「くつろげる雰囲気(空間)」の英語表現4選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は「くつろげる雰囲気」の英語表現4選とその使い方についてお話します。この記事を読めば、表現力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

「くつろげる雰囲気」を英語で言うと?

マイク
I love this relaxing atmosphere.
このくつろげる雰囲気めちゃ気に入ったわ。

 

「くつろげる」にぴったりな単語が”relaxing”です。文法的なお話になりますが、この”ing”は動名詞ではなく名詞”atmosphere”を修飾する現在分詞です。”relaxing”は「リラックスさせる」ものや人に使われます。

ここでは「雰囲気」や「空間」を”atmosphere”で表現していますが、レストランやバーの雰囲気に限定して言うなら”ambiance”のほうがよく使われます。それについては別の記事で詳しくまとめているのでよかったら下記カードよりどうぞご覧ください。

「雰囲気」=”atmosphere”ではない!「雰囲気」の英語表現3選とその使い方

2017年1月8日

 

 

“relaxed atmosphere”と言ってもいい?

ナオミ
It was a lovely relaxed atmosphere.
素敵でくつろげる雰囲気だったわ。

 

過去分詞”relaxed”を使って同じように表現することができます。違いはほとんどありませんが強いて言うなら“relaxed”の場合はその場所自体がくつろげる様子で、 “relaxing”の場合はその場所がくつろげる気分にさせてくれる能動性を含みます。特にこだわりなければ、”relaxing atmosphere”を使えば問題ないです。

 

 

入れ替えられる他の言い回し3選

その他にも同じ意味で表現できる言い回しが3つあるので一緒に紹介しておきます。

1. “cozy atmosphere”

リョウ
The cozy atmosphere keeps customers coming back.
そのくつろげる空間がお客さんをリピーターにさせるんだな。

 

“cozy”の場合はこぢんまりしたくつろげる場所に使われます。

ちなみにアメリカではスペルが”cosy”と”s”になります。

 

2. “chillaxing atmosphere”

ナオミ
What an amazing food and chillaxing atmosphere.
本当に最高の料理でくつろげる雰囲気だね!

 

意味は”relaxing”と同じ意味で使うことができる”chillaxing”は、2000年代からよく使われるようになった”chill”と”relax”を掛け合わせた若者言葉です。

 

3. “laid-back atmosphere”

アイヴァン
I want my living room to be a laid-back atmosphere.
リビングルームをゆったりした空間にしたいの。

 

“laid-back”は「のんびりした」や「のほほんとした」という意味です。”He’s so laid-back.”のように性格に使われることも多いですが、空間にもよく使われます

 

 

雰囲気に関連する記事

「雰囲気を壊す」の英語表現2選とその関連表現

2019年1月30日

「雰囲気」=”atmosphere”ではない!「雰囲気」の英語表現3選とその使い方

2017年1月8日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が「くつろげる雰囲気」の英語表現4選とその使い方でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。