「〜しちゃダメなんだよ」の英語表現とその使い方【許可されてるの?】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「〜しちゃダメなんだよ」の英語表現とその使い方【許可されてるの?】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

「〜しちゃダメなんだよ」の英語表現とその使い方【許可】

テストが始まってるのにクラスメイトが話しかけてきて…

ナオミ
You’re not allowed to talk during the exam.
試験中におしゃべりしちゃダメだよ。

 

駐車禁止の看板があることに気づき夫に…

アイヴァン
Honey, you’re not allowed to park here.
ねぇ、ここに駐車しちゃダメよ。

 

シンガポールに友人と観光していて…

ウィル
Do you want some chewing gum?
ガムいる?
ナオミ
You’re not allowed to chew gum in Singapore.
シンガポールでガムを噛んだらダメなんだよ。

 

いかがでしたでしょうか。「〜しちゃダメなんだよ」の英語表現は”You’re not allowed to 〜”です。このtoはto不定詞のtoなので直後に動詞を持ってきます。あることが許可されていない場合に使います。大学入試などで”allow”を学んだのを覚えているかもしれませんが、会話ではこのように受け身の形で使われることのほうがむしろ多いです。

ポイントとしてはyouの使い方です。youは個人的な「あなた」に向けた意味ではなくて、この場合”everyone”つまり「みんな」を意味します。したがって、フレーズ中のyouはeveryoneに置き換え可能ということになります。また、主語を置き換えて使ってもよいでしょう。例えばSmoking is not allowed here in this restaurant.「このレストランは禁煙です」やPets are not allowed in this apartment.「このアパートではペットは禁止されてるよ。」のようになりますね。

 

 

「許可」に関連する記事

許可のニュアンス”Let me 〜.”の意味と使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「〜しちゃダメなんだよ」の英語表現とその使い方【許可されてるの?】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出