友人が「フィリピン最後の楽園」パワランで日本人初のゲストハウス運営に挑戦!その経緯を聞いてきました

こんにちは、リョウです。

今日は、以前フィリピンで勤務していたころに、親しくしていた日本人の友達タイキくんが、なんと、25歳という若さで、独立起業をスタートしました。

友達として、彼が挑戦する姿は僕にとってとても誇らしいし、自分にも刺激になります。

今回は、僕になにかできることがあれば、ということで、タイキくんの事業について、

そしてそれに至った経緯について、ブログでご紹介させていただくことになりました。

日本とフィリピンをつなぐ彼の素晴らしい行動を応援していただければ、うれしいです。

それでは、まりましょう。

 

 

簡単な自己紹介をお願いします!

はじめまして。

フィリピンのパラワン島にある「コロン」という場所でゲストハウスを運営している杉本と申します。

宿泊客の皆様が快適に過ごせる場所を提供したく、ゲストハウス全体をリノベーションするため、

今回、クラウドファンディング(不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと)にてプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトを通して、より多くの皆様にパラワン島やコロン島(ブスアンガ島)について知っていただき、興味を持っていただければと思っております。

トータルで移動時間は5時間〜6時間程度

 

また、まだまだ発展途上の国であるフィリピンでは貧富の差も激しく、

日本人としてフィリピンのためになる活動をしていくことを考えています。

ゲストハウスからは、オープン後には利益の10%をフィリピンの恵まれない子どもたちのために寄付をする予定です。

またゲストハウス横のカフェの2階部分を利用して定期的に現地の子ども向けに、

日本語、中国語クラスを無料で開催していくことも計画しています。

 

 

なぜフィリピンでゲストハウス運営?

私が初めてフィリピンに来たのは19歳の時。

英語を勉強するためにフィリピンのセブ島に3か月ほど語学留学をしました。

平日は、専ら英語を勉強するという日々を送っていました。

でも、時間があるときは近くの海や山に行って、フィリピンの美しい自然を肌で感じたりも。

留学を終えるころにはフィリピンのことが本当に好きになっておりました。

だから、英語を教えてくれたフィリピンにいつか恩返しがしたいという思いがありました。

また、アジアを旅している際に一番心に残っているのがゲストハウスでの出会いです。

様々な国籍、異なる文化の人たちと触れ合うことで多くのことを学ぶことができ、

また、将来はゲストハウスという出会いの場を提供する側としてフィリピンに戻ってこようと決めました。

 

 

なぜフィリピンのパワラン諸島、「コロン」?

 

コロン島(ブスアンガ島)周辺には第2次世界大戦時の日本軍の沈没船が多く残っていたりと、日本とも歴史的に関係の深い国です。

また、コロンの美しい自然は世界的にも有名で、「フィリピン最後の楽園」と呼ばれるパラワン島の北部に位置しております。

なんと、観光地ランキングをつけている米国の大手情報誌「Travel+Leisure」では2017年度には1位に選出されました!

日本人が多く訪れるギリシャのサントリーニ島(5位)、ハワイ(7位)、バリ島(10位)等を抜いて堂々の1位を獲得しているのです。

これは、本当にすごいことです。

「世界で最もきれいな海」としても知られるコロン。

でも、残念ながら日本ではまだまだ有名ではありません。

これほどまでに美しい自然が残っている場所にもかかわらず、

日本ではまだほとんど知られていないのはもったいないです。

今後、コロンを少しでも多くの日本人に知ってもらいたいという思いもあります。

 

 

どんなゲストハウスにしていきたいですか?

こんな感じで仲間と改装スタート中です

今回、改装する予定のゲストハウス外観

宿泊するすべてのお客さんに快適でアットホームな空間を感じてもらえるゲストハウスを作ります。

また、アイランドホッピングツアーやダイビング、移動時の車の手配等もすべてワンストップで行い、

宿泊客にとって便利なサービスを提供できればと考えております。

ゲストハウスのお部屋は、ドミトリータイプとプライベートタイプの2種類を用意します。

さらに、すべてのゲストが集まることができる共用の場所を外の庭部分につくり、

ゲスト同士の交流の場として活用できればと思います。

 

 

最後に

コロン島には日本人観光客がほとんどおらず、

観光客の多くがヨーロッパから来ています。

町並みはアジアですが、バリ島やプーケット島などとはまた違った雰囲気を楽しんでいただけることと思います。

今回はリターンの中に1週間の長期滞在プランも交えて入れております。

ご希望の方には英会話レッスンの手配もさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

詳しいプロジェクトの活動内容については、私のクラウドファンディングページ、CAMPFIREより、ご覧ください。

今回のプロジェクトを通して、少しでも多くの方にフィリピンについて興味を持っていただけたり、

今後の旅行先の候補に入れていただけましたら、それほど嬉しいことはありません。

私はフィリピンの自然と人の温かさ、フィリピン人の人間性に惹かれて、

現在もフィリピンで生活をしています。

不便な場所で生活をしてみて初めて気づいた日本の便利さ、素晴らしいところも多くあります。

日本人として、今後もフィリピンのために何かできることはないかを探していき、

フィリピンをより良い国にできるよう活動していきます。

また、日本人向けパッケージツアーを組んだり、コロン島のガイドもしております。

もしよろしければ下記ページをご覧ください。

・パラワン「コロン島」ツアー情報
http://coron-palawan.strikingly.com/

・キャンプファイヤーのプロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/91686

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちなみに、僕も彼がゲストハウスを立ち上げた場所、パワランに以前行っています。

本当に楽園です!

もし、ご興味あれば下の記事よりご覧ください。

今がチャンス!「フィリピン最後の楽園」と言われるコロン島への行き方

2017.02.19

 

 

【2018年度】「セブ島」〜「ボホール島」の行き帰りの出港時間と一番オススメのフェリー

2018.04.13

マニラ国際空港の第3ターミナルからタクシーをスムーズに捕まえる方法!

2018.02.21

海と山、両方を楽しむなら、バタンガスの"Tribal Hills Mountain Resort"で身も心もリラックス!

2017.03.10

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中