3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「highlight」の意味を徹底解説!ビジネスシーンでの使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!今日のブログでは、ビジネス英語で頻繁に使われる単語「highlight」について詳しく説明します。この単語の意味を理解することで、ビジネスシーンでのコミュニケーションが一段とスムーズになりますよ。

「highlight」ってどういう意味?

「highlight」は日本語で「強調する」や「目立たせる」という意味の動詞です。この単語は、特にビジネスシーンで重要なポイントを際立たせる時によく使われます。例えば、会議でのプレゼンテーションや報告書の中で、特に伝えたい部分や重要な情報を強調するために使われます。

例文:

このように、「highlight」は単に重要な部分を示すだけでなく、それを目立たせることで相手にしっかりと伝える役割を果たします。次に、「highlight」の具体的な使い方や関連する単語についてさらに詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

ビジネスシーンでの使い方

「highlight」は「強調する」や「目立たせる」という意味を持つ動詞です。日常会話でも使われますが、特にビジネスシーンで重要な情報を伝える際によく使われます。ここでは、ビジネスシーンでの具体的な使い方を見ていきましょう。

ビジネスシーンでは、プレゼンテーションや報告書、メールなどで重要なポイントを強調するために「highlight」を使用します。以下に、具体的な使い方をいくつか例示します。

1. プレゼンテーション

プレゼンテーションでは、聴衆に伝えたい重要な情報を「highlight」することで、メッセージを効果的に伝えることができます。

例文:

  • In this slide, I would like to highlight the main benefits of our new product.
    (このスライドでは、新製品の主な利点を強調したいと思います。)

2. 報告書

報告書では、特に重要なデータや結論を「highlight」することで、読者が重要な情報を一目で理解できるようにします。

例文:

  • The quarterly report highlights the significant increase in sales compared to the previous quarter.
    (四半期報告書は、前四半期と比較して売上の大幅な増加を強調しています。)

3. メール

ビジネスメールでは、重要な指示や情報を「highlight」することで、受信者に確実に伝わるようにします。

例文:

  • I would like to highlight the deadline for this project is next Friday.
    (このプロジェクトの締め切りが来週の金曜日であることを強調したいと思います。)

4. ミーティング

会議では、重要な議題や結論を「highlight」することで、参加者全員が理解しやすくなります。

例文:

  • During the meeting, we need to highlight the key objectives for the next quarter.
    (会議中に、次の四半期の主要な目標を強調する必要があります。)

このように、ビジネスシーンで「highlight」を使うことで、重要な情報を効果的に伝え、相手の理解を深めることができます。次は、「highlight」を使った具体的な例文をいくつか紹介します。

 

 

実際のビジネス会話で使われる例

「highlight」はビジネスシーンで重要なポイントを強調する際に頻繁に使われます。ここでは、具体的なビジネス会話の中でどのように使われるかをいくつかの例文で見ていきましょう。

例文 1: プレゼンテーションの中で

Speaker: “Today, I would like to highlight three main points that will drive our strategy forward. First, the need for innovation, second, market expansion, and third, customer satisfaction.”

(今日は、私たちの戦略を推進する3つの主要なポイントを強調したいと思います。第一に、イノベーションの必要性、第二に市場拡大、そして第三に顧客満足です。)

例文 2: 報告書の説明

Manager: “As you can see, this report highlights the significant improvements in our production process. We’ve managed to reduce costs by 15% and increase efficiency by 20%.”

(ご覧の通り、この報告書は生産プロセスの大幅な改善を強調しています。コストを15%削減し、効率を20%向上させることができました。)

例文 3: ミーティングでの発言

Team Leader: “During the meeting, we need to highlight the importance of adhering to the project timeline to ensure timely delivery.”

(会議中に、プロジェクトのスケジュールに従う重要性を強調して、納期を守ることを確認する必要があります。)

例文 4: メールでの指示

Email: “I would like to highlight that the client meeting has been rescheduled to 3 PM tomorrow. Please adjust your schedules accordingly.”

(クライアントミーティングが明日の午後3時に変更されたことを強調したいと思います。それに応じてスケジュールを調整してください。)

例文 5: 研修セッションで

Trainer: “Let me highlight the key skills you need to develop to excel in this role. Communication, problem-solving, and teamwork are essential.”

(この役割で成功するために必要な主要スキルを強調させてください。コミュニケーション、問題解決、そしてチームワークが不可欠です。)


これらの例文を通して、「highlight」がどのようにビジネス会話で使われるかを理解できたでしょうか。次に、「highlight」の類義語とその違いについて説明します。

 

 

「highlight」の類義語と違い

「highlight」には、「強調する」「目立たせる」という意味がありますが、同じような意味を持つ類義語もいくつか存在します。ここでは、「highlight」とその類義語である「emphasize」「underline」「stress」の違いと、それぞれの使い分けについて解説します。

1. emphasize(エンファサイズ)

「emphasize」は、「強調する」「重要視する」という意味の動詞です。「highlight」と同様に重要な点を強調する際に使われますが、特にその点が重要であることを強調するニュアンスが強いです。

例文:

  • The manager emphasized the importance of meeting deadlines.
    (マネージャーは締め切りを守る重要性を強調しました。)

使い分け:

  • 「highlight」は視覚的に強調する際に使うことが多く、プレゼンテーションや文書で重要な部分を目立たせる時に適しています。
  • 「emphasize」は言葉で重要性を強調する際に使われ、口頭での説明や会話の中でよく使われます。

2. underline(アンダーライン)

「underline」は、「下線を引く」「強調する」という意味の動詞です。文字通り、文章中で重要な部分に下線を引くことで強調します。

例文:

  • The report underlined the need for immediate action.
    (その報告書は即時の行動の必要性を強調していました。)

使い分け:

  • 「underline」は視覚的な強調だけでなく、比喩的にも使われ、書面での強調に適しています。
  • 「highlight」と似ていますが、より具体的に下線を引くイメージです。

3. stress(ストレス)

「stress」は、「強調する」「力説する」という意味の動詞です。「emphasize」と似ていますが、強調する内容に特に重きを置いて力説するニュアンスがあります。

例文:

  • The CEO stressed the importance of innovation during the annual meeting.
    (CEOは年次会議でイノベーションの重要性を力説しました。)

使い分け:

  • 「stress」は、感情や強い意志を持って強調する際に使われます。特に重要性や緊急性を強調する場面で適しています。
  • 「highlight」はもう少し中立的な強調の際に使われ、視覚的にも使えるという点で異なります。

これらの類義語の違いを理解し、それぞれの場面に適した単語を使うことで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。次は、「highlight」を使う際の注意点について説明します。

 

 

正しい使い方と避けたい間違い

「highlight」はビジネスシーンで非常に便利な単語ですが、正しく使わないと誤解を招くこともあります。ここでは、「highlight」を使う際の注意点と、避けるべき間違いについて説明します。

1. 適切な場面で使う

「highlight」は、特定の情報やポイントを強調するために使いますが、すべてを強調してしまうと、逆に何が重要なのか分かりにくくなります。特に重要なポイントに絞って使うようにしましょう。

例文:

  • We need to highlight the main achievements of this quarter.
    (今四半期の主な成果を強調する必要があります。)

避けるべき間違い:

  • 過度に多くのポイントを「highlight」する。
    • We need to highlight everything in the report.
      (報告書のすべてを強調する必要があります。)

2. 文脈を考慮する

「highlight」を使う時は、文脈に合った使い方をすることが大切です。例えば、視覚的に強調する場合と、口頭で重要性を伝える場合では適切な使い方が異なります。

例文:

  • In the presentation, we should highlight the key benefits of our product.
    (プレゼンテーションでは、製品の主な利点を強調すべきです。)

避けるべき間違い:

  • 文脈に合わない使い方をする。
    • In our conversation, we should highlight the text in the document.
      (会話の中で、文書のテキストを強調すべきです。)

3. 明確に伝える

「highlight」する情報が明確でなければ、強調した意味が伝わりにくくなります。具体的で明確な情報を強調するように心がけましょう。

例文:

  • The CEO highlighted three main strategies for the upcoming year.
    (CEOは来年の3つの主要戦略を強調しました。)

避けるべき間違い:

  • 漠然とした情報を「highlight」する。
    • The CEO highlighted some important things.
      (CEOはいくつかの重要なことを強調しました。)

4. 正しい文法と形式を守る

「highlight」は動詞として使う際、文法や形式に注意することが重要です。特に、過去形や現在分詞形など、適切な形で使いましょう。

例文:

  • The report highlighted the significant progress made over the last year.
    (その報告書は昨年の大きな進展を強調しました。)

避けるべき間違い:

  • 文法的に間違った形で使う。
    • The report highlight the significant progress.
      (その報告書は大きな進展を強調します。)

「highlight」を正しく使うことで、ビジネスコミュニケーションがより効果的になります。次は、「highlight」の内容をまとめ、理解を深めるためのポイントをお伝えします。

 

 

まとめ

振り返り

今日のブログでは、ビジネスシーンで頻繁に使われる単語「highlight」について学びました。まず、「highlight」の基本的な意味である「強調する」や「目立たせる」を理解し、次に実際のビジネス会話での具体的な使用例を見ました。また、類義語との違いと使い分けについても説明しました。最後に、「highlight」を使う際の注意点を確認し、正しい使い方と避けたい間違いについて学びました。

重要なポイントの振り返り:
  1. 基本的な意味: 「highlight」は「強調する」「目立たせる」という意味の動詞。
  2. 使用例: プレゼンテーション、報告書、メール、会議などでの使い方。
  3. 類義語との違い: 「emphasize」「underline」「stress」との使い分け。
  4. 注意点: 適切な場面で使う、文脈を考慮する、明確に伝える、正しい文法と形式を守る。

読者への感謝

最後までお読みいただき、ありがとうございました!「highlight」の意味と使い方をしっかりと理解して、ビジネスシーンで効果的に活用してください。このブログが皆さんの英語学習に役立てば幸いです。次回のブログもお楽しみに!

もし、この記事についての質問やフィードバックがあれば、ぜひコメント欄にお寄せください。皆さんのご意見をお待ちしております。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム