今なら無料コンサルテーションも実施中

【チェックリスト】海外で働く・住む前に準備する18のこと

こんにちはRYO英会話ジムです。あなたは海外で働くことを決め、今は大きな引っ越しの計画段階にあります。 おめでとう! 海外での仕事と生活は常に豊かな経験であり、楽しみがたくさんあります。 しかし、飛行機のチケットを予約して荷物をまとめる前に、冒険に出かける前に準備しなければならないことがたくさんあります。

 

 

 引っ越しと海外勤務のチェックリスト

引っ越しをする前に、自宅や新しい目的地で準備する必要があるすべてのことを考えるのは、本当に圧倒されることがあります。プロセスを簡単にするために、私たちがまとめたこの「海外への移動と海外での作業チェックリスト」を使用してください。

 

 

1. 適切な海外就労プログラムを見つける

まだ就職先を決めていない場合、最も重要な作業は、自分に合った適切な海外就労プログラムを見つけることです。 非常に多くの異なる分野でチャンスがあります。 ワーキングホリデービザを取得したり、海外で教えたり、オペア(外国にホームステイして現地の子供の保育や家事をする見返りに滞在先の家族から報酬をもらって生活する留学制度)になったり、農場で働いたり、より伝統的な仕事に応募したりできます。この準備に十分な時間をかけて申請を済ませておきましょう。

 

 

2.目的地を調べる

これは言うまでもありませんが、海外で働く前に、時間をかけて目的地を調べてください。 十分な情報を得ることで、残りの準備でよりリラックスできるようになるため、この調査はあらゆる段階で役立ちます。 あなたの将来の家の文化、習慣について調べ、いくつかの興味深い事実を学びましょう。

古き良き旅行ガイドブックは、概要を把握するための優れた出発点です。 また、直接の経験は非常に貴重であるため、選択した国で時間を過ごした知り合いと話すこともよいアイディアでしょう。

 

 

3. 到着時のために「緩衝基金」を貯める

働くために海外に移動することの最も良い部分の1つは、基本的に旅行にお金を払っていることです。 とはいえ、引っ越し前に貯金しなくてもいいというわけではありません。 最初の数か月間を支援するために、「緩衝基金」を貯めることが重要です。

海外への引越しには必ず費用がかかります。 交通費に加えて、少なくとも 1 か月分の家賃と保証金を前払いする必要があります。 また、家具など、新しい家に足りないものをいくつか買わなければならない場合もあります。多くの仕事では、最初の給料が届くまでに 1 か月以上待たなければならないこともあります。 したがって、いつ支払いが行われるかを確認し、ギャップを埋めるのに十分な額を貯めてください。

 

 

4. 住居を探す

一部の海外就労プログラムでは、パッケージの一部として住宅が提供されるため、これはすべての人に当てはまるとは限りません。 ただし、自分で宿泊施設を探す必要がある場合は、到着時にホテルに少なくとも数泊予約しておいて、時間をかけてアパート探しに行くことができるようにしてください。

 

 

5.バケットリストを作る

海外に移住して働きたい理由は人それぞれですが、旅行は常にワクワクさせるものです。 親しめる国や都市をできる限り探索したいと思うでしょう。訪れたい場所、試してみたい食べ物、やってみたいアクティビティのすべてのリストを作成しておくと非常に役立ちます。そうすれば、滞在の最後まですべてを残して、観光する時間を探すために慌てることを避けることができます。

 

 

6. 自宅で仕事をする

残念ながら、海外への移動は、サンダルを詰めて飛行機に飛び乗るほど簡単ではありません。 新しい目的地の準備に加えて、他のも行う必要があります。

移動に伴う官僚的なプロセスも必要になってきます。 在留届けのように大使館に通知する必要がありますか (一部の国ではこれを推奨しています)。 銀行や保険会社に通知する必要がありますか? 家やアパートを転貸するか放棄するかに応じて、光熱費に注意してください。 車を保管または売却し、自動車保険をキャンセルまたはダウングレードする必要がありますか?

また、サブスクリプションやジムのメンバーシップなど、厄介な小さな費用についても忘れないでください。これらは簡単に解約できますが、口座振替や定期預金を解約せずに銀行口座を閉鎖してしまうなど、トラブルに巻き込まれがちです。 また、メールを家族や友人に代行するよう手配するか、メール転送サービスを使用してこれを処理する必要があります。

 

 

7.保管または販売

これは、所有している物の量と、所有物を保持するか、すべてを持ち出すことを計画しているかによって決まります。 海外への引っ越しは、すべての持ち物を調べてサイズを小さくする絶好の機会です。 断捨離は信じられないほど解放的で、心配することが少なくてすみます。 

 

 

8. 梱包

荷造りは心配する必要のない最後の仕事の1つだと思うかもしれませんが、準備が不足していると、大きな引っ越しの前に多くの頭痛やパニックパッキングにつながる可能性があります。 何を持って行きたいか、どのくらいの荷物を持って旅行するかを計画し、複数のスーツケースをチェックする心配がないように、事前に1つまたは2つの荷物を郵送することを検討してください。

長期旅行であろうと週末旅行であろうと、旅行の荷造りをするときの一般的なルールは、持ち物をすべてレイアウトして半分にすることです。 地球の極端な片隅に引っ越すのでなければ、新しい家で必要なものや忘れ物はほとんど何でも買えるでしょう。1つの例外、処方薬を除いては。

 

 

9. カルチャーショックに備える

渡航前にどんなに準備をしていても、異国に引っ越すということは、常にちょっとしたカルチャーショックを経験することを意味します。 最初の興奮が収まった後、すべてがいかに違うかを感じ始め、少しホームシックになることさえあります。

それは完全に正常なことであり、それについて気分を害したり、落胆させたりするべきではありません. 多くの人は、これに対する準備ができていないため、考えを変えて家に帰ります。 しかし、これがプロセスの一部であることを知っている限り、それを乗り越えて再び冒険を楽しむことができます。

探索を続けて、できるだけ楽しんでください。 週末の旅行に出かけたり、ミートアップで他の外国人に会ったり、やりたいことリストの項目にチェックを入れたりしてください。

 

 

10. 言語を少し学ぶ

多言語を話す国に引っ越す場合は、家を出る前に有利なスタートを切ることをお勧めします。 少なくとも基本を学び、短期集中コースの受講を検討して、到着時により快適に過ごせるようにしてください. その言語を少し話すことは、カルチャー ショックを防ぐもう1つの優れた方法です。

 

 

11.書類を整理する

海外に移動するたびに、取り組むべき書類がたくさんあります。 ビザ、就労許可証、税金、保険については、早い段階で調べておきましょう。すべてが承認されて設定されるまでには時間がかかる場合があります。

 

 

12. バンキング

銀行業務は、リストに追加する必要がある厄介なタスクの 1 つです。 海外のATMで銀行カードを使用できるかどうかを確認してください。 関連する手数料を理解し、外国取引手数料が少ないデビットカードまたはクレジットカードを取得することを検討してください。また、紛失や盗難にあった場合、または海外の銀行が受け付けない場合に備えて、少なくとも 1 枚の予備のカードを用意しておくことをお勧めします。

 

 

13.健康診断を受ける

特に医療費が高額な国に引っ越す場合は、家を出る前に健康診断を受けることをお勧めします。 また、必要な薬、避妊薬、コンタクト レンズの処方箋も用意しておく必要があります。海外で入手できる保証はないからです。 必要な薬や予防接種を受けるための十分な時間を確保できるように、引っ越しのかなり前に医師の診察を受けてください。

 

 

14. 国際健康保険に加入する

すでに健康の話題に触れていますが、出発前に目的地の健康保険の要件を調べておいてください。 たとえば、一部の国では、ワーキング ホリデーの人々に無料の医療サービスを提供しています。 他の国はもっと複雑なので、外国人のための国際健康保険に加入した方が良いかもしれません。これは、フライトの遅延や荷物の紛失などを補償するために推奨される旅行保険とは異なります。

 

 

15. ネットワークの構築を開始する

新しい目的地で知っている可能性のある人に連絡してください。 ソーシャルメディアを利用して、そこに住んでいる人を知っている友達がいるかどうかを確認します。 新しい場所に到着し、案内してくれる人をすでに知っているのはいつでもうれしいことです。

地域のオンラインコミュニティにも参加する必要があります。 Facebookグループやミートアップグループは、出発前に他の外国人や地元の人々と出会う最も簡単な方法です。 趣味がある場合は、同じ情熱を持っている地元のグループを調べてください。到着後すぐに参加できます。

 

 

16. リストを作成し、2 回チェックする

このリストの最後に近づいたので、海外に引っ越す前に完了する必要があるすべてのタスクを実際に書き留めておくことをお勧めします。 これらの手順をメインタスクとして使用し、関連するすべてのミニ タスクを追加できます。

引っ越しや海外で働くためのチェックリストを持つことは、すべてを把握し、重要なタスクを忘れないようにするための優れた方法です。また、大切な日が近づくにつれて、落ち着いて過ごすのにも役立ちます。

 

 

17. パーティーを開く

これは何より楽しいタスクになるでしょう。 あなたはすでにすべての友人や家族に知らせているはずです。今こそ集まって小さなパーティーを開きます。 大したことである必要はありません。

しかし、あなたの親しい友人や家族は、あなたが引っ越す前にできるだけ多くの時間をあなたと過ごすことを歓迎します。同じ質問を何度も聞かれることに備えましょう。

集まりは、はがきを送ることができるように全員の住所を収集または更新する絶好の機会です。 メールやInstagramそしてFacebookの時代には時代遅れに聞こえるかもしれませんが、人々はこのようなささいなジェスチャーを高く評価しています。

 

 

18. 盛り上がっていこう!

最後になりましたが、これからの冒険にワクワクしてください!この海外で働くためのチェックリストのすべての準備とチェックに夢中になっている間、それは冒険というよりも雑用のように簡単に感じるかもれしれません。また海外への引っ越し準備の喧騒の中で迷子になりがちなので、極度のストレスと不安を感じるかもしれません。

一歩下がって、なぜこの新しい冒険に乗り出すのかを思い出して、ワクワクしてください。 新しい国や都市を舞台にした小説を読んだり、映画やドキュメンタリーを観たりしてワクワクするかもしれません。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

海外就労に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が【チェックリスト】海外で働く・住む前に準備する18のことでした。それではSee you around!

アウトプット専門スクールNo.1
無料体験実施中!

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・教材の読み合わせに飽きてしまった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・2倍速進化!発言内容の見える化x添削
・課題と目標が見える実践コース
・選びに選び抜いた講師陣
・目標まで伴走するコーチング

99%の人が知らない「成功法則」で通常の2〜3倍効率的に英語力を伸ばすことが可能です。今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)実施中!まずはお気軽にご相談ください!

スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語を話せるようにならない
・TOEICは高得点でもうまく話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・2倍速進化!発言内容の見える化 X 添削
・安心の専属の講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・伴走する定期的なコンサルテーション

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします!

確認メッセージがメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックして初めて配信可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出