確実な成果を出すならRYO英会話ジム

間違いを防ぎたい!“knock up”と”knock out”の意味と使い分け方

「Knock up」と「knock out」という表現は似ているようで実は全く異なる意味を持っています。英語を勉強している人にとっては、このような類似した表現の違いを理解することがとても重要です。今回はこの二つのフレーズの意味や使い方について、詳しく解説していきます。

 

 

”knock up”と”knock out”の違い

「knock up」は、「妊娠させる」という意味で使われます。または「get someone pregnant」という表現が使われます。ただし、注意しなければならないのは、”knock up”という表現は、アメリカ英語では俗語的で下品な表現とされていることです。女性が男性によって妊娠したという意味で使われますが、その使用は侮蔑的で、敬意を欠いているとされています。そのため、公式な場面やビジネスシーンでは使用しないようにしましょう。

一方、「knock out」は、「ノックアウトする」という意味があります。これは、拳闘試合や格闘技の場合、相手を意識を失わせることを指します。また、その他の場合でも、意識を失わせたり、圧倒的な勝利を収めたりすることを表現するのに用いられます。

 

 

無料トライアル実施中

3つの例文

友人の出来ちゃった結婚の理由を聞かれて..

アイヴァン
He knocked up his girlfriend last year.
彼は昨年、彼女を妊娠させました。

 

 

何が起きたのか聞かれて…

スタローン
She got knocked up by her boyfriend.
彼女は彼氏に妊娠させられました。

 

 

試合の結果を聞かれて…

マイク
The boxer knocked out his opponent in the first round.
そのボクサーは1ラウンド目に相手をノックアウトしました。

 

 

 

関連する語彙

  • knock over:何かを倒す、転倒させる
  • knock down:何かを壊す、破壊する
  • knock it off:やめる、中止する

 

 

 

 

関連する記事

 

 


 

今回は、「knock up」と「knock out」の違いについて解説しました。英語を勉強する上で、同じ単語でも使い方が異なることがあるため、注意が必要です。それぞれの使い方を覚えて、正しく使い分けていきましょう!ありがとうございました。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム