短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

社会人の英語マスタープラン:TOEFL攻略の戦略ガイド

TOEFLとは?

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、非英語圏の人々が英語をどの程度理解し、使用できるかを測るための試験です。主に大学や大学院での留学、就職、昇進の際に英語能力の証明として要求されます。この試験は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されており、各セクションでの総合的な英語使用能力を評価します。

 

 

おすすめの勉強法

TOEFL対策には戦略的なアプローチが必要です。以下の勉強法と順序を推奨します:

1. 基礎スキルの強化

まず、英語の基本的な文法や語彙を強化します。日常会話がスムーズにできるレベルを目指しましょう。

2. セクション別学習

基礎ができたら、TOEFLの各セクション(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)に特化した学習を始めます。それぞれのセクションでよく出る問題形式や解答技術を習得しましょう。

3. 模擬試験

実戦感覚を養うために、模擬試験を定期的に実施します。時間配分や試験中のストレス管理も同時に学びます。

4. 弱点の克服

模擬試験での結果を分析し、弱点が明確になったら、それを重点的に改善します。

 

 

初心者が目標にすべきスコアは?

TOEFLは、総点数120点満点で評価されます。初心者が目指すべきスコアは、目標とする大学や職場によって異なりますが、一般的には80〜100点台が多くの大学での最低基準になっています。最初は60〜70点を目指し、徐々に目標スコアを上げていくのが良いでしょう。

 

 

目安とすべき学習時間は?

TOEFLスコアの目標にもよりますが、一般的には試験日の3〜6ヶ月前から準備を開始することが推奨されます。週に15〜20時間の学習を目安にし、総学習時間は約100〜200時間が必要とされています。個人の英語レベルや学習効率によって異なりますので、自分自身の進捗状況を定期的に評価し、計画を調整してください。

 

 

TOEICスコアとの換算表

TOEFLとTOEICは、どちらも英語能力を測定するためのテストですが、それぞれ異なる目的と形式で設計されています。TOEFLは主にアカデミックな英語能力を、TOEICはビジネスや日常生活での英語コミュニケーション能力を測定します。そのため、直接的なスコアの換算は正確ではないかもしれませんが、一般的な目安としての換算表が存在します。

以下は、TOEFL iBTスコアとTOEICスコアの一般的な換算表です。この表はあくまで参考用であり、公式なものではありませんので、具体的な換算には限界があることを理解してください。

TOEFL iBT スコア TOEIC スコア
0 – 31 0 – 250
32 – 34 255 – 400
35 – 45 405 – 600
46 – 59 605 – 780
60 – 78 785 – 940
79 – 95 945 – 990
96 – 120 990

この表は大まかな比較に過ぎません。実際のスコア換算には、テストの目的、評価基準、受験者の能力範囲など、多くの要素が関わってきます。また、テストのバージョンや評価基準の変更により、この換算表が時代に合わなくなる可能性もあります。したがって、この換算表を使用する際は、その目的と限界を十分に理解した上で参考の一つとしてください。

 

 

まとめ

社会人として忙しい中でも、TOEFLの勉強を進めることは可能です。重要なのは、効率的な学習方法を見つけ、継続的に取り組むことです。基礎スキルの確立から始め、セクション別の練習、模擬試験の実施、そして弱点の克服に焦点を当てることが重要です。目標スコアを定め、それに向かって計画的に学習を進めましょう。また、自分自身の学習進捗を定期的に評価し、必要に応じて学習計画を調整する柔軟性も持つことが大切です。

社会人としての時間管理能力を活かし、勉強時間を賢く確保してください。例えば、通勤時間を利用してリスニング練習を行う、昼休みに単語学習アプリを使う、週末に集中的にライティングやスピーキングの練習をするなど、日常生活の中で効率的に学習時間を見つけ出しましょう。

最後に、TOEFLの準備は単なる試験対策以上の価値があります。英語力の向上は、国際的なビジネスシーンでのコミュニケーション能力を高め、キャリアアップにも直結します。TOEFLの勉強を通じて、英語を使った実践的なコミュニケーションスキルを身につけ、社会人としてさらなる成長を目指しましょう。

TOEFL対策は一朝一夕にはいきませんが、計画的かつ継続的な努力により、目標達成は十分に可能です。自己ベストを更新し続けることで、英語力だけでなく、自己管理能力や学習への取り組み方も成長させることができるでしょう。社会人として忙しい中でも、英語学習に対する情熱とコミットメントを持って取り組むことが、成功への鍵となります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 


以上が、社会人の英語マスタープラン:TOEFL攻略の戦略ガイドでした。それではSee you next time!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース