast?
朝ごはんに何を食べるの?
リョウ
I always eat cheese sandwiches. I love it.
チーズサンドイッチをいつも食べるんだ。それが大好きで。

 

 

いつも食べていて、普通に大好きであることを伝えています。

 

“loving”の場合

マイク
How’s the seafood burger?
そのシーフードバーガーはどう?
リョウ
I’m actually loving it.
けっこう気に入った。

 

 

新メニューの料理を食べていて、「大好き」という感情が芽生え、今まさに大好きになってきているときに使います。ただの状態というより躍動感のある状態を伝えたいときにloving”と言います。

 

 

会話の中でニュアンスをつかもう

では、先ほどお伝えしたニュアンスをイメージしながら音読してみましょう。

アイヴァン
What’s going on with the guy you’re seeing these days?
最近デートしてる例の男性とはどうなの?
ナオミ
I’m not sure of what he thinks about me, but I’m actually liking him.
彼がどう思ってるかわからないけど、実は、わたし彼のことが好きなの。

 

リョウ
You look tired today.
今日疲れてるみたいだね。
アイヴァン
Yeah, I’m feeling sick.
うん、体調が悪いんだ。

 

両方ともあえて”liking”や”feeling”を使っています。なぜならその感情や気分が芽生え始め強くそれを感じているからなのです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”loving”と”liking”の意味と使い方でした。それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。