3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「企画」を英語で表現する多彩な方法!planだけに頼らない英会話術

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

「企画」や「企画する」を英語でどう表現する?

こんにちは!今日は「企画」や「企画する」という言葉を英語でどう表現するかについてお話しします。仕事や日常生活で「企画」や「計画」を立てることはよくありますよね。この「企画」や「企画する」を英語で表現する場合、まず頭に浮かぶのは「plan」だと思います。しかし、実は英語には「plan」以外にもさまざまな表現があります。

英語の「plan」だけじゃない多彩な表現方法

英語の「企画」や「企画する」には「plan」以外にもいろいろな言葉があります。それぞれ微妙にニュアンスが異なるので、使い分けることで、より正確にあなたの意図を伝えることができます。例えば、具体的な設計やデザインを表す「design」、戦略的な計画を意味する「scheme」、大規模なプロジェクトを指す「project」などがあります。

この記事では、これらの言葉の違いや使い方をわかりやすく解説していきます。それでは、一緒に英語の「企画」や「企画する」の表現を学んで、あなたの英語力をアップさせましょう!

 

 

無料トライアル実施中

基本の表現

Plan: 一番よく使われる「計画」

「企画」や「企画する」を英語で表現する際、一番よく使われるのが「plan」です。「plan」は、最も一般的で幅広く使われる表現で、日常会話からビジネスの場面まで、さまざまな状況で使うことができます。

例文とその使い方

  1. 日常会話での使い方
    • 例文: “Do you have any plans for the weekend?”
    • 日本語訳: 「週末の予定はありますか?」
    • 使い方: この例文では「plans」が「予定」という意味で使われています。友達や家族との会話で、相手の週末の予定を尋ねるときに使えます。
  2. ビジネスシーンでの使い方
    • 例文: “We need to develop a marketing plan for the new product.”
    • 日本語訳: 「新製品のためのマーケティング計画を立てる必要があります。」
    • 使い方: この例文では「plan」が「計画」という意味で使われています。新製品のマーケティング計画を立てる際に使われる表現です。
  3. 未来の計画を表す使い方
    • 例文: “She plans to study abroad next year.”
    • 日本語訳: 「彼女は来年留学する予定です。」
    • 使い方: この例文では「plans to」が「~する予定」という意味で使われています。未来の計画や予定を話すときに使える表現です。
  4. プロジェクトの計画
    • 例文: “The team is working on a project plan for the new initiative.”
    • 日本語訳: 「チームは新しい取り組みのためのプロジェクト計画に取り組んでいます。」
    • 使い方: この例文では「project plan」が「プロジェクト計画」という意味で使われています。プロジェクトに関する具体的な計画を話す際に使われます。

「plan」はとても汎用性が高く、さまざまな場面で使うことができる便利な表現です。次のセクションでは、「plan」以外の表現について詳しく見ていきましょう。

 

 

他の表現

Design: 具体的な設計や企画

「design」は、具体的な設計や企画を表す言葉です。特にビジュアルや構造に関する計画を意味することが多いです。

例文とその使い方

  1. プロダクトデザインでの使い方
    • 例文: “She is responsible for designing the new office layout.”
    • 日本語訳: 「彼女は新しいオフィスのレイアウト設計を担当しています。」
    • 使い方: この例文では「designing」が具体的な設計を意味しています。オフィスのレイアウトを設計する際に使われる表現です。
  2. イベント企画での使い方
    • 例文: “We need to design the agenda for the upcoming conference.”
    • 日本語訳: 「私たちは今度の会議のアジェンダを作成する必要があります。」
    • 使い方: この例文では「design」がイベントの具体的な企画や計画を表しています。

Scheme: 戦略的な計画や構想

「scheme」は、特に戦略的な計画や構想を指す言葉です。多くの場合、長期的な目標を達成するための詳細な計画を意味します。

例文とその使い方

  1. ビジネス戦略での使い方
    • 例文: “The company has introduced a new incentive scheme for employees.”
    • 日本語訳: 「会社は従業員向けの新しいインセンティブ制度を導入しました。」
    • 使い方: この例文では「scheme」が戦略的な計画を指しています。インセンティブ制度の計画を表す際に使われます。
  2. 政府計画での使い方
    • 例文: “The government unveiled a scheme to boost renewable energy production.”
    • 日本語訳: 「政府は再生可能エネルギー生産を増やすための計画を発表しました。」
    • 使い方: この例文では「scheme」が政府の長期的な戦略計画を意味しています。

Project: 大規模な計画やプロジェクト

「project」は、大規模な計画やプロジェクトを表す言葉です。具体的な成果物や目的を持つ長期的な取り組みを指します。

例文とその使い方

  1. 企業プロジェクトでの使い方
  2. 学術プロジェクトでの使い方
    • 例文: “She is working on a research project about climate change.”
    • 日本語訳: 「彼女は気候変動に関する研究プロジェクトに取り組んでいます。」
    • 使い方: この例文では「project」が学術的な研究の取り組みを意味しています。

Outline: 大まかな計画や概要

「outline」は、大まかな計画や概要を表す言葉です。詳細な計画の前に、基本的な枠組みを示す際に使います。

例文とその使い方

  1. プレゼンテーションでの使い方
  2. 企画書での使い方
    • 例文: “The outline of our marketing strategy is still under review.”
    • 日本語訳: 「私たちのマーケティング戦略の概要はまだ検討中です。」
    • 使い方: この例文では「outline」がマーケティング戦略の大まかな計画を表しています。

 

 

動詞としての「企画する」

Plan: 一般的な「計画する」

「plan」は、最も一般的な「計画する」という意味で使われる動詞です。広範な状況で利用可能で、シンプルかつ明確に「企画する」という意味を伝えます。

例文とその使い方

  1. 日常会話での使い方
    • 例文: “They are planning a trip to Europe next summer.”
    • 日本語訳: 「彼らは来年の夏にヨーロッパ旅行を計画しています。」
    • 使い方: この例文では「planning」が「計画する」という意味で使われています。旅行の計画を立てる際に使えます。
  2. ビジネスシーンでの使い方
    • 例文: “We are planning to launch the new product in September.”
    • 日本語訳: 「私たちは9月に新製品を発売する計画を立てています。」
    • 使い方: この例文では「planning」がビジネスでの具体的な計画を表しています。

Design: デザインするように「企画する」

「design」は、特にビジュアルや構造に焦点を当てた「企画する」という意味で使われます。具体的な設計や細部にこだわる企画に適しています。

例文とその使い方

  1. プロダクトデザインでの使い方
  2. イベント企画での使い方
    • 例文: “She designed the layout for the exhibition.”
    • 日本語訳: 「彼女は展示会のレイアウトを企画しました。」
    • 使い方: この例文では「designed」がイベントのレイアウトの具体的な設計を意味しています。

Devise: 創意工夫して「考案する」

「devise」は、創意工夫して新しいアイデアや計画を考案する際に使われる動詞です。独創的で創造的な企画に適しています。

例文とその使い方

  1. 新しい戦略の考案
  2. 問題解決の方法を考案
    • 例文: “The engineers devised a solution to the technical problem.”
    • 日本語訳: 「エンジニアたちは技術的な問題の解決策を考案しました。」
    • 使い方: この例文では「devised」が技術的な問題に対する解決策を創意工夫して考案することを意味しています。

 

 

日常会話での使い分け

場面に応じた表現の選び方

「企画」や「計画する」という表現は、場面に応じて使い分けることで、より適切に意思を伝えることができます。カジュアルな場面とビジネスシーンでは、それぞれ異なるニュアンスや表現を選ぶことが重要です。

カジュアルな場面

カジュアルな場面では、友人や家族との会話で使う表現です。シンプルでわかりやすい言葉を選ぶと良いでしょう。

  1. Plan
    • 例文: “What are your plans for the weekend?”
    • 日本語訳: 「週末の予定は何ですか?」
    • 使い方: 友人や家族に週末の予定を尋ねるときに使います。
  2. Design
    • 例文: “Let’s design a fun party for Jane’s birthday.”
    • 日本語訳: 「ジェーンの誕生日に楽しいパーティーを企画しよう。」
    • 使い方: 具体的なイベントやパーティーの企画を話す際に使います。
  3. Outline
    • 例文: “We should outline our plans for the road trip.”
    • 日本語訳: 「ロードトリップの計画をざっくりと立てよう。」
    • 使い方: 大まかな計画を立てる際に使うと良いでしょう。

ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、よりフォーマルで具体的な表現を選ぶことが求められます。プロフェッショナルな場面にふさわしい表現を使いましょう。

  1. Plan
    • 例文: “We need to plan our marketing strategy for the next quarter.”
    • 日本語訳: 「次の四半期のマーケティング戦略を計画する必要があります。」
    • 使い方: ビジネスの計画を立てる際に一般的に使われます。
  2. Design
    • 例文: “He is responsible for designing the new product launch plan.”
    • 日本語訳: 「彼は新製品のローンチ計画の設計を担当しています。」
    • 使い方: 新製品の具体的な計画や設計に関する話で使います。
  3. Devise
    • 例文: “We need to devise a new strategy to stay competitive.”
    • 日本語訳: 「競争力を保つための新しい戦略を考案する必要があります。」
    • 使い方: 創意工夫が必要な戦略的な計画に関する話で使います。

日常会話では、場面に応じて「企画」や「計画する」の英語表現を使い分けることが大切です。カジュアルな場面ではシンプルで親しみやすい表現を、ビジネスシーンではよりフォーマルで具体的な表現を選びましょう。これにより、相手に正確かつ適切なニュアンスで意思を伝えることができます。

 

 

まとめ

振り返り

この記事では、「企画」や「企画する」という表現を英語でどう言うかについて詳しく見てきました。まず、「plan」が最も一般的な表現であり、日常会話からビジネスシーンまで幅広く使えることを学びました。また、「design」や「scheme」、「project」、「outline」など、具体的な場面やニュアンスに応じて使い分けることで、より適切に意思を伝える方法を紹介しました。

さらに、動詞としての使い方も解説しました。「plan」は一般的な「計画する」、「design」はデザインするように「企画する」、「devise」は創意工夫して「考案する」といったそれぞれの使い方を学びました。

最後に、日常会話とビジネスシーンでの使い分けについても触れました。カジュアルな場面ではシンプルで親しみやすい表現を使い、ビジネスシーンではフォーマルで具体的な表現を選ぶことで、より正確に意思を伝えることができることを確認しました。

読者への感謝

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。英語の表現力を高めることで、コミュニケーションがよりスムーズになり、あなたの英語力も一層向上することを願っています。さまざまな場面で今回学んだ表現を活用してみてください。

これからも英語学習の旅を続けていく中で、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。また、新しい表現や知識を共有できる機会を楽しみにしています。今後も一緒に学んでいきましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム