3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネス英語で差をつける!「ダブルチェックする」の正しい使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。ビジネスコミュニケーションにおいて、ミスを避けるために「ダブルチェックする」ことは非常に重要です。この行動は、情報が正確であることを確認し、誤解や誤りを未然に防ぐために役立ちます。では、英語で「ダブルチェックする」とはどのように表現するのでしょうか?

 

 

英語表現

英語で「ダブルチェックする」は主に “double-check” という動詞で表現されます。ビジネスシーンでは、データの正確性を保証したり、計画に誤りがないか確認したりする際によく使用されます。”verify”, “confirm”, “validate” などの類義語も同様のコンテキストで使われることがありますが、“double-check” は特に二度確認するという意味合いが強いです。

使い方のコツやヒント

“Double-check” を使用する際は、具体的に何を確認すべきかを明確に指示すると良いでしょう。これにより、相手が必要なアクションを正確に理解しやすくなります。

 

 

無料トライアル実施中

例文

提出したレポートにミスはないか上司から聞かれて…

リョウ
Yes, I checked and then I double-checked.
はい、確認してさらにダブルチェックしました。

 

 

チェックアウトする際に…

スタローン
Have you got everything?
忘れ物ない?
アイヴァン
Yes, I double-checked.
うん、ダブルチェックしたよ。

 

 

パーティーにマイクは来るのか聞かれて…

ナオミ
I think he’s not coming, but I will double-check.
彼は来ると思うけど、ダブルチェックします。

 

 

その他例文

  1. “Could you double-check the figures in this report before we submit it?”(このレポートを提出する前に、数字をダブルチェックしてもらえますか?)
  2. “I’ll double-check the meeting time with the client and get back to you.”(クライアントとの会議時間をダブルチェックして、戻ってきます。)
  3. “It’s always a good practice to double-check your email for any errors before sending it.”(メールを送信する前に、エラーがないかダブルチェックすることは常に良い習慣です。)

いかがでしたでしょうか。「ダブルチェックする」は英語で“double-check”と表され、何かが確実に正しいかどうか再度確認する際に使われる表現です。”Double-check”は一単語**として扱い、動詞として用いることができます。この単語は目的語を直後に置くことができるため、”I double-checked all the documents”(すべてのドキュメントをダブルチェックした)というように、確認対象を明確にすることが可能です。

時制については、例文のように過去形の場合は“-ed”(double-checked)を末尾に付け、現在進行形の場合は“-ing”(double-checking)を末尾に付け、他の普通の動詞と同様に時制を表現できます。さらに、”double-check”は名詞としても使用可能**ですが、”make a double check”という表現は一般的ではありません。より自然な英語では、”double-check”を名詞として直接使用することができます。例えば、”a double-check is necessary”(ダブルチェックが必要です)と言うことができます。

 

 

注意点

“Double-check”の使用にあたり、特にビジネスコミュニケーションでは、相手に不信感を抱かせないようにすることが非常に重要です。この表現を使う際は、単に情報の正確性を確かめたいという建設的な意図があることを明確に伝える必要があります。以下はそのための具体的なアドバイスです:

  • 丁寧な言葉遣いを心掛ける:「Could you please double-check…?」や「Would you mind double-checking…?」のように、依頼する際は丁寧な表現を使用しましょう。これは、あなたのリクエストが相手に対する不信ではなく、単純な確認のためであることを示します。
  • 協力を求める姿勢を示す:「I want to make sure we’re on the same page」や「To ensure our best quality work, could we double-check…?」のように、共同で目標を達成しようとする姿勢を示すことが大切です。これは、ダブルチェックがチームワークの一環であることを強調します。
  • 感謝の意を表現する:依頼を受け入れてもらった後は、「Thank you for double-checking」のように感謝の意を示しましょう。これにより、相手の努力を認め、良好な関係を維持することができます。
  • 目的を明確にする:なぜダブルチェックが必要なのか、その目的を明確に説明することも重要です。これにより、リクエストが合理的であることを相手に理解してもらえます。

このように、「double-check」を使う際は、その背景にある意図を正確に伝え、相手に不要なプレッシャーや不信感を与えないようにすることが、スムーズで効果的なコミュニケーションにつながります。

 

 

質問に対する返答のバリエーション

質問や依頼に対して「ダブルチェックする」ことを約束する際、その返答は状況や既に行ったアクションに応じて変わります。以下は二つの一般的な返答例と、それぞれの背景や意図についての解説です。

“Yes, I’ll double-check it right away.”(はい、すぐにダブルチェックします。)

この返答は、リクエストに対して即座に行動を起こす意欲を示しています。ここでの「right away」は、迅速性と対応の早さを強調しており、リクエスターに対してその依頼が重要視されていることを伝えます。ビジネス環境においては、このような反応は効率性とプロフェッショナリズムを示し、信頼と信用を構築するのに役立ちます。

“I’ve already double-checked, but I’ll do it once more to be sure.”(すでにダブルチェックはしましたが、確実のためもう一度確認します。)

この返答は、既に必要な確認作業を行ったが、依頼者の安心のため、またはさらなる正確性を確保するために、喜んで再確認する姿勢を示しています。ここでのポイントは、既に行った努力を認識していることと、さらなる確認の重要性を理解していることのバランスです。これにより、徹底性と細心の注意を払う姿勢が伝わります。

これらの返答は、相手に対する敬意と協力の精神を示すため、ビジネスコミュニケーションで特に効果的です。重要なのは、対応の速さと確認作業の質の両方を重視することで、信頼を築き、誤解やミスを最小限に抑えることができます。

 

 

実践的な練習問題

  • あなたがプレゼンテーションの資料を作成したとします。同僚にメールで資料の事実確認を依頼する英文を書いてみましょう。
  • 会議の日程をクライアントに確認するための英文メールを作成してください。

1. 同僚にプレゼンテーション資料の事実確認を依頼するメール

Subject: Fact-Checking Request for Presentation Material

Dear [同僚の名前],

I hope this message finds you well. I am reaching out to request your assistance with a final review of the presentation material I’ve prepared for our upcoming meeting on [日付]. Given your expertise in [関連する専門分野], I believe your insights would be invaluable in ensuring the accuracy and completeness of our information.

Could you please take a moment to double-check the facts and figures? Your attention to detail would greatly help in reinforcing the credibility of our presentation. I am particularly concerned about the sections on [具体的なセクション名], so if you could pay extra attention to these areas, it would be much appreciated.

I have attached the document to this email for your review. Please feel free to make any annotations or suggestions directly on the document. I am aiming to finalize the material by [最終確定日], so your feedback by [フィードバック期限] would be incredibly helpful.

Thank you very much for your time and support. I look forward to your valuable feedback.

Best regards,

[あなたの名前]

2. 会議の日程をクライアントに確認するメール

Subject: Confirmation of Meeting Schedule

Dear [クライアントの名前],

I hope you are doing well. As we are approaching the scheduled date for our upcoming meeting, I wanted to reach out to confirm the date and time to ensure we are all aligned. We have currently scheduled our meeting for [会議の日時], to be held at [会議の場所 or オンライン会議プラットフォームのリンク].

Could you please confirm if this date and time are still convenient for you? Your confirmation will help us in finalizing the arrangements and ensuring that we have a productive meeting. If there are any changes or specific topics you would like to discuss during our meeting, please feel free to let me know.

Thank you for your attention to this matter. I look forward to your confirmation and to our meeting.

Best regards,

[あなたの名前]

これらのメールは、ビジネスコミュニケーションにおける正確性と礼儀を示す良い例です。それぞれのメールは、受信者に対する敬意を表しており、明確で具体的なリクエストが含まれています。

 

 

似たような表現

“Verify”(検証する)

例文: “We need to verify the authenticity of the document.”(その文書の真正性を検証する必要があります。)

解説: “Verify”は、情報、文書、データなどの正確性や真実性を確認する際に使用されます。このプロセスでは、提供された情報が信頼できるソースから来ているか、または事実に基づいているかを検証します。ビジネスや研究の文脈で頻繁に使用され、信頼性の高い結果や決定を導くために重要です。

“Confirm”(確認する)

例文: “Please confirm your attendance by tomorrow.”(明日までに出席を確認してください。)

解説: “Confirm”は、情報や詳細が正しいかどうかを確認するために使われ、特に人と人との約束や計画に関する同意や理解を得る際に用いられます。この表現は、事前の合意や計画が変更されていないことを確認するため、コミュニケーションをスムーズにし、誤解を防ぐのに役立ちます。

“Validate”(妥当性を確認する)

例文: “This study validates our hypothesis.”(この研究は私たちの仮説の妥当性を確認します。)

解説: “Validate”は、情報やプロセスが適切で、受け入れられる基準や条件を満たしているかを確認する際に使用されます。この言葉は、理論、仮説、または方法が正当であることを証明するために科学的な調査やビジネス分析でよく使われます。

 

 

関連する語彙

“Accuracy”(正確さ)

例文: “We strive for accuracy in all our reports.”(私たちはすべてのレポートで正確さを追求します。)

解説: “Accuracy”は、情報や結果が正確である度合いを表し、誤差や偏りが最小限であることを意味します。ビジネス、科学、ジャーナリズムなど、あらゆる分野で重要視されます。

“Precision”(精密さ)

例文: “Precision is crucial when dealing with financial data.”(金融データを扱う際には精密さが重要です。)

解説: “Precision”は、測定や結果が一貫性を持って再現可能であること、また特定の値にどれだけ近いかを指します。特に、金融データや工学的な計算において、細かい差異が大きな影響を及ぼす可能性があるため、精密さは極めて重要になります。

 

 

 

 

「確認」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ビジネスにおいて「ダブルチェックする」ことの重要性は計り知れません。この記事を通じて、効果的な英語表現を身につけ、より信頼性の高いコミュニケーションを目指してください。以上が「ダブルチェックする」の英語表現とその使い方【仕事で重宝する】でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム