「直通」や「直行」の英語表現3選とその関連表現

こんにちは、リョウです。

今日は、「直通」や「直行」の英語表現3選とその関連表現についてお話します。

この記事を読めば、表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. “go straight to”

マイク
We’ll go straight to Dubai.
俺たちはドバイへ直行で行くんよ。

 

「直行で〜行く」と言いたいときは、”go straight to”が日常会話でもっとも使われます

 

 

2. “go directly to”

アイヴァン
 Does this train go directly to Luz station?
この電車はルス駅へ直通でいきますか?

 

1も2も基本的には入れ替えて同じように使うことができますが、1で紹介した“go straight to”よりも丁寧に言いたい場合に駅や空港のスタッフに尋ねる際によく使われます。

 

 

3. direct /non-stop

ナオミ
When is the next direct flight to Boston?
ボストンへの次の直行便はいつですか?
リョウ
I took a non-stop train to Kansai airport.
関空までの直通電車に乗ったよ。

 

「直行便」や「直通」を名詞で表現したいときは”direct”や”non-stop”を名詞の直前につけて形容詞として使われます。

もちろん飛行機や電車だけでなくバスにも使えますよ。

 

 

stop-over

ナオミ
How long is the stopover?
ストップオーバーはどのくらい?

 

飛行機で移動する際によく使われる言葉ですが、ある目的地まで行くのに直行ではなく他の便への乗り継ぎが必要なで、乗り継ぎ地で24時間以上(国際線)滞在する場合に使われますので、合わせて覚えておきましょう。

ちなみに基本的に都市間での移動で30分から23時間以内の乗り継ぎに対しては”layover”が使われます。

 

 

connecting flight

ロバート
Excuse me, where should I get my connecting flight?
すみません、乗り継ぎ便にはどこで乗れますか?

 

“stopover”が乗り継ぎまでの待ち時間に対して、「乗り継ぎ便」は”connect”「つなぐ」を動名詞にして”connecting flight”と表現します。

 

 

transfer

ナオミ
We had to transfer at Shinjuku station.
新宿駅で乗り換えないといけなかったの。

 

電車やバス、飛行機などを利用して乗り換えが必要な際に使えるのが”trasnfer”で、またこの”transfer”の代わりに乗り換えを表現したいは“change”もよく使われますよ

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「直通」や「直行」の英語表現3選とその関連表現でした。

それでは、See you around!

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中