3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語表現「Each other」と「One another」の違いをマスターしよう!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

「Each other」と「One another」の基本情報

英語を学ぶ中で、「Each other」と「One another」というフレーズに出会うことが多いかもしれません。この二つの表現は、どちらも「お互いに」という意味を持ち、主に複数の人々や物の間で相互作用がある場合に使われます。しかし、これらの表現には微妙な違いがあります。

「Each other」
  • 意味: 「お互いに」
  • 使用シーン: 2人の間の相互作用や関係を表現する時に使われます。
  • 例文: “John and Mary help each other with their homework.”
    (ジョンとメアリーはお互いに宿題を手伝います。)
「One another」
  • 意味: 「お互いに」
  • 使用シーン: 3人以上の間の相互作用や関係を表現する時に使われます。
  • 例文: “The team members support one another during the project.”
    (チームメンバーはプロジェクト中にお互いをサポートします。)

両者ともに「お互いに」という意味を持ちますが、使う状況によって適切な表現が異なります。特に、伝統的な文法では「Each other」が2人の場合、「One another」が3人以上の場合に使われるとされています。ただし、現代英語ではこの違いが曖昧になっており、どちらのフレーズも2人または3人以上の場合に使われることが多いです。

このブログでは、「Each other」と「One another」の違いや使い方を具体的に説明し、例文を通じて理解を深める手助けをします。それでは、次のセクションで「Each other」の詳細な使い方について見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「Each other」の使い方

基本的な意味と用法

「Each other」は、「お互いに」という意味を持ち、主に2人の人や物の間で相互作用がある場合に使われます。このフレーズは、動詞の後に置かれ、相互関係を表現するのに便利です。

基本的な使い方のポイント:
  1. 動詞の後に置く: 「Each other」は通常、動詞の直後に置かれます。
  2. 2人の間の相互作用: 「Each other」は主に2人の間で使われることが多いですが、現代英語では3人以上の場合でも使われることがあります。
例文:
  • “John and Mary help each other with their homework.”
    (ジョンとメアリーはお互いに宿題を手伝います。)
  • “The two friends understand each other very well.”
    (その二人の友人はお互いをよく理解しています。)

具体例で理解を深める

ここでは、日常会話やビジネスシーンでの具体例を紹介します。

日常会話の例:
  1. 家族や友人間での使用:
    • “My parents love each other deeply.”
      (私の両親はお互いを深く愛しています。)
    • “We often call each other to stay in touch.”
      (私たちは連絡を取り合うためにしばしば電話をします。)
  2. カジュアルな状況での使用:
    • “They always share their food with each other.”
      (彼らはいつもお互いに食べ物を分け合います。)
    • “The children play games and laugh with each other.”
      (子供たちはゲームをしてお互いに笑います。)
ビジネスシーンの例:
  1. チームワークにおける使用:
    • “Team members should communicate with each other effectively.”
      (チームメンバーは効果的にお互いとコミュニケーションをとるべきです。)
    • “The managers trust each other’s decisions.”
      (マネージャーたちはお互いの決定を信頼しています。)
  2. プロフェッショナルな環境での使用:
    • “Colleagues often collaborate with each other on projects.”
      (同僚たちはしばしばプロジェクトでお互いに協力します。)
    • “During the meeting, everyone listened to each other’s opinions.”
      (会議中、皆がお互いの意見に耳を傾けました。)

これらの例を通じて、「Each other」がどのように使われるかを具体的に理解することができます。次のセクションでは、「One another」の使い方について見ていきましょう。

 

 

「One another」の使い方

基本的な意味と用法

「One another」も「お互いに」という意味を持ち、「Each other」と同じく動詞の後に置かれて相互関係を表現します。ただし、伝統的には3人以上の間の相互作用や関係を表現する際に使われることが一般的です。とはいえ、現代英語ではこの違いが曖昧になり、「Each other」と同じように使われることが多くなっています。

基本的な使い方のポイント:
  1. 動詞の後に置く: 「One another」は動詞の直後に置かれます。
  2. 3人以上の間の相互作用: 伝統的には3人以上の間で使われますが、2人の間でも使われることがあります。
例文:
  • “The students in the class often help one another with their studies.”
    (クラスの生徒たちはしばしばお互いに勉強を助け合います。)
  • “We should support one another in times of need.”
    (困った時にはお互いを支え合うべきです。)

具体例で理解を深める

ここでは、日常会話やビジネスシーンでの具体例を紹介します。

日常会話の例:
  1. 家族や友人間での使用:
    • “During the family reunion, relatives shared stories with one another.”
      (家族の再会の際に、親戚たちはお互いに話を共有しました。)
    • “Friends often give one another gifts during holidays.”
      (友人たちは休暇中にお互いに贈り物をすることがよくあります。)
  2. カジュアルな状況での使用:
    • “Neighbors in the community look out for one another.”
      (コミュニティの隣人たちはお互いに気を配っています。)
    • “People on the team encourage one another before a game.”
      (試合の前にチームのメンバーたちはお互いに励まし合います。)
ビジネスシーンの例:
  1. チームワークにおける使用:
    • “During the brainstorming session, team members bounced ideas off one another.”
      (ブレインストーミングセッション中に、チームメンバーはお互いにアイデアを出し合いました。)
    • “Employees should always respect one another’s contributions.”
      (従業員は常にお互いの貢献を尊重するべきです。)
  2. プロフェッショナルな環境での使用:
    • “The departments work closely with one another to achieve company goals.”
      (部門同士は会社の目標を達成するために密接に協力しています。)
    • “During the conference, professionals from different fields shared their knowledge with one another.”
      (会議中、異なる分野の専門家たちはお互いに知識を共有しました。)

これらの具体例を通じて、「One another」がどのように使われるかを理解することができます。次のセクションでは、「Each other」と「One another」の違いについて詳しく見ていきましょう。

 

 

「Each other」と「One another」の違い

使い分けのポイント

「Each other」と「One another」はどちらも「お互いに」という意味を持ちますが、使用する状況や対象によって使い分けが異なります。以下のポイントを押さえておきましょう。

1. 伝統的な使い分け
  • Each other: 主に2人の間での相互作用に使われます。
  • One another: 主に3人以上の間での相互作用に使われます。
2. 現代英語での使い分け
  • 近年では、この区別はあまり厳密には守られず、どちらも2人または3人以上の場合に使われることがあります。
3. 文脈による使い分け
  • Each other: 個々の関係や行動を強調したい時に使われます。
  • One another: 集団全体の相互関係や行動を強調したい時に使われます。

例文で見る使い分け

具体的な例文を通じて、「Each other」と「One another」の違いを視覚的に理解しましょう。

Each otherの例:
  • “John and Mary always support each other.”
    (ジョンとメアリーはいつもお互いをサポートします。)
  • “The two dogs were playing with each other in the yard.”
    (その二匹の犬は庭でお互いに遊んでいました。)
One anotherの例:
  • “The members of the book club often share books with one another.”
    (読書クラブのメンバーはしばしばお互いに本を共有します。)
  • “During the group project, students helped one another to complete the tasks.”
    (グループプロジェクトの間、生徒たちはお互いに助け合って課題を完了しました。)

実際に使ってみよう

練習問題

以下の文に適切な「Each other」または「One another」を入れてみましょう。

  1. The two friends hugged __________ tightly.
  2. In the team meeting, everyone shared their ideas with __________.
  3. They often send emails to __________ to stay in touch.
  4. The classmates congratulated __________ after the presentation.
  5. The siblings borrowed clothes from __________ all the time.

解答と解説

1. The two friends hugged each other tightly.

  • ここでは2人の友人が登場するため、「Each other」が適切です。

2. In the team meeting, everyone shared their ideas with one another.

  • チームミーティングでは複数人が参加しているため、「One another」が適切です。

3. They often send emails to each other to stay in touch.

  • 通常、2人の間でのやり取りを示すため、「Each other」が適切です。

4. The classmates congratulated one another after the presentation.

  • クラスメート全員が互いに祝う場面では、「One another」が適切です。

5. The siblings borrowed clothes from each other all the time.

  • 兄弟姉妹間の相互関係を示すため、「Each other」が適切です。

これらの練習問題を通じて、「Each other」と「One another」の使い方を実際に体験してみましょう。理解が深まると、日常生活やビジネスシーンでも自然に使えるようになります。

 

 

まとめ

この記事のおさらい

この記事では、「Each other」と「One another」の違いと使い方について学びました。以下に今回の内容を簡単に振り返ってみましょう。

  1. 基本的な意味と用法
    • Each other: 主に2人の間の相互作用を表すフレーズ。「お互いに」という意味で使われます。
    • One another: 主に3人以上の間の相互作用を表すフレーズ。こちらも「お互いに」という意味で使われますが、現代英語では区別が曖昧になってきています。
  2. 使い分けのポイント
    • 伝統的には、「Each other」は2人の場合、「One another」は3人以上の場合に使われます。
    • 現代英語ではこの違いがあまり厳密に守られておらず、どちらも広く使われます。
  3. 具体的な例文と練習問題
    • 日常会話やビジネスシーンでの具体例を通じて、それぞれのフレーズの使い方を学びました。
    • 練習問題を通じて実際に使ってみることで、理解を深めました。

さらなる学習のために

今回学んだ「Each other」と「One another」は、英語の相互作用を表現する上で非常に重要なフレーズです。さらに学習を進めるために、以下のアドバイスを参考にしてください。

  1. 実践的な練習を続ける
    • 英語での会話や文章を書く際に、積極的に「Each other」と「One another」を使ってみましょう。実際の使用を通じて、自然に身につけることができます。
  2. 関連する英語表現を学ぶ
    • 他にも相互作用を表す英語表現やフレーズを学んでみましょう。例えば、「互いに」を意味する「Mutually」や、「互いに助け合う」を意味する「Help each other out」などです。
  3. 英語のリスニングやリーディングを強化する
    • 英語の映画やドラマ、ポッドキャストなどを聞いて、ネイティブスピーカーがどのように「Each other」と「One another」を使っているかを観察しましょう。また、英語の書籍や記事を読むことで、文脈に応じた使い方を学ぶことができます。

英語の表現力を高めるためには、継続的な練習と学習が必要です。今回の学びを活かして、さらに英語力を向上させていきましょう。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム